タグ:食野亮太郎

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/31(土) 00:14:56.09 ID:lch2bzHE9
スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)は30日、マンチェスター・CからFW食野亮太郎をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決まっている。

クラブ史上初の日本人選手となった食野は、31日にホームで行われるリーグ第4節のハミルトン・アカデミカル戦でメンバー入する可能性もあるという。

 クラブ公式チャンネルの映像では、「めっちゃ幸せです。たくさんの方々のサポートを受けてここに来れることができて、ハーツの人々の温かさを感じることができて幸せです」と喜びのコメント。また、クラブ公式サイトを通じて、「ヨーロッパのいろんなクラブを訪問しましたが、試合観戦やサポーターたち、そしてクラブの人たちを見て、ハーツが一番心地よく感じました。クラブの人たちが僕をとても欲しがっていると感じ、それが最も重要なことでした」とコメントした。

 現在21歳の同選手は、ガンバ大阪の育成組織出身で、2018年4月にJ1デビューを飾った。今季はJ1で12試合出場3得点、J3では8試合出場8得点を記録した。今夏にG大阪からマンチェスター・Cへ移籍。今月10日には、ハーツの本拠地タインカッスル・パークを訪問し、スコティッシュ・プレミアシップ第2節のロス・カウンティ戦を観戦していた。イギリス内で障壁となるビザと労働許可も無事取得し、残すは国際移籍証明の手続きだけだという。

 ハーツは1874年創設で、4度のリーグ優勝を誇る古豪。昨シーズンは6位で終わり、今シーズンはこれまで1分2敗で11位につけている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00970185-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/09(金) 22:11:03.08 ID:vMHsvKxL9
J1G大阪は9日、FW食野(めしの)亮太郎(21)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに完全移籍すると発表した。
プレミアリーグの夏季移籍期間は8日午後5時(日本時間9日午前1時)に終了したが、期限を前にクラブ間合意に至っていたという。

G大阪は宮本監督も含め懸命の慰留に努めたが、食野の欧州挑戦の意思は強く、松波強化部長は「本人の気持ちを優先した」と明かした。
食野はメディカルチェックなどのため既に渡欧しており、この日、大阪府吹田市内で行われた非公開練習にも参加しなかった。

食野はG大阪の下部組織出身で、日本代表MF堂安律(21)=フローニンゲン=とは同期で誕生日も2日違い。
17年にトップチーム昇格を果たし、今季はJ3で8試合8得点とゴールを量産した。
トップチームでも5月11日の鳥栖戦でJ1初ゴールを挙げるなど、12試合3得点を記録している。

マンチェスター・シティーはスペイン人の世界的名将ジョセプ・グアルディオラ監督(48)の下、イングランド・プレミアリーグ2連覇中で昨季は国内3冠を達成した世界屈指の強豪。
1月には川崎からMF板倉滉(22)=フローニンゲン=を獲得していた。板倉と同じく、食野も英国の就労ビザ取得要件を満たさないため、今後は他国クラブへの期限付き移籍を模索することになる。

8/9(金) 22:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000171-dal-socc

この度、FW食野 亮太郎選手がマンチェスター・シティFC(イングランド)へ完全移籍をすることが決定いたしましたので、お知らせ致します。

<食野 亮太郎(メシノ リョウタロウ)選手 プロフィール>
■生年月日  1998.6.18(21歳)
■出身地   大阪府泉佐野市
■ポジション FW
■身長/体重  171cm/68kg
■利き足   右足
■血液型   O型
■チーム経歴 2017~2019.8 ガンバ大阪

なお、食野選手はすでに渡英しているため、本人のコメントは後日掲載を予定しております。

https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9991/

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/09(金) 01:15:57.11 ID:vMHsvKxL9
G大阪のFW食野(めしの)亮太郎(21)が、イングランド・プレミアリーグ2連覇中の強豪、マンチェスターCから完全移籍のオファーを受けたことが8日、分かった。
食野亮はすでに渡英し、プレミアリーグの移籍市場が閉まる英国時間の8日午後5時(日本時間9日午前1時)をデッドラインに最終交渉を行った模様。交渉が成立すれば、近日中にも発表される。

G大阪ユースから17年に昇格した食野亮は、今季がプロ3年目。ユース時代はボランチ、昇格後は2列目でのプレーが多かったが、今季FWに転向するとG大阪U―23で戦うJ3で8ゴールと急成長し、
トップチームに定着。5月11日の鳥栖戦でJ1初ゴールを挙げるなど、ここまで12試合3ゴール。細かいタッチのドリブルからゴールを狙う貪欲なスタイルで、頭角を現していた。

マンCはベルギー代表MFデブルイネ(28)ら世界屈指の選手を擁し、昨季は国内3冠を達成した超ビッグクラブ。1月には日本代表MF板倉滉(22)を獲得するなど、スカウト網を日本にも広げていた。
板倉がオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍したように、食野亮も移籍が決まれば英国の就労ビザが取得できるまで他クラブに期限付き移籍する可能性は高い。

G大阪ユースでは日本代表MF堂安律(21)=フローニンゲン=と同期で、東京五輪世代の食野亮だが、U―23日本代表には一度も選出されていない。
“無名”の21歳が、交渉期限ぎりぎりで舞い込んだマンC移籍を実現させるのか。サクセスストーリーの行方に注目が集まる。

◆食野 亮太郎(めしの・りょうたろう)1998年6月18日、大阪・泉佐野市出身。21歳。G大阪ジュニアユース、ユースを経てトップ昇格。
G大阪ユースMFの弟・壮磨(18)も2種登録としてG大阪U―23でJ3デビューしており、3月31日のYS横浜戦では兄弟そろってゴールも挙げた。171センチ、68キロ。右利き。

8/9(金) 1:02配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000329-sph-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: れいおφ ★ 2019/07/01(月) 11:51:13.25 ID:ljWAOnN99
元ボランチがFW抜擢で公式戦12得点!! ガンバが育てた強気な21歳は、東京五輪招集もあり得るか?
6/30(日) 14:41配信

食野亮太郎という選手をご存知だろうか?
今季公式戦12得点(J1リーグ3得点、J3リーグ8得点、ルヴァン杯1得点)と
ゴールを量産しているG大阪下部組織育ちの21歳、ポジションはFWの選手である。
 
U―22代表が参加したトゥーロン国際大会、久保建英(レアル・マドリー)や三好康児(横浜)ら若手中心で
構成されたコパ・アメリカのどちらも未招集。
それどころか過去のアンダー世代の代表にも一度も選出されたことがない。
それは食野が希有なキャリアを歩んできたことと無関係ではないだろう。
 
同学年には日本代表の堂安律(フローニンヘン)がいる。そのなかで食野はボランチとしてG大阪ユースに昇格。
そして高校2年時に攻撃的MFにポジションを上げ、プロ1年目の18年にはトップ下も経験した。
純粋なFWとしてプレーするのは、実は今季が初めて。
通常、プロの扉を叩く選手は前線のポジションからスタートするが、徐々にポジションを上げていく選手は滅多にいない。

最初は“んんっ?“という感じだった」
 それは何気ないひと言が始まりだった。1、2月に行われた沖縄キャンプ。食野はわずか6人だけの“居残り組“に組み込まれた。
その練習のなかで今季からU―23チームの指揮官に就任した森下仁志監督から「よしっ、今年はFWをやろう」と言われた。
突然のコンバート。驚きを隠せなかったが熱のこもった指導、そして練習試合で結果を残していくことで「自信がついて、楽しさが沸いてきた」(食野)。
自らもマンチェスター・シティの選手のプレーを研究する貪欲さも成長を加速させた。
 
精神面での開き直りも今季のブレイクを後押しした。昨年も4月の時点でトップチーム出場のチャンスを得たが、
チーム状況が芳しくなく遠慮してしまう部分があった。だが、今年は「恐れずにやろう」と自らに言い聞かせた。
そしてJ3リーグでゴールし続けることで、進んでいる道が間違えていないことを確信した。
だからこそ周囲が“ボールを持ちすぎ”“強引だ”と感じたとしても局面を打開してシュートを打つスタンスは変えない。
鳥栖戦でのJ1初得点、湘南戦での劇的なロスタイム決勝弾。その強気すぎる姿勢はJ1リーグの舞台でも通用することを証明した。
 
「全然タイプが違うし、馬力、速さ、献身的な守備。良い選手なのは分かっていたし、代表に呼ばれるのも当然だなと率直に思った」
この日対戦した松本山雅の日本代表FW前田大然を見て、食野は素直に感嘆した。そして同時に言う。
「まだ東京五輪も意識していない。でも、さらに上にいくためには追いつき追い越さないといけない存在」

FW歴は1年にも満たない。経験不足なのは当たり前。松本戦のように研究された時のプレーの引き出しに
課題があるのは事実だ。そして伸びシロが多分に残されているのも、また事実だ。 
「違う色を出さないと生き残っていけない。ゴール前で集中させてもらえるのは性格的にも合っている」

結果に反映されなければ叩かれやすいスタイルだ。
だが、東京五輪世代のFW陣を見渡しても前田も上田綺世(法政大)も小川航基(磐田)も、
そしてオーバーエイジ枠で加わってくるかもしれない大迫勇也(ブレーメン)も持ち合わせていない武器を有している。
上手さと怖さが同居するFW。そのスタイルでJリーグを突き抜けたならば……。いつか、こう言われる日が来るかもしれない。
 
食野亮太郎という選手をまさか知らないのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00060787-sdigestw-socc

vs鳥栖 第11節2019/5/11
https://www.youtube.com/watch?v=zlDNf28E9E0


vs湘南 第16節2019/6/22
https://www.youtube.com/watch?v=-VJvN3G0rdU


プレー集 2018-2019
https://www.youtube.com/watch?v=7RMP1HqbNq4

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ