タグ:名古屋グランパス

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/20(金) 22:07:40.59 ID:/RlezmAy9
名古屋の風間八宏監督(57)が解任されたことが20日、分かった。後任はFC東京や鳥栖を率いたマッシモ・フィッカデンティ氏(51)の就任が濃厚。21日に行われるファン感謝デーで正式発表される見込みだ。

 関係者によると、20日の練習試合後に風間監督の解任が決定。風間監督は選手やスタッフにも挨拶を済ませたという。

 最近15試合で1勝5分け9敗、11位ながらJ2降格圏16位の鳥栖とは勝ち点4差。2年連続でJ1残留争いに巻き込まれている。フィッカデンティ氏はイタリア人らしく守備の構築に長けた戦術家で有名。リーグワースト5位の40失点を喫している守備陣の立て直しには打って付けの人物だ。とはいえ、目指す攻撃サッカーからは180度違った方針転換。指揮官だけではなく、クラブ強化部の責任も問われる。

9/20(金) 22:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000214-spnannex-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 21:34:35.38 ID:SNqYlFkl9
>>1
FC東京が首位の貫禄勝ちで3戦ぶり白星!GKランゲラック負傷の名古屋は連敗

FC東京が勝ち点50台に到達
 明治安田生命J1リーグ第25節が30日に行われ、名古屋グランパスとFC東京がパロマ瑞穂スタジアムで対戦した。

名古屋は前節、ホームで横浜F・マリノスに1-5で大敗。5試合ぶりの黒星を喫した。パロ瑞穂での連戦となる今節は、首位のFC東京と対峙。スタートリストは前節から4人を変更。今季全試合に先発出場していた宮原和也が出場停止となり、代わって18歳のルーキー、成瀬竣平がリーグ戦初スタメンを飾った。また、古巣戦となる太田宏介も先発入りしている。

 一方のFC東京は2位の鹿島アントラーズに4差をつけて首位を走っているが、ここ2試合は勝利がない状況。前節から怒涛のアウェイ8連戦がスタート。スターティングメンバーには、前節欠場していた室屋成が復帰。また、前線には6月に続いて日本代表に招集された永井謙佑が古巣戦に臨む。

 試合は序盤から互いに前からのプレスを徹底。3バックでスタートした名古屋は18分に、FKからガブリエル・シャビエルが直接狙ったがこれはGK林彰洋がストップした。

 対するFC東京は徐々に永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラを目指して裏への意識を強める。すると27分、カウンターを発動すると、永井からD・オリヴェイラに展開。受けた9番はそのままPA内に進入すると、チェックに来た藤井陽也に倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたD・オリヴェイラがど真ん中を狙うと、一度はランゲラックがストップするも、再びD・オリヴェイラがこぼれ球を拾い、右足で押し込んでFC東京が先制に成功した。

 先制された名古屋は前半終盤にカウンターからチャンスを作るも決めきれず。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 名古屋は後半頭から成瀬を下げて前田直輝を投入し、システムを4バックに変更。一方のFC東京は大森晃太郎を代えて三田啓貴にチェンジした。

 後半に入ってもFC東京のペースは変わらず。49分、東慶悟の絶妙なスルーパスに抜群のスピードで抜け出した永井がPA左に進入。中へクロスを送ると、走り込んでいた高萩が押し込んでFC東京が貴重な追加点を奪った。

 2点をリードしたFC東京は前線に無理な人数をかけず、自陣でブロックを敷いて冷静に対応。これに苦戦する名古屋という構図になる。名古屋は54分に長谷川アーリアジャスールに代えて赤崎秀平を投入し、得点への意識を強める。

 名古屋は61分、ジョアン・シミッチがPA手前から浮き球のパスを送ると、エドゥアルド・ネットが頭で合わせるが、わずかに枠の左に逸れてしまう。

 名古屋は65分、三田のシュートを至近距離で防いだGKランゲラックが負傷。ピッチ上で治療を受けるも、プレー続行不可能となり武田洋平との交代を余儀なくされた。

 思わぬアクシデントで最後の交代枠を使用した名古屋は、その後も歯がゆい展開。70分には、太田のクロスを収めたジョーがGK林との1対1を迎え、ゴールに流し込むも、ジョーがオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定となった。

 すると名古屋は83分、シミッチの横パスを受けた前田が中へ切り込んで強烈な左足シュートを放つ。これをGK林がキャッチミスしてしまい、そのままゴールへ。名古屋が1点を返した。

 ボールを握る名古屋は、同点に追いつくべく前への姿勢を強める。中へボールを送りたいものの、FC東京も鋭いカウンターで応酬。必死にゴールを目指す名古屋に対して、FC東京もしっかりと体を張って対応。試合はそのまま終了。敵地で名古屋を2-1で下したFC東京が3試合ぶりの白星を獲得。勝ち点50台に到達。52まで伸ばし、2位・鹿島に7差をつけている。一方の名古屋はホームで痛恨の連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010042-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/24(土) 19:57:50.24 ID:780hzkRv9
>>1
仲川2PK奪取にエリキ鮮烈バイシクル!宮原退場の名古屋、横浜FMとの攻撃的フットボール対決に5失点完敗

明治安田生命J1リーグは24日に第24節が行われ、パロマ瑞穂スタジアムでは名古屋グランパスと横浜F・マリノスが対戦した。

リーグ4試合負けのない名古屋グランパスが3連敗中の横浜FMをホームに迎えた、攻撃的サッカーを標榜するチーム同士の対戦。名古屋は負傷明けのDF丸山祐市を6試合ぶりに復帰させたほか、FWジョーらを起用した。対する横浜FMは、FWエリキやMFマルコス・ジュニオールらを送り出している。

試合は開始早々に動きを見せる。M・ジュニオールからのスルーパスに反応した仲川輝人がボックス内右に駆け込むと、対応した吉田豊が倒してしまい判定はPK。これをキッカーのM・ジュニオールが落ち着いて沈め、横浜FMが3分に先制する。

仕切り直す名古屋は人数をかけて横浜FMゴールに迫っていき、9分には前田直輝がボックス内でGK杉本大地まで交わして右サイド角度のないところから中央に折り返すが、ここは横浜FMのDFが決死のクリア。リードを得ている横浜FMはカウンターの機会をうかがいつつ名古屋の猛攻をしのいでいく。

名古屋がスコアを振り出しに戻せずにいる39分、再び横浜FMに決定機。左サイドでボールを持った遠藤渓太が3名を引き付けて柔らかいクロスを上げると、ボックス内中央のエリキが名古屋DFを背負いつつも胸トラップしてバイシクルシュートを放つ。エリキの加入後初得点により、横浜FMがリードを広げる。

後半に入っても猛攻を続ける名古屋だが、横浜FMが59分にもカウンターからPKを得る。遠藤のスルーパスに反応して仲川が中央に抜け出すと、宮原和也がボックス内で倒してしまいレッドカードが提示される。キッカーを務めたM・ジュニオールが再び冷静に蹴り込み、3点差をつける。なお、この得点でM・ジュニオールは今季12得点で得点ランクトップタイに躍り出ている。

点差だけでなく数的不利も抱えることになった名古屋はすぐに選手交代を敢行。前田に代えて太田宏介を投入することで守備のバランスを整えた。

すると70分、ボックス内左に侵攻していた中谷進之介が低い弾道のクロスを供給し、ジョーが飛び込む。エースに出場11試合ぶりの得点が生まれ、名古屋が1点を返す。

しかし、終盤の78分にも横浜FMのカウンターが火を噴き、遠藤のゴールで点差が3点に戻る。さらに、84分にも遠藤がダメ押しとなる5点目を沈めたところで試合が終了。この結果、名古屋は5試合ぶりの敗北を喫することに。対する横浜FMは4試合ぶりの複数得点を記録し連敗を「3」でストップさせている。

■試合結果
名古屋グランパス 1-5 横浜F・マリノス

■得点者
名古屋:ジョー(70分)
横浜FM:マルコス・ジュニオール(3分、60分)、エリキ(39分)、遠藤渓太(78分、84分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00010022-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2: 名無しさん@サカバナ 2019/08/18(日) 19:58:20.97 ID:nbitOoLO9
>>1
名古屋が“切り札”赤崎の一発で土壇場ドロー!松本は復活の永井弾も、10試合未勝利に

明治安田生命J1リーグ第23節が18日に行われ、松本山雅FCと名古屋グランパスがサンプロアルウィンで対戦した。

 ホームの松本はここ9試合未勝利が続く苦しい状況が続いている。前節は清水エスパルスに0-1と敗戦。降格圏を抜け出せないでいる。さらにホーム戦で現在、クラブ史上ワーストとなる7試合連続未勝利(3分4敗)で、この間無失点に抑えたのはわずか1試合のみ(1試合平均1.4失点)と地の利を生かせずにいる。

 今節対峙する名古屋とは前回、5月26日の第13節で対戦。杉本太郎の決勝弾を守りきり、1-0で勝利しているだけに、良いイメージを持って悪い流れを断ち切りたいところ。メンバーには永井龍が第16節以来7試合ぶりに先発入り。負傷離脱していた橋内優也もスタメンに名を連ねた。

 一方の名古屋は前節、王者・川崎フロンターレを3-0と粉砕。対川崎F戦で7年ぶりの白星を収めるとともに、11試合ぶりの勝利を手にした。直近の2引き分けを含めれば3試合無敗でもあり、ここから再び上昇気流に乗る可能性もある。

 一方でアウェイでの戦績は、現在10試合連続未勝利(5分5敗)が続く状況。敵地で勝利を挙げたのは、2019年3月9日のガンバ大阪戦が最後と、敵地では思うような結果が残せていない。さらに、昇格クラブとの対戦では現在4分3敗と7試合勝利がないデータもある。いかにして連勝を手にできるかが、重要なポイントとなる。先発は前節の川崎F戦と同じ11人で臨んだ。

 先に決定機を迎えたのは松本。17分、阪野豊史が左からクロスを送ると、田中隼磨が収めてシュートを放つ。これは相手にブロックされたが、こぼれ球に反応した永井が押し込んだが、オフサイドの判定に。絶好のチャンスを逃した。

 松本は永井、阪野、セルジーニョの前線3人が裏への姿勢を強める。名古屋守備陣が局面で止めて難を逃れる展開となる。名古屋は後方からのビルドアップを図るも、松本がブロックを敷いて対応。高い位置でボールを奪われてショートカウンターを許してしまう。
 さらに松本は36分、高橋が左からクロスを送ると一度はDFにクリアされる。このクリアボールを拾った阪野がシュートを放つも、わずかにゴール左へ。松本は前半、再三ゴール前に迫ったが得点を奪えず、スコアレスで折り返している。

 後半に入ると名古屋がゴールに迫る。55分、エドゥアルド・ネットが強烈なミドルを放つ。シュートは枠を捉えていたが、GK守田達弥がスーパーセーブに阻まれた。さらに61分にはジョーが遠目から思い切りよく左足で狙ったが、決められず。

 名古屋の猛攻は続く。65分、PA左に進入した和泉竜司が中へ送ると、待っていたガブリエル・シャビエルがワントラップして得意の左足で強烈なシュートを放つ。しかし、これも立ちはだかるのは松本の守護神・守田。松本は受け身になりながらも得点を許さない。

 押され気味の松本だったが80分、1本のパスで待望の先制点を奪う。中央付近からセルジーニョがロングボールを送ると、永井が抜け出してPA内へ。冷静にシュートを流し込み、ホームの松本が均衡を破った。

 一瞬の隙を突かれた名古屋は、前田直輝を下げて赤崎秀平、藤井陽也に代えて長谷川アーリアジャスールを投入。反撃を試みると、後半アディショナルタイム、一本のロングボールに反応した赤崎が抜け出して、ゴールに押し込み同点に。

 試合はそのまま終了。土壇場で追いついた名古屋が4試合無敗を継続。一方の松本はまたしてもホームで勝利を手にできず。10試合未勝利が続いている。

■試合結果
松本山雅FC 1-1 名古屋グランパス

■得点者
松本:永井龍(80分)
名古屋:赤崎秀平(90+2分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00010031-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

21: 名無しさん@サカバナ 2019/08/10(土) 21:01:46.97 ID:sIzVNQSU9
>>1
名古屋が7年ぶりに川崎F撃破!和泉2発&前田3戦連続弾、11試合ぶりの白星でトンネル脱出

満員のホームで5月以来3カ月ぶりの白星
明治安田生命J1リーグ第22節が10日に行われ、名古屋グランパスと川崎フロンターレが豊田スタジアムで対戦した。

10試合未勝利と苦境に陥る名古屋。3カ月勝利がない状況で、直近2試合はいずれも後半アディショナルタイムに同点弾を許すなど、守備面に課題を抱えている。今節は、4バックでスタート。中谷進之介と藤井陽也が2センターバックを組み、宮原和也と吉田豊がサイドバックに入った。

対する川崎Fも15試合無敗と意気揚々ムードだったが、直近2試合は勝利から見放されている。前節は松本山雅FC相手にホームで今季4度目の無得点に終わり、スコアレスドローで決着。これ以上首位のFC東京との差を広げられないためにも、名古屋戦は勝利が至上命題になった。先発には負傷明けの大島僚太が名を連ねていたが、試合前のアクシデントにより欠場に。急遽山村和也がスタメンに入った。

両者は過去にリーグ戦で29回対戦し、川崎Fが18勝6分5敗と圧倒。名古屋は川崎F戦直近11試合で勝利がなく、まさに鬼門。42,819人を動員したホームで、リーグ戦11試合ぶりの白星、そして川崎F戦12試合ぶりの勝利を目指した。

序盤は、川崎Fのポゼッションを警戒する名古屋が、激しいプレスでパスコースを断ち切る狙いが見える。すると11分にガブリエル・シャビエルの右CKから、こぼれ球に反応した吉田がボレーシュートを放つ。これに和泉竜司が頭でそらしてゴールへ流し込んだ。名古屋が先手を打つ展開となった。

さらに18分、最終ラインの中谷進之介がボールを奪取すると、ドリブルで持ち上がり、シャビエルへパスを送る。受けたシャビエルがPA内の和泉にラストパスを送ると、和泉がコントロールして右足シュートを押し込み、名古屋がテンポよく2点目を奪った。

前への意識を弱めない名古屋に対して川崎Fは、中央突破が制限され、サイドから攻め立てようとする。しかし、これも中央でブロックを形成する名古屋の狙いにハマった形となり、決定機につなげることができない。川崎Fは34分に田中碧のスルーパスに反応した脇坂泰斗が左足シュートを押し込んだが、このシーンでパスの出し手だった田中がオフサイドを取られてしまった。

2点を追う川崎Fは後半頭から脇坂に代えて齋藤学を投入。後半途中にも山村を下げてレアンドロ・ダミアンを送り出し、より攻撃的な姿勢を打ち出す。車屋紳太郎と登里享平がサイドを変えるなど、戦術的な変更を施したことで流れを盛り返しつつあったが、次のゴールを奪ったのはホームの名古屋だった。

64分、左サイドで抜け出した吉田が、PAに進入して中へグラウンダーのクロスを供給。これを中央で受けた前田がトラップして冷静に流し込み、3点目を奪取した。

3失点を喫して苛立ちが見られる川崎Fは80分、小競り合いから谷口彰悟がこの日2枚目の警告を受けて退場に。数的不利に陥ってしまう。さらに、ジェジエウも警告を受け、累積警告により次節出場停止に。第23節のベガルタ仙台戦は、谷口とジェジエウの両センターバックを欠くことになった。

川崎Fは84分に田中のスルーパスに反応した途中出場の家長昭博がふわりとしたクロスを送ると、ファーサイドで登里が頭で合わせる。ゴールしたかに見えたが、シュートは土壇場で藤井が掻き出しており、審判団はゴールラインを割っていなかったとして、ノーゴールの判定を下した。

 結局、3ゴールを奪った名古屋が川崎Fの反撃を完全にシャットアウト。満員の豊田スタジアムでディフェンディング・チャンピオンを3-0で下し、実にリーグ戦11試合ぶりの白星を手にするとともに、同じく11試合ぶりのクリーンシートを達成した。さらに、対川崎F戦では2012年8月25日の第23節以来、12試合ぶりの勝利を獲得した。

 対する川崎Fはこれで3試合未勝利に。首位FC東京が仙台に勝利したため、勝ち点差は9に。3連覇へ暗雲が立ち込めている。

■試合結果
名古屋グランパス 3-0 川崎フロンターレ

■得点者
名古屋:和泉竜司(11、18分)前田直輝(64分)
川崎F:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010029-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/08(木) 01:56:21.32 ID:DudAZDTy9
鹿島は7日、東京五輪世代のMF相馬勇紀が名古屋から期限付き移籍で加入することを発表した。
移籍期間は2020年1月31日まで。契約により、移籍期間中に名古屋と対戦するすべての公式戦に出場できない。

相馬は突破力を武器とするサイドMFで、サイドバックとしてもプレー可能。今季は主にジョーカーとして起用されていた。
J1通算25試合2得点。クラブを通じ、「伝統あるクラブでプレーすること本当に楽しみです。パワー、スピードのところに注目してください!全力で戦います!応援よろしくお願いします!」とコメントした。

8/7(水) 18:28配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000149-sph-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ