タグ:堂安律

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 17:37:30.12 ID:uF81TnOl9
8/30(金) 17:24配信
意気込み語る…

堂安律のPSV入りが正式発表…2024年までの5年契約を締結

PSVは30日、日本代表MF堂安律を2024年までの契約でフローニンゲンから獲得したことを正式に発表した。

すでにクラブ間の合意が発表されていた堂安だが、PSVでのメディカルチェックを通過してそのまま5年契約を締結した模様。新クラブが公式ウェブサイトで出した声明で移籍が実現したことについて、同選手は次のように意気込みを語った。

「PSVは常にタイトル争いに参加するとても大きなクラブです。僕はここでプレーすることを望み、そのためにチームプレーヤーとしてもっと成長していかなければいけません。ただゴールやアシストを決めるだけではここでは十分ではないと思います」

なお堂安の背番号の発表は30日に予定されている入団会見で行われるとも伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010031-goal-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/28(水) 05:44:34.22 ID:UFMCXLmM9
PSVは、フローニンゲンと日本代表MF堂安律の移籍で合意したと発表した。

2017年夏にフローニンゲンに加入して以降、オランダ・エールディヴィジでインパクトを残す堂安。
この活躍を受け、移籍市場が開く度にステップアップの噂が後を絶たない同選手だったが、今夏に強豪へ新天地を求めるのではないかと頻繁に報じられている。

中でもオランダの強豪PSVが堂安の新天地の有力候補に浮上。しかし、フローニンゲンが1400万ユーロ(約16億円)を求める一方で、
PSVは800万ユーロ(約9億4000万円)を提示するなど両者の希望額には大きな溝があり、交渉は長期化する。一部では破談の可能性も取り上げられていた。

そんな中27日、PSVは堂安の獲得でフローニンゲンと合意したことを公式ウェブサイトで発表。なお、メディカルチェックは今週中に行われるようで、その後に移籍が正式に完了するようだ。

また、PSVのツイッター上では堂安と日の丸とともに「ようこそ」と日本語で書かれた写真に加え、「PSV史上初の日本人選手になる」と綴られている。

なお、気になる移籍金だが、『Eindhovens Dagblad』は移籍金は現段階ではっきりしてはいないが、フローニンゲンの希望額よりも安価と報道。
一方、『Dagblad van het Noorden』は移籍金750万ユーロ(約8億8000万円)に、250万ユーロ(約2億9000万円)のボーナスが付帯する計1000万ユーロ(約11億7000万円)で交渉がまとまったと報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00010000-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/20(火) 22:33:22.99 ID:TQs/HXrC9
オランダ1部PSVは、同フローニンゲンに所属するMF堂安律(21)の獲得には移籍金が高すぎるとして難色を示している。地元紙アインホーフェンス・ダフブラットが報じた

フローニンゲンは堂安の移籍金をクラブ最高額となる1300万ユーロ(約15億6000万円)以上を要求している。堂安の獲得を狙っているPSVは、フローニンゲンが要求する移籍金は高いと考えており、移籍金を下げない限り獲得を見送る可能性もあるという。

PSVはナポリへの移籍が秒読みとなっているメキシコ代表FWロサノの後釜として獲得を目指している堂安の移籍金は800万ユーロ(約9億6000万円)が妥当だと考えているという。もし、フローニンゲンが移籍金で譲歩しなかった場合は、シュツットガルトに所属するアルゼンチン人FWニコラスの獲得にシフトチェンジするだろうと伝えた。

(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

8/20(火) 20:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200788-nksports-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/14(水) 18:25:07.71 ID:SiPMhh/J9
アタッカーを求めるPSV
オランダの1部名門クラブ、PSVがフローニンゲンの日本代表MF堂安律獲得へ動き出しているようだ。オランダ『VTBL』が報じた。

堂安は移籍市場が開くたび、ステップアップが噂されてきた。しかし、昨シーズンは後半戦の不調で価値を落とし、いまだビッグクラブへの移籍は果たしていない。そんな中、国内のビッグクラブであるPSVが興味を示しているという。

PSVは負傷により、ガストン・ペレイロが離脱。加えて、チームの中心選手であるイルヴィング・ロサノもナポリへ去ることが濃厚なため、新たなアタッカーの獲得を求めている。そこで、エールディビジでも実績のある堂安に目をつけたようだ。

フローニンゲンも適切なオファーがあれば、放出も辞さない構え。昨年、拒否されたCSKAモスクワからのオファーは1000万ユーロ(約11億9000万円)であったため、最低でもこのラインを超える額の提示が必要となりそうだ。

なお、堂安は今シーズン開幕から2試合続けてフル出場。第2節では強烈なミドルシュートで、今季初ゴールをマークしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010020-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/11(日) 07:17:27.37 ID:eSjjrc3s9
[8.10 エールディビジ第2節 フローニンゲン1-3トゥエンテ]

 オランダ・エールディビジは10日、第2節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンとFW中村敬斗が所属するトゥエンテが対戦。後半10分に中村の得点で先制したトゥエンテが同25分に加点。フローニンゲンの反撃を後半39分の堂安の1点に抑えると、同アディショナルタイムにダメ押しゴールを奪い、トゥエンテが3-1の勝利を収めて初白星を獲得した。堂安と板倉はフル出場し、中村は後半31分までプレーしている。

 前半13分、PA内に走り込んだFWアイトール・カンタラピエドラをスライディングで止めようとした板倉がファウルを犯してPKを献上。しかし、カンタラピエドラ自らがキッカーを務めて放ったシュートはクロスバーを叩いてしまった。

 前半21分には堂安が左足シュートを枠内に飛ばしたものの、相手GKジョエル・ドロメルに弾き出されてしまう。すると同27分、PA内のMFガブリエル・グズムンドソンがDFパウル・フェルハーフのファウルを誘い、今度はフローニンゲンがPKを獲得。しかし、FWカイ・シーハイスのシュートはドロメルにストップされてしまい、先制の好機を逸してしまった。

 ここから試合は荒れる。前半40分にMFラモン・パスカル・ルンドクビストが一発退場になると、同アディショナルタイムにはDFマイク・テ・ビーリクも一発退場となって、前半だけでフローニンゲンは2人の退場者を出してしまう。さらに判定に納得のいかないサポーターがピッチに乱入するなど、アディショナルタイムが9分(表示は7分)取られる荒れた前半となった。

 0-0のまま後半を迎えると、2人多いトゥエンテが圧倒的にボールを支配し、同10分には左サイドから切れ込んだ中村が堂安のファウルを誘ってFKを獲得。キッカーを務めた中村が右足から蹴り出したボールはゴール左下を射抜いてネットを揺らし、トゥエンテがついに先制に成功。中村は開幕2試合連続ゴールとなった。

 後半25分にはトゥエンテがまたもやPKを獲得すると、前半にPKを外しているカンタラピエドラが今度はきっちり沈めてリードは2点差に。同31分に中村はFWラフィク・ゼクニーニと代わってピッチを後にした。

 2点のビハインドを背負ったフローニンゲンで意地を見せたのが堂安だった。同39分、後方から送られたボールの落としを拾うと、PA外から左足のシュートでゴールを陥れ、今季初ゴールを記録した。

 後半も荒れた試合のアディショナルタイムの表示はまたもや7分。すると90+6分にトゥエンテがダメ押しゴールを奪って3-1で勝利した。

8/11(日) 3:36配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-43470356-gekisaka-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/04(日) 09:24:25.15 ID:EVMTZvPN9
8/4(日) 9:21配信
開幕デビューのフローニンゲン板倉が決勝弾の起点に! 堂安と共にフル出場

 オランダ・エールディヴィジ開幕戦が3日に行われ、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンとエメンが対戦した。

 昨季のリーグ戦を8位で終えたフローニンゲンは、堂安と板倉を先発起用。板倉はこの試合でデビューを飾り、2選手ともフル出場を果たした。

 試合は前半を両チームスコアレスで折り返すと87分に試合が動く。板倉がボールを奪取するとそのまま左サイドを突破。板倉は中央のラモン・パスカル・ルンドクヴィストにパスを出すと、ルンドクヴィストは前線に浮き球のスルーパスを送る。ボールを受け取ったアルディン・フルスティッチが冷静に決めて、フローニンゲンは先制に成功した。

 このまま試合は終了して、板倉の起点で決勝ゴールが生まれ、フローニンゲンは開幕戦を勝利で飾った。フローニンゲンは次節、FW中村敬斗が所属するトゥウェンテと対戦する。

【スコア】
フローニンゲン 1-0 エメン

【得点者】
87分 1-0 アルディン・フルスティッチ(フローニンゲン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00964153-soccerk-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ