タグ:冨安健洋

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/07(土) 00:28:39.83 ID:tqTWdTYe9
no title

評価がアーノルド、グエンドウジら超えていた

まだ開幕からそれほど時間が経っていないが、英『TalkSport』が「欧州のワンダーボーイTOP20」なる企画を組んでいる。
これはデータサイト『WhoScored』の評価点をベースに、今季開幕から最も優れたパフォーマンスを見せている若手選手No.1を決めるというものだ。

例えば19位にはリヴァプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(7.22点)、16位バルセロナFWカルレス・ペレス(7.29点)、15位チェルシーFWタミー・エイブラハム(7.30点)、
13位マンチェスター・ユナイテッドDFアーロン・ワン・ビサカ(7.32点)、11位アーセナルMFマッテオ・グエンドウジ(7.35点)と、ビッグクラブで活躍する若手たちがズラリと顔を揃えている。

そのランキングで10位に入ったのが、ボローニャでプレイする日本代表DF冨安健洋だ。冨安の評価点は7.36点となっており、同メディアも開幕からの数試合で有望なところを見せたと評価している。
本職ではない右サイドバックでの起用だが、冨安は初セリエAで見事な働きを披露している。

アーセナルのグエンドウジといえば先日のトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーで抜群のパフォーマンスを見せていたが、それをも上回る評価点が冨安につけられているのは見事と言うしかない。
冨安はすっかり欧州ワンダーボーイたちの仲間入りを果たしたのだ。

冨安より上の順位を見ても、すでに世界的に名が知られた若手たちの名前が並ぶ。

9位:フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ/7.39点)

7位:ハメド・ジュニオール・トラオレ(サッスオーロ/7.55点)

7位:メイソン・マウント(チェルシー/7.55点)

6位:ヴィクター・オシムヘン(リール/7.56点)

5位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/7.57点)

4位:ノルディ・ムキエレ(ライプツィヒ/7.58点)

3位:ホッセム・オーアル(リヨン/7.67点)

2位:クリスティアン・クアメ(ジェノア/7.74点)

1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/8.28点)


冨安が今のパフォーマンスを継続すれば、シーズン終了後の評価は驚くほど上がっているはずだ。ボローニャより上のクラブを目指す道も見えてくるはずで、今後も冨安のプレイから目が離せない。

2019年9月6日 11:30
https://www.excite.co.jp/news/article/TheWorld_253643/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/31(土) 07:39:11.89 ID:VOAXrciu9
8/31(土) 5:41配信
フットボールチャンネル

セリエA第2節のボローニャ対SPALが現地時間30日に行われた。試合は1-0でホームのボローニャが勝利を収めている。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場した。


 開幕戦に続いて冨安が右サイドバックで先発したボローニャは、加入したばかりのメデルをいきなり先発で起用。今季最初のホームゲームでベンチから指揮を執る闘病中のミハイロビッチ監督にはスタンドから大きな拍手が送られた。

 主導権を握ったのはホームのボローニャ。25分にはオルソリーニのCKに冨安がヘディングで合わせるシーンがあったが、惜しくも枠を外れてゴールならず。その後もボローニャはオルソリーニの突破力を軸に先制点に迫っていった。

 後半に入ってもペースを渡さないボローニャは、より攻撃への意識を高めていく。冨安も自らドリブルで右サイドを突破するなど、守備の時間が少ない分、攻撃にも頻繁に顔を出した。

 後半は多くのチャンスをつくりながら、決定力不足と相手GKの好守に遭ったボローニャは、なかなかゴールが生まれない。それでも後半アディショナルタイム、オルソリーニのクロスにソリアーノが合わせて、ようやく先制に成功。土壇場のゴールが決勝点となり、ボローニャが今季初勝利を手にした。

【得点者】
90+4分 1-0 ソリアーノ(ボローニャ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190831-00336417-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/26(月) 18:10:49.51 ID:kQMF8afv9
 セリエA第1節が25日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でヴェローナと対戦。1-1で引き分けた。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手採点を発表した。

 同紙はフル出場の冨安に“選手の中では”チーム最高評価となる「6.5」をつけ、「トミヤスを見たいと好奇心を抱いていたか? では、お伝えしよう。アグレッシブで、クリーンであり、光り輝き、懸命にプレーしていた。嬉しい知らせだ」と賛辞を送った。

 その冨安を唯一、上回ったのがボローニャのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督だ。急性白血病の闘病中であるにもかかわらず開幕戦でベンチ入りをした指揮官に、『ガゼッタ』は「7」の最高評価を与え、「指揮した勇気を称えての評価。それ以外のすべてのことは、後回しに。勝利できなかったのは残念でならない」と記した。

 次節、ボローニャは30日にホームでSPALと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00972610-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/26(月) 06:05:55.15 ID:A4lIvcem9
ボローニャはドロー
セリエA開幕戦が25日に行われ、エラス・ヴェローナとボローニャが対戦した。

ボローニャは冨安健洋が右サイドバックで先発。また、病床に伏していたシニシャ・ミハイロビッチ監督もベンチに座った。

試合は序盤に大きく動く。前半13分にヴェローナDFパヴェル・ダビドヴィツが裏への抜け出しをファウルで阻止し、一発退場。さらに、これでPKを与え、ニコラ・サンソーネが沈めてボローニャが先制する。

その後、冨安の奮闘もあり、ボローニャのリードが続くが、ミスからヴェローナにFKを与えると、36分にミゲル・ヴェローゾが直接決めて同点に。

後半に入ると、ボローニャペースに。しかし、波状攻撃も実ることはなく、結局1-1のドローに終わっている。

冨安はセリエAデビュー戦で開幕フル出場。さらに、パス数は89でチームトップ、敵陣パス数も70でトップとなり、パス成功率は89.9%だった。
1対1の勝率も71.4%でチームトップ、攻守で大きな存在感を示したと言えるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00010005-goal-socc
8/26(月) 5:50配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ita/ita-20081106.html
試合スコア
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/19(月) 20:29:04.15 ID:12hPl/PP9
「もっとうまくコミュニケーションを」
 
ボローニャの冨安健洋が8月18日、敵地で行なわれたコッパ・イタリア3回戦のピサ戦に先発出場し、イタリアでの公式戦デビューを飾った。
ボローニャは21分にアンドレア・ポーリが先制点を奪取。後半にリッカルド・オルソリーニとロドリゴ・パラシオが加点し、3-0と快勝した。4回戦ではウディネーゼと対戦する。

クラブ公式サイトによると、右サイドバックとしてフル出場した冨安は、「満足している。先発出場で勝つことができた。ただ、もっとうまくやれるはず。
言葉を学び、チームメートたちともっとうまくコミュニケーションが取れるようにならなければいけない」と、試合後にコメントした。

「試合の序盤は良い感じだった。僕たちはハイプレスをかけていて、自分には攻めるためのスペースがあった。オルソリーニや(ニコラ)サンソーネとは素晴らしいコンビネーションができた。
いずれにしても、チームを助けるためにもっと向上しなければいけない」
 
なお、19日付の『Gazzetta dello Sport』紙や『Corriere dello Sport』紙の採点は、及第点を上回る6.5。『Gazzetta dello Sport』紙は「ダブルフェイス」と、攻守での違いに触れている。
「守備ではミスへの恐れから不安があるが、攻めると賢明なカミカゼだった」

ボローニャは25日、開幕戦でヴェローナと敵地で戦う。11人目の日本人選手となる冨安は、いよいよ始まるセリエAの舞台でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

8/19(月) 16:29配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063028-sdigestw-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/19(月) 12:02:15.15 ID:poR2k8LB9
[8.18 コッパ・イタリア3回戦 ピサ0-3ボローニャ]

 コッパ・イタリアの3回戦が18日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはピサ(2部)に3ー0で勝利した。今夏加入した冨安は公式戦で初出場。右サイドバックとしてフル出場を果たした。

 昨年1月にアビスパ福岡からシントトロイデンに移籍した冨安は、今夏にイタリアを新天地として選択。3日の親善試合・アウクスブルク戦で先発メンバーに名を連ねると、10日のビジャレアルとの親善試合では移籍後初ゴールも記録していた。

 ボローニャは18日のコッパ・イタリア3回戦で今シーズンがスタート。2部のピサと対戦すると、公式戦デビューの冨安はボローニャでの定位置となりつつある右サイドバックで先発する。前半21分にMFアンドレア・ポーリが先制点を挙げると、冨安も果敢に攻め立て決定機を創出した。

 ボローニャは前半を1-0で折り返すと、後半17分にはFWリッカルド・オルソリーニが追加点を挙げ、さらにその2分後にはFWロドリゴ・パラシオがダメ押しの3点目。格下相手に盤石の試合運びをみせ、そのまま3-0で勝利を収めた。

 冨安はフル出場で4回戦進出に貢献。来週のセリエA開幕に向けて着実に存在感を見せつけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470676-gekisaka-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ