タグ:セレッソ大阪

13: 名無しさん@サカバナ 2019/08/11(日) 20:02:40.11 ID:zLcXs50u9
>>1
鳥栖が劇的逆転劇!初出場林&豊田決勝弾、GK高丘の好守も光り堅守C大阪を下す…5戦ぶり白星

明治安田生命J1リーグ第22節が11日に行われ、セレッソ大阪とサガン鳥栖がヤンマースタジアム長居で対戦した。

C大阪は前節、首位のFC東京に0-3で敗れ、無敗が5でストップ。今節は仕切り直しの一戦となる。無敗は途切れたものの、ホームでは6試合負けなしを継続中。先発は前節から1人のみ変更され、レアンドロ・デサバトがスタメンに名を連ねた。

一方の鳥栖は現在4試合未勝利が続いており、降格圏の17位に低迷。前節の大分トリニータとの“九州ダービー”では、終了間際の金崎夢生の一撃で辛うじて引き分けに持ち込んだ。先発にはイサック・クエンカが2試合ぶりのメンバー入り。前線は引退を発表しているフェルナンド・トーレスと、新加入の金森健志が入った。

ヤンマーで行われた一戦には日本代表と東京五輪代表を兼任する森保一監督が視察した。試合は19分に動く。C大阪は右CKを獲得すると、キッカーは藤田直之。蹴り込んだボールは一度クリアされたが、こぼれ球に反応した奥埜博亮がボレーシュートを放つと、これがゴール右隅に突き刺さり、ホームのC大阪が先制に成功した。

ビハインドを負った鳥栖は、小林祐三のクロスからトーレスがPA内で合わせたが、枠を捉えられず。39分には安庸佑のスルーパスに抜け出した金森が右足シュートでゴールを強襲したが、これも枠を外してしまった。

後半に入ると追加点を狙うC大阪が押し込む展開に。56分、丸橋祐介が左から早めにクロスを供給する。DFがクリアしたものの、こぼれ球に奥埜が反応。ボレーで狙ったが、これはGK高丘陽平がセーブした。

C大阪はその直後にも右CKからマテイ・ヨニッチが頭で合わせたが、これもGK高丘がストップ。61分にはブルーノ・メンデスが強引な突破からビッグチャンスを迎えるが、PA内で対応に遭ってゴールを決めることができず。このシーンでC大阪側はPKを主張したが、主審はノーファウルの判定とした。

鳥栖は65分に、途中出場のチアゴ・アウベスのクロスを金森が落とすと、最後はトーレスが反応してシュート。しかし、枠に入らず。トーレスは74分にお役御免に。特別指定選手の22歳林大地がJ1デビューを果たした。

一方のC大阪は先制点の奥埜を下げて柿谷曜一朗を投入。丸橋のクロスのこぼれ球に、B・メンデスが反応してシュートを放つが、これもGK高丘がセーブ。その後も追加点を奪うべく鳥栖ゴールに迫るC大阪だったが、GK高丘が好守連発。すると終了間際、鳥栖が驚異の粘りを見せる。

鳥栖は88分、T・アウベスの右CKにデビュー戦の林が合わせて同点に。鳥栖が前節に続き、今節も終了間際に追いついた。すると後半アディショナルタイム、鳥栖はまたしても途中出場の豊田が値千金の逆転弾を奪取。試合はそのまま終了。C大阪は度重なる決定機を決めきれず、痛恨の連敗。ホーム無敗は6でストップした。一方の鳥栖は、厳しい戦いを強いられながらもアウェイで貴重な勝ち点3を奪取。5試合ぶりの白星を手にした。

■試合結果
セレッソ大阪 1-2 サガン鳥栖

■得点者
C大阪:奥埜博亮(19分)
鳥栖:林大地(88分)豊田陽平(90+5分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010024-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/20(土) 23:41:05.39 ID:25WE0TZL9
<明治安田生命J1:C大阪0-0仙台>◇第20節◇20日◇ヤンマー

ポーランドから今夏に加入した27歳のベガルタ仙台GKヤクブ・スウォビィクが、満点のJリーグ無失点デビューを果たした。

前節鹿島戦を最後にシュミットがベルギー1部シントトロイデンに移籍し、登録上最短で新守護神が出番を迎えた。2連敗中だったが、敵地で貴重な引き分けに持ち込んだ。

最大の見せ場は後半に訪れた。まずは14分にC大阪MF水沼の直接FKを右に跳んでセーブ。さらに23分には相手との1対1の絶体絶命の場面で体全体でシュートを阻止した。左右のキックも正確で、ほぼ安定した90分間だった。

「Jリーグはレベルが高く、スピードがある。そこでデビューできてうれしい。まずは守備陣への声掛けを大事にした。仲間や守備陣に助けられたことにも満足。2つセーブできてうれしい」。ポーランド代表歴1試合を持つスウォビィクは試合後、英語で喜びの胸の内を語った。

練習には4日に合流したばかり。渡辺監督は「この勝ち点1は彼がもたらせてくれたもの。元々実績のある選手で、初の公式戦は不安がなかったわけではなかったが、これくらいはやってくれると思っていた。日本語を覚えるなど人間性も素晴らしく、問題なく我々の力になってくれる」と最大の賛辞を贈った。

7/20(土) 23:04配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-07201330-nksports-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 07:04:44.90 ID:PdQOUTXp9
<明治安田生命J1:C大阪1-0神戸>◇第1節◇22日◇ヤンマー

J1の開幕戦は、ヴィッセル神戸がセレッソ大阪に0-1で敗れた。

今季は外国籍選手枠が拡大し神戸の先発には元スペイン代表のイニエスタと新加入のビジャ、元ドイツ代表のポドルスキといずれもワールドカップ(W杯)優勝経験のある豪華布陣。
前半戦は神戸ペースで試合を進めるも、後半32分C大阪丸橋の右コーナーキックに山下に頭で押し込まれて先制を許した。神戸は幾度となく決定機を迎えるも、決定力を欠いて完封負けを喫した。

試合後、フアン・マヌエル・リージョ監督(53)は「負ける可能性より、勝つ可能性を作れた。
(攻撃は)より人数をかけてボールをゴール前に届けていたが、あと何が足りなかったというとゴールを決めるという決定力だったと思います」と淡々と振り返った。

2/22(金) 22:26配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-02221118-nksports-socc

写真
no title

【サッカー】<Jリーグ●J1第1節開幕戦>セレッソ大阪が山下ヘッドで白星発進!神戸“VIP”40億円トリオは沈黙..都倉投入で流れ変わる★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550853229/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/12/20(木) 14:54:37.42 ID:CAP_USER9
12月20日、C大阪は札幌から都倉賢を完全移籍で獲得したと発表した。
 
 32歳の都倉は、187センチの体躯を利したプレーとパワフルな左足が魅力のストライカーだ。都倉は2005年に川崎U-18からトップチームに昇格するも芽が出ず、2008年に草津(現群馬)へ期限付き移籍。

1年目は結果を残せなかったが、完全移籍となった翌シーズンにJ2で23得点を挙げてその名を轟かせた。その活躍が認められ、2010年に神戸へ移籍。しかし、J1の壁は厚く、この4シーズンは不本意な成績に終わった。
 
 そんな都倉の転機になったのは札幌への移籍だ。2014年に北の大地に向かうと、J2で3年連続ふた桁ゴールを達成。2017年には、自身5年ぶりとなるJ1の舞台で9得点をマークした。

 そして、迎えた今季。開幕から3-4-2-1の1トップや2シャドーの一角でプレー。13節のG大阪戦では豪快なバイシクル弾を決めるなど、アクロバティックなゴールを含めて強烈な存在感を示した。終わってみれば、リーグ戦30試合の出場で12得点。チームも史上最高の4位でシーズンを終え、充実の1年を過ごした。
 
 キャリアハイの成績で輝きを放った都倉。さらなる飛躍が期待されていたなかで、今回C大阪からオファーを受けて新たなチャレンジに挑む決意を固めた。

異例の1000文字弱のメッセージを札幌のホームページに掲載した都倉。クラブを離れるが、札幌への想いは強い。

「北海道コンサドーレ札幌の都倉賢を応援してくださった皆さんへ
 
 自分の気持ちを伝える場所を探したのですが、今の自分にはここしかないので少し長くなります。まず、5年間本当にありがとうございました。5年前の自分からは想像も出来ない未来がコンサドーレにありました。海外挑戦に失敗して失意のどん底の中、帰国した時に空港まで駆けつけ契約をしてくれた三上さん(GM)、コンサドーレでの1年目が終わり他チームからオファーが届き気持ちが揺れていた時に、チームとして成功体験する価値の重要性を説いて慰留してくれた野々村さんがいたからこそ今があります。
 
 一緒に目標達成の為に頑張ってきたチームメイトがいたからこそ、チームとしても個人としても成長出来ました。どんな時でも寄り添い戦ってくれたコンサドーレサポーターには、沢山の愛とエネルギーをいただき、僕らが持っている以上の力を引き出してもらいました。アウェー戦でも本当に多くの赤黒サポーターの姿があることが何よりも嬉しくて、誇りでした。本当に感謝しています。
 
 振り返ってみると、自分にとっては2014シーズンのホーム松本戦での初ゴールから全てが始まりました。
 
 2016シーズンではJ2優勝を占うフクアリで、あの時のウッチーのゴールはいつ思い出しても鳥肌が立ちます。2017シーズン、みんなでもがき這いつくばって果たした残留。チーム最高順位の4位で終えた2018シーズン。そんな全ての経験が僕を育ててくれました。このチームで、この経験をできたことは間違いなく一生の宝物です。
 
 今回の移籍に関しては、決断でした。僕は来年33歳になります。未来を約束することが年々難しくなる中で、僕を信じ挑戦させてくれる評価でした。自分の人生について考えに考えて、挑戦したいと思いました。札幌に成長させてもらい、この土地そのものが好きになり、家も買い、初めての子育てを経験した場所を離れる事は本当に辛いですが、自分の決断に悔いが残らないように、これからの自分が行動で示していけるようにしていきます。北海道が、これからも自分と家族にとって、大好きな場所であることには変わりありません。
 
 決めたからには全力で頑張りますが、『さよなら』ではなく『いってきます!』そんな言葉で終わりたいと思います。本当にありがとうございました。」
 
 移籍発表のリリースでは異例となる1000文字弱のメッセージ。それだけ都倉にとって、札幌が特別なクラブだったということだろう。様々な人の思いを胸に背番号9は新天地に旅立つ

12/20(木) 14:39 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00051702-sdigestw-socc&p=2
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ