タグ:南野拓実

279: 名無しさん@サカバナ 2019/09/10(火) 23:18:57.09 ID:AxcDPmnx9
>>1
9/10(火) 23:16配信
中島ゴラッソ&南野ヘッド!! 久保も39年ぶり大記録の森保J、カタールW杯へ白星発進

[9.10 W杯アジア2次予選 日本2-0ミャンマー ヤンゴン]

 日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦し、2-0で勝利した。前半16分、MF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを突き刺すと、26分にはMF南野拓実(ザルツブルク)のヘッドで追加点。新体制発足当初からチームを担ってきた2人の得点により、3年後のカタールW杯へ好スタートを切った。

 森保一監督はW杯予選の初陣に向け、5日のキリンチャレンジ杯・パラグアイ戦(○2-0)と同じ11人を先発起用した。GK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールを守り、4バックは右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)。ダブルボランチはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF橋本拳人(FC東京)が組んだ。2列目は中島、南野、MF堂安律(PSV)の“三銃士”。1トップにはエースのFW大迫勇也(ブレーメン)を起用した。

 日中から降り続いた大雨の影響でピッチがぬかるむ中、立ち上がりはロングボールを主体に組み立てたこの日の日本代表。セットプレーを有効に使いながら相手を押し込み、ミャンマーに6バックでの対応を強いる。前半5分の南野の左足シュート、15分の橋本のミドルシュートは枠を外れたが、直後に試合を動かした。

 前半16分、堂安のパスカットから冨安が素早いパスを中島に送ると、背番号10はカットインから右足を一閃。豪快なストレートボールをネットに突き刺し、日本のカタールW杯予選初ゴールを記録した。さらに日本は18分、南野のヘッドは枠に飛ばなかったが、24分には大迫のヘッドがGKチョー・ジンピョを襲うなど、なおも攻勢の手は緩めない。

 すると前半26分、橋本の縦パスを起点とした攻撃から堂安がミドルシュートを放ったが、これはGKチョーが好セーブ。それでも直後、跳ね返りを拾った堂安のクロスにフリーで反応した南野が頭で合わせ、リードを2点に広げた。28分にはバックチャージを受けた大迫が相手選手に詰め寄る場面もあった。

 勢いが落ちない日本だが前半39分、ゴール前での混戦攻撃がクロスバーに阻まれると、相手と接触した吉田がピッチに倒れてプレーが中断。自ら立ち上がってピッチに戻ったが、ヒヤリとするシーンだった。またその直後には現地の観客がピッチに乱入するなど、やや混乱状態のまま2-0で前半を終えた。

 後半は布陣を高くしたミャンマーがやや盛り返すが、日本守備陣もリスクを避けたクリアで対応。危険なエリアへの侵入を許さない。9分には相手のFKがトリックプレー気味に中央に入り、FWアウン・トウーのミドルシュートが枠内を突いたが、権田が落ち着いてパンチング。直後のクロスボールも権田が処理し、ピンチをしっかり防いだ。

 日本は後半11分、堂安が強烈なミドルシュートを放ったが、またしてもGKチョーがビッグセーブ。12分、中島のCKから大迫がヘディングで狙うも、これもGKチョーに阻まれた。さらに15分、冨安のフィードからつくりだした決定機も堂安のシュートが相手DFに当たり、なかなか追加点を得られない。

 後半19分、左からのクロスを大迫が頭で落とし、南野が放ったボレーシュートはクロスバーに直撃。直後、堂安と中島にも続けて決定機が訪れたが、人数をかけて守るミャンマー守備陣をこじ開けられない。すると21分、森保監督は堂安に代わってMF伊東純也(ゲンク)を投入した。

 後半25分、吉田のロングフィードから伊東が最終ライン裏にフリーで抜け出したが、意表を突いたはずのループシュートはGKに読まれて得点ならず。31分、南野を下げてFW鈴木武蔵(札幌)が送り込まれた。34分、左サイドを駆け上がった長友のクロスに伊東がダイレクトボレーで狙ったが、うまくミートしなかった。

 すると後半36分、中島に代わってMF久保建英(マジョルカ)がピッチへ。18歳98日の久保は1980年に風間八宏氏が記録した19歳67日を大幅に上回る日本代表史上最年少でのW杯予選デビューを果たした。すると37分、さっそく久保の芸術的なヒールパスから酒井が突破し、低いクロスがゴール前に向かったが、鈴木とわずかに合わなかった。

 後半41分、酒井がペナルティエリア内をえぐり、マイナス方向のパスを受けた柴崎がコントロールショットを狙ったが、これもGKチョーがビッグセーブ。アディショナルタイム3分、伊東のカットインシュートもGKに阻まれ、最後まで3点目を奪えなかったが、前回予選では引き分けに終わった初戦を2大会ぶりに白星で乗り切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-43471523-gekisaka-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/09(金) 21:30:09.82 ID:vMHsvKxL9
レアル戦に右MFで先発した南野、開始早々にDFラモスから激しいタックル
 
オーストリア1部ザルツブルクは、現地時間7日のプレシーズンマッチでスペイン1部レアル・マドリードと対戦し、0-1で惜敗した。

先発出場した日本代表MF南野拓実が、開始早々にレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスから強烈なタックルを受けるシーンが見られ、
海外メディアは「犯罪的タックル」と驚きをもって報道。SNS上では「卑劣」「最悪の性格」と批判が殺到している。

南野は4-4-2システムの右MFとして先発し、前半2分に思わぬ形で注目を集めた。自陣エリアでボールを奪ったザルツブルクはすぐさま攻撃に転じ、後方から前方の南野へパス。
ボールを受けた南野がドリブルで持ち運ぼうとした直後、勢いよく間合いを詰めてきたのがレアルDFラモスだった。

南野がかわしにかかるなか、遅れ気味に寄せたラモスは足を伸ばしてタックル。この時、ラモスの右足裏が南野の右足首をヒットし、南野はピッチに転がった。
痛そうな表情を浮かべて患部を押さえる南野に対して、ラモスも申し訳ないという素振りで近寄って謝罪している。

このシーンに海外メディアも注目。米スポーツ専門テレビ局の番組「ESPN Futbol Club」公式ツイッターは
「再びセルヒオ・ラモス」と記し、「レアルのDFは試合直後、相手の足首に恐ろしい一撃を加えた!」と報じた。

またブラジルメディア「Torcedores」は「セルヒオ・ラモスが、親善試合で犯罪的なタックルをした。公式戦ではないが、ラモスは1対1で入れ替わられたくなかった」と言及。
さらにSNS上で広がるファンの声を拾い、「ラモスは犯罪者。逮捕されるべき」「この男は愚かであり、意地悪だ」「最悪の性格」「卑劣」と批判が広がっている。

試合は前半19分、レアルのベルギー代表MFエデン・アザールが決勝弾。南野は前半を終えて交代し、
後半からザルツブルクMF奥川雅也が出場したが、ザルツブルクは0-1と惜敗している。

動画
https://www.football-zone.net/archives/209488/2

写真
EBYhX5xXsAIZr7-
2019.08.09 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/209488
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/05(月) 08:46:26.34 ID:FKyBsPKn9
ザルツブルクに所属するMF南野拓実とMF奥川雅也が、4日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第2節のマッテルスブルク戦で共にゴールを記録した。

 2試合連続で先発出場を果たした南野は8分、ショートコーナーから左サイドでボールを受けると、ペナルティエリア手前で一人かわして右足を振り抜く。これがゴール左下に突き刺さり、先制点をマーク。前節のラピード・ウィーン戦に続く2試合連続弾となった。

 さらに直後の11分には同じく先発出場をした奥川が、パトリック・ファルカスのクロスに頭で合わせて追加点を挙げた。奥川も前節に続き2試合連続ゴールとなった。

 南野と奥川の活躍もあり、試合はザルツブルクが4-1で勝利を収め、開幕2連勝を飾った。

【スコア】
ザルツブルク 4-1 マッテルスブルク

【得点者】
8分 1-0 南野拓実(ザルツブルク)
11分 2-0 奥川雅也(ザルツブルク)
37分 3-0 アーリング・ハーランド(ザルツブルク)
50分 4-0 パトソン・ダカ(ザルツブルク)
54分 4-1 マルティン・プシッチ(マッテルスブルク)

8/5(月) 7:42サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00964499-soccerk-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/27(土) 07:22:07.64 ID:uxSf1X0i9
現地時間26日、オーストリア・ブンデスリーガ開幕戦が行われ、南野拓実と奥川雅也の所属するRBザルツブルクがラピッド・ウィーンと対戦した。

この試合に左サイドで先発出場した南野は35分、アーリング・ハートランドのスルーパスに反応すると、飛び出してきた相手GKの上を通す巧みなシュートでネットを揺らして先制点をマーク。これがザルツブルクの今シーズン初ゴールとなった。

ザルツブルクの1点リードで試合は終盤を迎えると、今夏にザルツブルクに復帰した奥川が、先制点をアシストしたハートランドに代わりピッチに。すると、交代出場からわずか2分後の82分に貴重な追加点をマークして、点差を2点に広げる。

試合はこのまま2-0で終了し、ザルツブルクはリーグ戦7連覇に向けて開幕戦で白星を飾っている。

7/27(土) 7:01配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00010002-goal-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ