タグ:FC東京

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 21:34:35.38 ID:SNqYlFkl9
>>1
FC東京が首位の貫禄勝ちで3戦ぶり白星!GKランゲラック負傷の名古屋は連敗

FC東京が勝ち点50台に到達
 明治安田生命J1リーグ第25節が30日に行われ、名古屋グランパスとFC東京がパロマ瑞穂スタジアムで対戦した。

名古屋は前節、ホームで横浜F・マリノスに1-5で大敗。5試合ぶりの黒星を喫した。パロ瑞穂での連戦となる今節は、首位のFC東京と対峙。スタートリストは前節から4人を変更。今季全試合に先発出場していた宮原和也が出場停止となり、代わって18歳のルーキー、成瀬竣平がリーグ戦初スタメンを飾った。また、古巣戦となる太田宏介も先発入りしている。

 一方のFC東京は2位の鹿島アントラーズに4差をつけて首位を走っているが、ここ2試合は勝利がない状況。前節から怒涛のアウェイ8連戦がスタート。スターティングメンバーには、前節欠場していた室屋成が復帰。また、前線には6月に続いて日本代表に招集された永井謙佑が古巣戦に臨む。

 試合は序盤から互いに前からのプレスを徹底。3バックでスタートした名古屋は18分に、FKからガブリエル・シャビエルが直接狙ったがこれはGK林彰洋がストップした。

 対するFC東京は徐々に永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラを目指して裏への意識を強める。すると27分、カウンターを発動すると、永井からD・オリヴェイラに展開。受けた9番はそのままPA内に進入すると、チェックに来た藤井陽也に倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたD・オリヴェイラがど真ん中を狙うと、一度はランゲラックがストップするも、再びD・オリヴェイラがこぼれ球を拾い、右足で押し込んでFC東京が先制に成功した。

 先制された名古屋は前半終盤にカウンターからチャンスを作るも決めきれず。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 名古屋は後半頭から成瀬を下げて前田直輝を投入し、システムを4バックに変更。一方のFC東京は大森晃太郎を代えて三田啓貴にチェンジした。

 後半に入ってもFC東京のペースは変わらず。49分、東慶悟の絶妙なスルーパスに抜群のスピードで抜け出した永井がPA左に進入。中へクロスを送ると、走り込んでいた高萩が押し込んでFC東京が貴重な追加点を奪った。

 2点をリードしたFC東京は前線に無理な人数をかけず、自陣でブロックを敷いて冷静に対応。これに苦戦する名古屋という構図になる。名古屋は54分に長谷川アーリアジャスールに代えて赤崎秀平を投入し、得点への意識を強める。

 名古屋は61分、ジョアン・シミッチがPA手前から浮き球のパスを送ると、エドゥアルド・ネットが頭で合わせるが、わずかに枠の左に逸れてしまう。

 名古屋は65分、三田のシュートを至近距離で防いだGKランゲラックが負傷。ピッチ上で治療を受けるも、プレー続行不可能となり武田洋平との交代を余儀なくされた。

 思わぬアクシデントで最後の交代枠を使用した名古屋は、その後も歯がゆい展開。70分には、太田のクロスを収めたジョーがGK林との1対1を迎え、ゴールに流し込むも、ジョーがオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定となった。

 すると名古屋は83分、シミッチの横パスを受けた前田が中へ切り込んで強烈な左足シュートを放つ。これをGK林がキャッチミスしてしまい、そのままゴールへ。名古屋が1点を返した。

 ボールを握る名古屋は、同点に追いつくべく前への姿勢を強める。中へボールを送りたいものの、FC東京も鋭いカウンターで応酬。必死にゴールを目指す名古屋に対して、FC東京もしっかりと体を張って対応。試合はそのまま終了。敵地で名古屋を2-1で下したFC東京が3試合ぶりの白星を獲得。勝ち点50台に到達。52まで伸ばし、2位・鹿島に7差をつけている。一方の名古屋はホームで痛恨の連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010042-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5: 名無しさん@サカバナ 2019/08/24(土) 15:00:56.98 ID:780hzkRv9
>>1
渡辺剛がJ1初ゴールも…首位・FC東京が札幌とドローで公式戦3試合未勝利に

 明治安田生命J1リーグ第24節が24日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とFC東京が札幌ドームで対戦した。

 札幌は前節、アウェイで清水エスパルスを8-0で粉砕。クラブのJ1最多得点記録を更新する歴史的勝利を収めた。ホームでは8戦無敗と圧倒的な強さを誇り、最後に敗れたのは4月6日の第6節・大分トリニータ戦まで遡る。清水戦から先発の変更はなく、大量得点を叩き出した11人でスタートした。

 一方のFC東京は前節、無敗のサンフレッチェ広島に0-1と力負け。2位・鹿島アントラーズとの差が縮まるなど、首位堅持が安泰ではなくなってきた。流れを変えたい今節は、室屋成がベンチ外となり、右サイドバックは岡崎慎が務める。ここから始まる過酷なアウェイ8連戦をどう乗り切るかが、初優勝へ大きなポイントとなる。

 序盤からFC東京がポゼッションを高め、札幌は自陣でブロックをセットして構える展開に。永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラが背後を意識するが、札幌も前から行かずにスペースを消して対応する。

 札幌は5分に白井康介のクロスがこぼれ球になると、これにジェイが走り込んでシュートしたが、相手に当たってゴールには至らず。15分にはチャナティップがドリブルで持ち込んでシュートに持ち込んだが、GKの正面とコースが甘かった。

 一方のFC東京は22分に縦パスを受けた永井が鋭いターンからフィニッシュに持ち込んだが、GKに防がれた。

 それでも38分、FC東京は右サイドでFKを得ると、キッカーは東慶悟。正確なボールを蹴り込むと、待っていたのは渡辺剛。打点の高いヘディングシュートを叩き込み、FC東京が先制に成功した。なお、渡辺はJ1初ゴールとなった。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 後半に入ると札幌がすぐさま反撃に出る。47分、菅大輝がPA端からクロスを送ると、鈴木が反応。右足でシュートに持ち込むと、前にいたジェイに当たってコースが変わり、札ゴールに吸い込まれた。FC東京側はジェイのオフサイドを主張したものの、主審はゴールを認めて札幌が同点に追いついた。

 さらに札幌が攻め込む。同点弾の直後、波状攻撃で押し込むも決めきれず。67分にも白井のクロスにジェイが頭で合わせたが、枠を外してしまい、逆転ゴールには至らなかった。

 対するFC東京も71分、永井が左サイドで縦に仕掛けてPA左からシュートを放つ。しかし、不運にも左のポストに当たってしまった。両チームはその後、交代枠を使い、攻撃的な姿勢に転ずるが、最後までスコアは動かず。試合中に選手同士が衝突し合うなど、何度もヒートアップした一戦は1-1の痛み分けに終わっている。

 FC東京はこれで2試合未勝利となり、2位・鹿島との勝ち点差を広げることはできなかった。対する札幌は連勝は逃したものの、3試合無敗を継続している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00010011-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2019/07/17(水) 20:42:00.83 ID:vJMTxlgE9
神戸での1年半は「全てが新鮮で普通では出来ないような経験」
 FC東京は7月17日、ヴィッセル神戸から三田啓貴が完全移籍で加入することを発表。背番号は7に決定した。
 
 三田はFC東京下部組織出身の28歳で、明治大を経た後2013年にFC東京のトップチームに昇格。ベガルタ仙台に期限付き移籍した2016年までに、60試合に出場し5得点を挙げた。2018年から完全移籍で加入した神戸では、1年目からチーム最多となる6ゴールをマーク。イニエスタやポドルスキとの好連係も光り、初年度からリーグ戦で32試合に出場した。

古巣への復帰となる三田は、FC東京の公式サイトを通じて以下のコメントを発表。
 
「東京のファン・サポーターのみなさん、この度、東京に復帰することになりました。僕の心の中にはずっと青赤の血が流れていたし、いつかはチームに戻って力になりたいと思っていました。この夏、それが実現することになりました。
 
 東京のために全力で戦います。この3年半、他のクラブで経験したものを還元できるように頑張ります。成長した姿を見てください。"東京のタマ"をよろしくお願いします」
 
 また神戸を通じては、「このたび、アカデミーで育ってきたFC東京に復帰することが決まりました。ヴィッセル神戸にいた1年半は色々な事があり、全てが新鮮で普通では出来ないような経験をさせていただきました。
 
 このタイミングでの移籍は相当悩みましたが、自分の将来や状況を考えて決断しました。三木谷会長をはじめ、三浦スポーツダイレクター、スタッフやチームメイトの皆さま、そして何よりヴィッセル神戸のサポーターには感謝しかありません。僕の大好きだった三田啓貴のチャントは一生心の中に残り続けます。本当にありがとうございました」と感謝を述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00061541-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/02(火) 12:38:08.01 ID:Y9AU2KrZ9
名古屋グランパスは2日、FC東京より元日本代表DF太田宏介が完全移籍で加入することを発表した。

太田は東京都出身の31歳。麻布大学附属渕野辺高卒業後の06年に横浜FCに加入。3シーズンを過ごしたあと、09年より清水エスパルスに完全移籍。10年にはA代表デビューを飾った。

12年からはFC東京に在籍。15年にオランダのフィテッセへ完全移籍したが、17年にFC東京へ復帰。昨季は25試合に先発出場したが、今季は小川諒也の台頭などもあり、出場機会は減少。J1で4試合、U-23チームとしてJ3で2試合に出場している。

名古屋加入にあたり太田は以下のようにコメントしている。

「名古屋グランパスの皆さまへ。FC東京から加入することになりました、太田宏介です。これから、グランパスファミリーの一員になれることを大変嬉しく思います。

7月23日で32歳になりますが、男はこれからです。まだまだ成長できるという期待を懸けて頂いた名古屋グランパスの関係者と、ファン、サポーターの皆さまに、その姿勢を見せていきたいと思っています。

自分の武器である“左足”から1つでも多くの勝利に貢献し、真っ赤に染まるグランパスファミリーの皆様と喜びを分かち合えるよう頑張ります!名古屋グランパスの太田宏介をよろしくお願いします!」

また、通算で6年半過ごしたFC東京を通じては感謝の言葉を述べている。

「FC東京を愛するみなさまへ。この度、名古屋グランパスに移籍することになりました。リーグ戦で首位を走るこのタイミングでチームを離れることになり、大変申し訳なく思います。

2012年に加入し、6年半の間、青赤のユニフォームを着て味の素スタジアムでプレーできたことは、自分のサッカー人生にとって大きな宝物になりました。うれしいことや悔しいこと、6年半の全ての瞬間瞬間が僕にとっての財産です。

ありがたいことに東京からも最大限に評価をしていただき、このまま大好きなクラブで大好きな仲間たちとプレーし続けたいという想いと、新たに環境を変えてチャレンジしたいという両方の気持ちがありましたが、次第に一選手としてもっと成長したい、ピッチに立ちたいという気持ちが強くなり、新たな環境に身を置いてチャレンジすることを今回決断しました。

最高のファン・サポーター、選手、スタッフの方々と、かけがえのない時間を共有できたことを誇りに思います。そして、どんなときも僕たち選手を後押ししてくれる偉大な青赤のファン・サポーターには感謝してもしきれません。

苦渋の決断でしたが、FC東京で学んだことを今後の人生に活かしていきたいと思います。

6年半の間、本当にありがとうございました」

7/2(火) 10:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00010012-goal-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 豆次郎 ★ 2019/06/29(土) 22:23:18.05 ID:BCHVirzn9
6/29(土) 21:57配信
久保建英「苦渋だったが決断誇り」堂々スピーチ全文
東京からスペイン1部の名門レアル・マドリードへ完全移籍することになった日本代表MF久保建英(18)が、試合後に行われた壮行セレモニーに出席した。

雨が降りしきる味の素スタジアムに18歳が姿を見せると、3万人を超えるサポーターから大きな歓声と拍手が起こった。昨季途中から期限付き移籍してプレーした横浜が対戦相手だったという巡り合わせもあり、横浜サポーターも大半がスタジアムに残った。両軍に見守られながら花束をおくられた久保は、ピッチの中央に用意されたマイクの前に立ち、堂々と言葉を紡いだ。

◆久保のスピーチ全文

えー、みなさんこんばんは。久保建英です。

えーと、まずは…。

(マイクを横浜側へ)

横浜Fマリノスのファン・サポーターのみなさま、えっと、さっき、自分のJ1初ゴールが流されなくて、ブーイング出てたと思いますけど、後で自分が言っておきます。

えー、半年間という短い間ではありましたが、自分が今こうやってここに立てているのは、正直に言いますけど、マリノスに半年間レンタルできたことが非常に大きいと思っています。感謝しかありません、ありがとうございます。

(マイク東京側に戻す)

えー、あらためまして、元FC東京の久保建英です。自分が日本に帰ってきてから今まで、ほぼずっと東京でやってきて、最初は、あんまり練習とかも行きたくなくて、つらい時期もありましたけど、むさし(東京下部組織)に入って、むさしのみんなが仲良くしてくれて、早く飛び級でユースに上がり、ユースのみんなが仲良くしてくれて、トップチームに上がってトップチームの選手に助けてもらって、今の自分があると思ってます。

うーん…。

まあ、あんまりなにしゃべるか決めてこなかったですけど、やっぱり映像とか見て思うことはたくさんあります。こうやって雨の中、たくさんの人たちが、自分のセレモニーを見に来てくれてる、かどうか分かんないですけど、足を運んでくれてるというのは非常に感謝してます。

いいことばかりではなかったですけど、自分の力もあり、みんなの力を借りて、こうして一人前のサッカー選手として東京を背負って、世界に羽ばたいていけることを非常に誇らしく思います。

雨の中、長々とすみません。これからはFC東京の久保建英ではなくなりますが、FC東京に在籍した選手として、FC東京の誇りを持って、つらいこともあるかと思いますが、そのたびに、今の動画をもらえると思うので、見返して、元気出します。

東京に来てから3年半くらいでしたが、非常に、行きたくなくなるくらい濃い時間だったと思いますし、苦渋の決断ではありましたが、自分の決断に誇りを持って、また、東京での時間を自分は一生忘れないので。本当にありがとうございました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-06291045-nksports-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

10: 久太郎 ★ 2019/06/29(土) 20:58:56.21 ID:wpyhmPOC9
>>1
首位FC東京、3試合ぶり勝利! 久保建英の“離脱後”初白星…横浜FMとの首位決戦を制す

FW永井が逆転弾、FWディエゴ・オリヴェイラが2ゴールの活躍
 J1リーグ首位のFC東京は29日、ホームでの第17節で2位の横浜F・マリノスとの“首位決戦”に臨み、4-2で勝利を収めた。

【一覧】2019明治安田生命J1リーグ|各試合結果

 FC東京は14日、主力としてチームをけん引してきた日本代表MF久保建英のレアル・マドリード移籍が決定。久保がコパ・アメリカ(南米選手権)参加もあって第15節ヴィッセル神戸戦(0-1)からチームを離れると、今季初の連敗を喫した。今節は連敗脱出を懸けた一戦となっている。

 しかし前半15分、横浜FMに先制を許してしまう。FW仲川輝人の鋭いグラウンダーのクロスをGK林彰洋がキャッチできず、ファーサイドで待ち構えていたFWマルコス・ジュニオールに押し込まれた。

 それでも失点の2分後にMFナ・サンホが左サイドからドリブルで切り込み、右足でのミドルシュートを突き刺して同点に追いつくと、同38分にはGK林を起点としたロングカウンターから日本代表FW永井謙佑が決めて、FC東京が逆転に成功。1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると、FC東京がさらにリードを広げていく。同10分に永井のクロスからFWディエゴ・オリヴェイラがヘディングで押し込むと、同17分には永井のシュートのこぼれ球を再びオリヴェイラが詰めて4点目。得点ランキング単独トップに躍り出る一撃で、勝利を決定的なものにした。

 後半38分にFW仲川輝人のゴールで横浜FMに1点を返されたものの、残りの時間をしのぎ切ったFC東京が4-2の快勝。第14節大分トリニータ戦(3-1)以来3試合ぶりの勝利を収め、勝ち点を「36」に伸ばすとともに首位を堅持した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00200458-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ