タグ:川島永嗣

1: Egg ★ 2019/07/25(木) 09:20:17.31 ID:EFyqfkXR9
写真
no title

サッカーの日本代表は、森保監督体制となってまもなく1年を迎える。不動のエース大迫勇也やボランチの柴崎岳らフィールドプレーヤーのレギュラーは固まりつつある中で、GKの起用はいまだに流動的だ。9月には2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア2次予選が始まる。本大会に向けて正GKの座をつかみ取るのは誰か。

これまでの日本代表にはJリーグ発足後、松永成立、川口能活、楢崎正剛、川島永嗣ら絶対的な守護神が存在した。W杯には6大会連続で出場しているが、そのピッチに立ったGKは、わずかに3人だけ。初出場となった1998年フランス大会が川口、日韓共催の02年が楢崎、06年ドイツ大会では再び川口がポジションを奪い返した。10年南アフリカ大会では、川島が岡田武史監督に抜てきされ、昨夏のロシア大会まで3大会連続で日本のゴールマウスを任されてきた。

森保新体制となって実施された試合数は19で、出場したGKは権田修一、シュミット・ダニエル、東口順昭、大迫敬介、川島の5人だ。出場試合数を見ると、アジア・カップを主に守った権田が最多の8、シュミットが5、東口が3で続き、先の南米選手権で招集された川島が2、大迫敬が1となっている。

30歳の権田は、FC東京でプロのキャリアをスタートさせ10年に代表デビュー。以降、西野朗監督を除いてザッケローニ、ハリルホジッチら歴代監督の下、ほぼ毎年のように招集されてきたが、川島らの影に隠れ、キャップ数は今年のアジア・カップまで3試合と少なく、長く控えGKとして過ごしてきた。途中には、オーバートレーニング症候群も克服。準優勝したアジア・カップでは7試合のうち6試合を守ったが、足元の技術で不安を露呈した。GKからボールをつなぐことを求める森保監督のサッカーで、失点につながりかねないミスを多発。この大会後に、2度目の欧州挑戦となるポルトガルのポルティモネンセに移籍したが、代表での出番はまだ訪れていない。

米国人の父と日本人の母を持つシュミットは、身長197センチとこれまでの日本のGKと比べて、スケールが違う。16年に行われた日本代表候補のGK合宿では、当時J2の松本所属ながら、ハリルホジッチ監督に長身と将来性を買われて呼ばれた経歴を持ち、昨年11月に代表デビューを果たした27歳だ。当然、空中戦を得意とするほか、フィールドプレーヤーの経験もあって、足元の技術は高い。自らも課題に挙げるのがシュート対応だ。正しいポジションを取り続け、判断力がさらに備われば、長身はより生きる。3月からの親善試合では3試合続けて先発を任され、いずれも無失点。この7月にはベガルタ仙台からシントトロイデン(ベルギー)への移籍が決まった。「(ファンが)いずれ一番見たい選手になれるように、頑張りたい」と、野心も出てきた。

ガンバ大阪の東口も11年から代表の常連となっているが、キャップ数は8で権田と同様に出番には恵まれてこなかった。ガンバ大阪のジュニアユースでは、本田圭佑、家長昭博らと同期の33歳。ユース昇格はかなわず、進学した福井工業大ではサッカー部が解散してしまい、新潟経営大に転入してプロ入りを果たした苦労人だ。ガンバ大阪が14年に、J1、ナビスコ・カップ、天皇杯の国内3冠を遂げた際の立役者でもある。シュート対応に定評があり、至近距離のシュートに対しても素早い反応を見せるのが強みだ。

19歳の大迫敬は、将来が楽しみな新鋭。6月の南米選手権では、初戦のチリ戦で、川口、楢崎、川島も成し得なかった10代での代表デビューを果たす。高校3年でサンフレッチェ広島とプロ契約を結んだが、昨季までの出場はゼロ。ところが、今年2月に正GKだった林の負傷により、アジア・チャンピオンズリーグのプレーオフでプロデビューすると、J1でも開幕戦を任されて定位置を確保。わずか半年足らずで一気に日本代表まで登り詰めた。優しい語り口とは対照的に、ピッチに入れば物おじしない堂々としたプレーを見せる。積極的にクロスボールに出るなど守備範囲が広く、攻撃の起点となる抜群のキックの精度も持つ。「上の選手を蹴落とすじゃないですけど、そういう人達に危機感を与えられるようにしたい」との若者らしい心意気もいい。

7/25(木) 7:02配信 victory
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00010000-victory-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2019/07/22(月) 20:12:51.82 ID:YzF6kuM89
 J1神戸が獲得する可能性が浮上していた日本代表GK川島永嗣(36)について、フランス1部リーグのストラスブールは22日、契約を2年延長することで合意したと発表した。

 川島は昨年8月に1年契約でストラスブールに加入。昨季公式戦出場はリーグ最終戦の1試合だけだったが、クラブから契約延長の打診を受けていることを明かしていた。

 その後、日本代表として臨んだ南米選手権ではウルグアイ戦、エクアドル戦と2試合で好セーブを連発し、健在を示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000231-spnannex-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/10(水) 06:45:15.43 ID:3twvJgUy9
イニエスタ、ビジャらと同僚に?
no title

ヴィッセルが日本代表GK川島永嗣の獲得を画策しているようだ。『Goal』フランス語版の取材で明らかとなった

川島は昨シーズン、ストラスブールでプレー。しかし、契約満了により退団となり、現在はフリーの身だ。本人は新たな挑戦を求めているとされ、神戸との交渉がすでに開始していることが、取材によって明らかとなっている。交渉は詳細の詰めを残している段階で、神戸のチームマネージャーと話を進めているところだという。

川島は今夏、日本代表の一員としてコパ・アメリカにも参加。クラブでは出場機会に恵まれず、試合勘に乏しいままでの出場となったが、堂々たるパフォーマンスでチームに貢献。改めて日本トップクラスのGKであることを証明していた。

神戸はリーグ戦18試合を終えて、リーグワースト2位となる31失点。川島が最後方でその歯止めをかける存在となるのか、注目が集まるところだ。

7/10(水) 6:02配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010001-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/06/29(土) 11:06:41.33 ID:f0t9AyhV9
森保一監督率いる日本代表が、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグを突破できなかった。「勝てば決勝トーナメント進出」のエクアドル戦が引き分けに終わり、得失点差で決勝T進出がかなわなかった。
それだけにグループC組初戦のチリ戦の0―4が痛かった。チームのレベル差以上の点差となったわけだが、そこで際立ったのが「先発した19歳GK大迫の安定感に欠けるプレー」である。

大きなミスを犯したわけではないが、DF陣に対するコーチングだったり、コンビネーションだったり、どうしてもチグハグ感が否めなかった。GKに求められる要素のひとつ<常に泰然自若とする>というイメージが伝わってこなかった。
2戦目のウルグアイ戦と3戦目のエクアドル戦でプレーした36歳のベテランGK川島にはうならされた。特にタフなメンタルには恐れ入った。

エクアドル戦の前半15分、MF中島のゴールで日本が先制した。ところが23、25分と川島が、立て続けに信じられないプレーをやった。
バックパスを受けた後、味方に出そうとしたパスに正確性を欠き相手に渡してしまうという失態を繰り返してしまったのである。

23分の場面では、ペナルティーエリア左角付近の相手に渡し、至近距離からシュートを打たれてしまった。
もっとも川島は横っ跳びセーブなど素晴らしいパフォーマンスを披露し、私の周囲でも「川島、まだイケる」といった高評価を与えられることになった。

現役時代、今回の川島のようなチョンボをしてしまったことは一度や二度ではない。ミスを犯した瞬間、ポーカーフェースを装いながら「やっちまった!ヤバイ! 何とかしなきゃ!」と動揺したものである。
ところが川島は、そんなネガティブな思いをおくびにも出さずにピンチを招いても慌てず、騒がず、平常心を保って見事なセービングを見せた。

私が森保監督だったら川島に対する評価をより高め、2020年東京五輪代表のオーバーエイジ枠(←そういえば川島の名前は永嗣=エイジではないか!)の有力候補として考えたいと思う。
やはりGKに求められる要素に「ツキを持っている」がある。前半23分と25分のチョンボが失点につながっていたら――。

「川島はトップレベルにはない」と判断されて日本代表はもちろんのこと、移籍先としてJクラブからの引き合いもなくなっていたことだろう。

川島、恐るべし。

日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/257027

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 幻の右 ★ 2019/06/23(日) 11:26:24.35 ID:zQJ1wzMW9
最多セーブの川島、2ゴールの三好を選出 ウルグアイから最多3選手

 英データサイト「Whoscored.com」は、独自の採点を基にしたコパ・アメリカのベストイレブンを選定している。新たに公開された第2戦の11人には日本から2選手が選ばれた。

 コパ・アメリカは現地時間21日までに第2節の全日程が終了し、すでに第3節がスタート。招待国として参加している日本は初戦でチリに0-4の大敗を喫したが、第2戦はウルグアイと2-2で引き分けた。現在グループC3位で、最終戦のエクアドル戦で2得点以上奪って勝てば決勝トーナメントに進出できる状況となっている。

 同サイトの採点を基準にした第2戦のベストイレブンでは、日本からも2人が選ばれている。1人目はビッグセーブを披露したGK川島永嗣。2失点は喫したが、今大会最多の8セーブを記録した活躍が認められた。

 もう1人は代表初先発で2ゴールとインパクトを残したMF三好康児だ。シュート4本で2得点。2度のドリブル成功に、1本のキーパスを記録。強豪ウルグアイDFを翻弄したレフティーはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらとともに中盤の一角に名を連ねた。

 国別で最多の選出となったのは日本と対戦したウルグアイ。DFホセ・ヒメネス、MFロドリゴ・ベンタンクール、FWルイス・スアレスの3人が選出された。王国ブラジルからはDFダニエウ・アウベスとDFフィリペ・ルイスの両ラテラル、ペルーからはMFジェフェルソン・ファルファンとFWパオロ・ゲレーロの2人がそれぞれ選ばれた。

「Whoscored.com」選出のコパ・アメリカ第2節ベストイレブン

「Whoscored.com」が選出したコパ・アメリカ第2戦のベストイレブンは以下の通り。()内は同サイトによる採点。

GK
川島永嗣(7.57)
日本/ストラスブール

DF
ダニエウ・アウベス(7.35)
ブラジル/パリ・サンジェルマン

ホセ・ヒメネス(8.53)
ウルグアイ/アトレチコ・マドリード

ヨルダン・オソリオ(7.87)
ベネズエラ/ビトーリア

フィリペ・ルイス(7.31)
ブラジル/アトレチコ・マドリード

MF
三好康児(8.29)
日本/横浜F・マリノス

ジェフェルソン・ファルファン(8.71)
ペルー/ロコモティフ・モスクワ

ロドリゴ・ベンタンクール(8.20)
ウルグアイ/ユベントス

ハメス・ロドリゲス(8.47)
コロンビア/バイエルン・ミュンヘン

ルイス・スアレス(8.05)
ウルグアイ/バルセロナ

パオロ・ゲレーロ(8.51)
ペルー/インテルナシオナル

Football ZONE web編集部
6/23(日) 11:10
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00198771-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 14:01:52.47 ID:ClUcjM6P9
日本代表は21日、コパ・アメリカ2019・グループC第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。この試合で先発出場したGK川島永嗣(ストラスブール)が1年ぶりの出場となった一戦を振り返った。

「自分たちがどれだけ凌げるか、耐えられるか」

18日のチリ戦後、川島はそう言ってウルグアイ戦のポイントを挙げていた。チリとの初戦は東京五輪候補のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が先発入りし、
川島はベンチから戦況を見つめることとなったが、ウルグアイ戦ではスタメン入り。ロシアW杯のラウンド16・ベルギー戦以来、実に1年ぶりの出場だった。

久しぶりの出場にも「そんなに自分のなかで気負いはなかった」と川島。一方で「自分が任された意味っていうのは考えないといけないと思っていた」ようで、
東京五輪世代が主体となった今回のメンバー編成で「この若いチームをどう自分が後ろからサポートしていけるか」を考えていた。それは試合に出場し、自分のプレーで伝えていくことも当然入っている。
「まだまだやれたことはあると思いますし、また次に向けてそこは修正していきたい」と意気込んだ。

PKとセットプレーから2失点を許した日本だが、ルイス・スアレス(バルセロナ)とエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の強力2トップの波状攻撃を、
後ろから支える守護神として何度もストップ。度重なるピンチを救った。それはチリ戦での経験が大きかったと川島は話す。

「チリの時に0-1で負けていたときに2点目を取られたらかなり自分たち苦しくなると話をしていて、そこは耐えないといけないという意識は、
この試合のなかでは強かった。守備陣が最後のところで体を張ってくれていた部分も大きい」

所属先のストラスブールでも今季、満足に出場機会は得ることはできず、出番を得たのは最終節の1試合のみだった。
それでも「試合に出てなかろうが、毎日ワールドカップに出るつもりでトレーニングしてきた」という。その向上心は言葉にも表れる。

「正直、今日のロッカールームを見ても満足している選手は1人もいない。自分たちはやっぱり勝てたんじゃないかって気持ちのほうが強い」

「結果にこだわらないといけない」一方で、「こうやって若い選手がこれだけ躍動できることが一番大切」と話す川島。
「これだけの経験をいま、若い選手たちができるっていうのはなかなかないこと。そういう意味で思い切った戦いができればいい」とグループリーグ最終戦も、この良い流れを継続して大会初勝利を目指すつもりでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010025-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ