タグ:フェルナンド・トーレス

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/23(金) 22:34:19.56 ID:QAA2iXf99
2019明治安田生命J1リーグ第24節、サガン鳥栖vsヴィッセル神戸戦の試合後に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの引退セレモニーが行われた。

 トーレスは「ミナサン、コンバンワ」と日本語で挨拶をすると、「一つずつ気持ちを伝えたい。まずは竹原社長。ここに来るという可能性を広げてくれて、本当に感謝している。1年前、マドリードに足を運んで、僕が日本でプレーするために多くの努力をしてくれた」と竹原稔社長への感謝を述べた。

 そして、「皆さんには、社長をはじめ、このクラブは本当に熱い気持ちを持っているということ、将来に素晴らしい夢があるということを知っておいてほしい」とサポーターへメッセージを送ると、「チームメイトのみんな、ここに来た最初の日から大きく腕を広げて迎え入れてくれて、たくさん助けてくれて本当にありがとう。昨季は降格しそうな中で、プロフェッショナルな姿勢で前向きな態度で続けてくれた。本当に感謝している」とチームメイトへ感謝の言葉を送った。

 続けて、「僕はみんなから本当に多くのことを学んだ。そしてみんなも、僕から少しでも何か学んでくれたら嬉しい。これからもこのクラブと一緒に進んでいけたらと思っている。社長とともにこのクラブが少しでも良くなるように、そしていつの日かチャンピオンになれるように働いていくよ。今度はグラウンドの外からサポートして、みなさんに力を伝えていきたいと思っている」と、今後もクラブと関わっていくことを明言した。

 最後には「日本のみなさん、僕たち家族を迎え入れてくれてありがとう。日本は本当に素晴らしい国で、常に周りへのリスペクトを持つことは人生の一つの指標になる。これからも様々な場所を訪れ、美味しいものを食べたいと思っている。本当に最後の最後まで、すべてのことにありがとう」と改めて感謝の言葉を口にし、「アリガトウゴザイマス」と日本語で締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00971677-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

37: 名無しさん@サカバナ 2019/08/23(金) 21:32:28.43 ID:QAA2iXf99
>>1
フル出場のトーレス、現役ラストマッチは不発…攻撃陣躍動の神戸が6発大勝

 2019明治安田生命J1リーグ第24節が23日に行われ、サガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦した。

 鳥栖はこの試合をもって現役を引退するFWフェルナンド・トーレスが先発。対する神戸もMFアンドレス・イニエスタが先発に名を連ね、元スペイン代表対決が実現した。

 先制したのはアウェイの神戸。11分、敵陣右サイドでボールをもった西大伍が斜めのパスをペナルティエリア内に送ると、抜け出した山口蛍が流し込んでネットを揺らした。

 1点リードの神戸は20分、古橋亨梧がエリア内で倒されてPKを獲得。これをイニエスタが冷静に決めて2点目を奪った。さらに直後の22分、イニエスタのロングパスでエリア内右に抜け出した古橋の折り返しを田中順也が左足ダイレクトで叩き込み、リードを3点に広げた。

 試合の主導権を完全に握った神戸だったが、43分にアクシデント発生。この試合で圧巻のパフォーマンスを披露していたイニエスタがドリブル中に左足ハムストリングを痛め、負傷交代を余儀なくされた。それでも後半立ち上がりの54分、左サイドをドリブルで駆け上がった酒井高徳のクロスボールを古橋がスライディングで押し込み、4点目が決まった。

 73分にはトーマス・ヴェルマーレンの正確なサイドチェンジから西、山口とつなぎ、最後はクロスボールを古橋がダイレクトで流し込んで神戸が5点目をマークした。鳥栖は79分にCKから1点を返したが、反撃はこのゴールのみ。終盤の86分には神戸が山口のゴールで加点し、6-1でタイムアップを迎えた。

 注目のトーレスはフル出場し、63分にはエリア内でこぼれ球を拾って左足ボレーを放ったが、シュートは枠の上。後半アディショナルタイムにもチャンスを迎えたが決めきることはできず、現役ラストマッチはノーゴールに終わった。今季はリーグ戦19試合の出場で2得点。鳥栖では公式戦40試合出場7ゴールの成績を残した。

【スコア】
サガン鳥栖 1-6 ヴィッセル神戸

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00971661-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/07(日) 22:47:49.58 ID:gxSwtVhY9
J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6月21日、現役引退を発表した。

 その業績を讃えるメッセージが世界中から寄せられている。しかし、日本にいる間に限れば彼の成績は惨憺たるものである。

 鳥栖入団は昨年7月だから、まるまる1年在籍していたことになるが、その間に彼がチームにもたらした得点はわずか3点。推定年俸8億円というから、1得点あたりのコストは約2億7千万円である。

「チーム成績も、17年は8位だったのが、トーレス加入後の18年には14位にダウン。あやうくJ2落ちするところでした」

 と語るスポーツ紙サッカー担当記者によると、

「財政状況も約6億円の赤字を計上。鳥栖には踏んだり蹴ったりの1年でした」

写真
no title

引退試合は8月23日のヴィッセル神戸戦。スペイン代表で同僚だったイニエスタとの対戦を楽しみにしているというのだが、

「そのイニエスタは今、妻の第4子出産立ち会いのためスペインに帰国中です」

 ちなみに、イニエスタの年俸は推定33億円である。

 神戸には元ドイツ代表FWで推定年俸6億円のポドルスキ(34)もいるが、

「体調不良を訴え、1カ月ほど前にドイツに帰国してしまった。そこで中耳炎の手術を受けたそうで、“しばらく飛行機に乗れないので日本に戻れない”と。だったらなぜ日本で手術を受けなかったのでしょうか」

 むろん外国人が皆トーレスやポドルスキのような“給料泥棒”というわけではない。ジーコなど日本サッカーに貢献した外国人選手や指導者も少なくはない。

写真
no title

「トーレスは引退後も“アドバイザー”という肩書で鳥栖に留まります。“若手の育成に寄与したい”なんて言ってましたが……」

 汚名返上に期待。

2019年7月7日 5時56分 新潮
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16734984/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

7: 久太郎 ★ 2019/06/30(日) 21:29:56.57 ID:eVtjv3EM9
>>1
引退表明のF・トーレスが今季初ゴール含む2発の大活躍! 清水を下した鳥栖が最下位脱出

明治安田生命J1リーグ第17節のサガン鳥栖vs清水エスパルスが30日に駅前不動産スタジアムで開催された。

ここまで4勝1分け11敗で最下位に低迷する鳥栖と、同5勝4分け7敗で12位の清水が相まみえた。リーグ3連敗中の鳥栖は、1-3で敗れた前節の北海道コンサドーレ札幌戦から三丸拡、松岡大起、趙東建に代えて原輝綺、クエンカ、そして先日に8月の現役引退を表明したF・トーレスを7試合ぶりに先発起用。一方、ここ5戦負けなしの清水は、2-1で勝利した前節の名古屋グランパス戦と同様のイレブンで試合に臨んだ。

雨が降る中で始まった一戦は、立ち上がりから積極性を見せた鳥栖がセットプレーで先制する。9分、ボックス左手前でクエンカがFKを獲得すると、キッカーの原川力が直接狙う。コントロールされた直接FKがゴール左隅に吸い込まれ、原川の今季2ゴール目で鳥栖が先手を取る。

しかし、清水もすぐさま反撃に出る。14分、右サイドから金子翔太が入れたクロスに対し、正面の鳥栖DF高橋祐治がクリアを失敗。ルーズボールを拾ったドウグラスが冷静にネットを揺らす。ドウグラスの6試合連続となるゴールで、清水が試合を振り出しに戻した。

それでも、再び鳥栖が前に出る。16分、右サイドの安庸佑が左足で上げたクロスに正面でF・トーレスが飛び込む。完璧なヘディングシュートをゴール左に流し込み、F・トーレスの今季初ゴールで鳥栖が勝ち越しに成功した。

さらにF・トーレスは直後の20分にも魅せる。小林祐三が右サイドからクロスを入れると、再び飛び込んだのはF・トーレス。またしてもヘディングシュートでネットを揺らし、自身Jリーグ初の複数得点でスコアを3-1とした。

しかし、清水も食い下がる。26分、西澤健太が蹴った左CKにニアサイドのヘナト・アウグストが合わせる。ヘディングシュートでネットを揺らし、清水が1点差とした。

5点が生まれた前半から迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。60分には清水が同点のチャンス。速攻からドウグラスのパスを受けた竹内涼がボールを運ぶ。バイタルエリアを侵攻した竹内がそのまま放ったミドルシュートがゴール右を捉えるも、GK高丘陽平のファインセーブに遭った。

すると、スコアを動かしたのは鳥栖だった。65分、敵陣で原川がゴール前にFKを入れると、飛び出したGK西部洋平はキャッチできず、ボールが後方に。これを拾った高橋秀人がボレーシュートを突き刺し、スコアを4-2とした。

その後、68分にF・トーレスを下げた鳥栖は清水の反撃を凌いで逃げ切り。F・トーレスの活躍によりリーグ戦連敗を3試合で止めて最下位を脱出した。一方の清水はリーグ戦6試合ぶりの黒星となっている。

■試合結果
サガン鳥栖 4-2 清水エスパルス

■得点者
鳥栖:原川力(9分)、F・トーレス(16分、20分)、高橋秀人(65分)
清水:ドウグラス(14分)、ヘナト・アウグスト(26分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010031-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 幻の右 ★ 2019/06/23(日) 11:39:10.91 ID:zQJ1wzMW9
サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが23日、東京都内で現役引退会見に出席した。

2018年にアトレティコ・マドリーから鳥栖入りしたF・トーレスは21日、「エキサイティングな18年間を過ごした後、僕のフットボールキャリアの幕を閉じる時が来た」と現役引退を表明。そして23日、引退会見に出席したF・トーレスは、「私はサッカー選手としての人生を引退します。ラストマッチは8月23日のヴィッセル神戸戦です」と、明治安田生命J1リーグ第24節、ホームでのヴィッセル神戸戦が自身の引退試合になることを明かした。

また、その理由としては「古くからの友人であるイニエスタとの直接対決を、それを日本でできるということで決めました。神戸には友人でW杯を共に戦ったダビド・ビジャもいます。最後の試合で自分ができることを尽くしながらやりたいと思います」と話した。

また、引退理由として、F・トーレスは「自分の中でサッカーのパフォーマンスに対するレベルというものがあります。引退を決めた理由は、自分のベストのレベルに到達できていないのではないかという疑問点があったからです。自分がベストのコンディションで最後までやり続ける、そこに到達できなくなるのであれば、自分の今のレベルでサッカー人生を終えたいと思い、引退を決意しました」と語った。

現在35歳のF・トーレスは、2001年に17歳でアトレティコ・マドリーのトップチームデビュー。2007年夏に移籍したリヴァプールで4シーズンにわたって活躍した後は、チェルシー、ミランと渡り歩き、2015年1月にレンタルでアトレティコに復帰した。2016-17シーズンに完全移籍すると、翌シーズンにはヨーロッパリーグ制覇を経験。2018年からは鳥栖で新たな挑戦をしていた。

また、F・トーレスはスペイン代表としても長く活躍。2006年のドイツ大会から3大会連続でワールドカップ出場を記録し、2010年の南アフリカ大会では史上初の優勝に貢献。同じく2004年から3大会連続で出場したEUROでも2008年、2012年大会の連覇を経験した。

GOAL 6/23(日) 10:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010014-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 幻の右 ★ 2019/06/21(金) 14:23:24.95 ID:3ietNdod9
フェルナンド・トーレス選手 現役引退のお知らせ
この度、本人のSNSでも報告がありました通り、フェルナンド・トーレス選手が今シーズンをもちまして現役を引退することになりましたのでお知らせいたします。
なお、時期などの詳細につきましては後日発表いたします。

SAGANTOSU
Official Web Site
https://www.sagan-tosu.net/news/p/3967/

本人Twitter
https://twitter.com/Torres/status/1141934249362124801

I have something very important to announce. After 18 exciting years, the time has come to put an end to my football career. Next Sunday, the 23rd at 10:00AM, local time in Japan, I will have a press conference in Tokyo to explain all the details.See you there. https://t.co/WrKnvRTUIu

動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1141933997859020800/pu/vid/960x540/myWHHIMGCD-h9ZL6.mp4
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ