タグ:長友佑都

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/10(火) 13:30:28.59 ID:K/QpBpM79
W杯予選ミャンマー戦、悪天候などを踏まえて“現実スタイル”の一案を提案
no title

理想と現実のバランスは永遠の課題なのだろう。日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)を前に、2014年ブラジルW杯を引き合いに出しながら“理想を求めすぎるスタイル”に警鐘を鳴らしつつ、「彼に向かってロングボールもあり」と一案を提案している。

 7日から現地ヤンゴンでトレーニングを開始した日本代表だが、3日連続で雨に見舞われており、悪天候と劣悪なピッチコンディションはミャンマー戦でも懸念材料だ。

 長友は「(試合の)この時間帯はすごく雨が降ったりする」と警戒しつつ、「芝の状態も含めてどういうサッカーをするのか。つなぐだけではなく、割り切ってロングボールを使う、早めにクロスを入れるとか、攻撃の幅を広げていかないと難しい」と展望する。

 天候やピッチコンディションを踏まえて、長友はある程度の割り切りが必要になると強調。「若い頃は、特に理想ばかりを求めすぎて、上手くいかなかったりした経験を僕もしている」と切り出し、「それはブラジルW杯の時もそうだし、予選でもそういうことがあった」と自身の経験を基に振り返る。

「後ろの経験ある選手たちが、理想と現実の幅を持たせる。あとはどこでその幅を設定するのか。そこは僕らが主導権を握ってやっていきたい」

 状況を的確に見極めながら、いかに理想と現実のスタイルを使い分けるかがポイント。そのなかで「前に大迫がいてくれる」と、エースFW大迫勇也(ブレーメン)の名前を挙げた長友。「彼に向かってロングボールというのもあり。彼はキープできる」と説明し、無理にパスをつながず、ロングボールを前線に供給するシンプルな形を一案として挙げている。

 天候次第では思うようなプレーができない可能性もあるなか、日本代表はどのようなサッカーを見せるのか。チームと個々の判断力が求められる。

9/10(火) 12:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00216513-soccermzw-socc

【サッカー】<長友佑都>FW大迫にビッグクラブ移籍のススメ「彼は本当にレベルが高い」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567806216/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/20(火) 23:26:43.82 ID:0qFn1ikM9
トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都に対し、イタリアのフィオレンティーナが獲得への動きを見せているという。イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が20日に伝えた。

 フィオレンティーナのイタリア代表左SBクリスティアーノ・ビラーギは、長友の古巣でもあるインテルへの移籍の可能性が高まっているとみられる。フィオレンティーナはその代役として、長友の獲得を検討しているとのことだ。

 フィオレンティーナは今月11日にホームにガラタサライを迎えてプレシーズンの親善試合を行い、長友も出場していた。その機会に、フィオレンティーナは長友の獲得に向けてガラタサライとの接触を行ったとみられている。

 フィオレンティーナは他の新戦力候補にも目を向けつつ、長友獲得の可能性も考慮しているという。計8シーズンを過ごしたセリエAを熟知するベテランサイドバックが、再びイタリアの地に降り立つ可能性もあるのだろうか。

https://www.footballchannel.jp/2019/08/20/post335117/
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/13(火) 07:09:48.71 ID:i5FrjikD9
元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが現役引退を明かした。
オランダ紙『デ・テレグラフ』が12日に伝えた。

スナイデルは同日に地元クラブのユトレヒトと契約を締結。
ただ、選手としてではなく、本拠地ガルゲンワールド・スタディオンにあるビジネスラウンジの利用とユトレヒト・ビジネス・クラブ加入に関する契約にサインしたという。

その際にクラブ公式チャンネルのインタビューで「この街への思いは強い。僕は今、フットボールをプレーすることを辞めた。
僕の思い出を共有できる素敵な場所がほしいんだ。ここに自分のオフィスを設置する予定だ」とコメント。現役引退とビジネスマンへの転身を明かしている。

現在35歳のスナイデルは、アヤックスの下部組織出身で2003年2月2日のヴィレムII戦でトップデビューを飾った。
2007年夏にレアル・マドリードへ移籍し、07-08シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献。
2009年夏にはインテルに加入し、09-10シーズンにセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグの三冠達成を支え、
2011年1月~2013年1月には日本代表DF長友佑都ともプレーした。
その後はガラタサライ、ニースを経て、2018年1月からはカタールのアル・ガラファに在籍していた。
クラブキャリアでは通算573試合に出場し、152ゴールを記録している。

また、オランダ代表では2003年4月30日のポルトガル戦でデビューし、2018年3月に引退を表明して同9月に引退試合を行っていた。
代表では歴代最多の通算134試合に出場し、31ゴールをマーク。
2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本戦で決勝ゴールを決めていた。

なお、この夏には同じく元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンも現役を引退。
その他、元スペイン代表のMFシャビとFWフェルナンド・トーレス、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランなどもスパイクを脱ぐ決断をしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00967444-soccerk-socc
8/13(火) 2:27配信

no title
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ