タグ:サラゴサ

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/09(月) 06:36:04.04 ID:o8ViL6VS9
現地時間9月8日、ラ・リーガ2部の第4節が行なわれ、5位のレアル・サラゴサは敵地で7位のアルコルコンと対戦した。

 開幕から3戦連続スタメンと存在感を示しているサラゴサの香川真司は、この日も4-3-1-2のトップ下で先発起用された。

 試合はいきなりホームチームがビッグチャンスを迎える。5分、エルネストがネットを揺らしたが、直前のポジションがオフサイドとなって惜しくも得点は取り消しとなった。

 早々に肝を冷やしたサラゴサだったが、12分に均衡を破る。味方の絶妙なスルーパスに抜け出したドゥワメナが相手GKとの1対1を鮮やかなループシュートで制して先制点を決めたのだ。

 先手を取って一気に主導権を握りたいサラゴサは、香川を起点にゲームを推し進める。

 日本代表MFは、自陣に下がってビルドアップに絡めば、敵陣にボールが流れるや果敢にフォアチェックを仕掛けるなど、攻守に奔走する。そして35分には、ゴールにはならなかったものの、自身のFKからビガライの決定機を創出した。

 一進一退の攻防戦となった前半は、42分にサラゴサが追加点を挙げる。相手DFがルーズボールの処理を誤ったところを突いたスアレスが、一気に敵エリア内に侵入して角度のないところから決めたのだ。

 2トップのアベック弾で効率よく得点を挙げたサラゴサが2点をリードして迎えた後半は、開始早々の47分に相手ゴールを脅かすチャンスを掴むなど、追いかけるアルコルコンが立ち上がりの主導権を握った。

 アルコルコンに押し込まれたサラゴサだったが、58分に司令塔のハビ・ロスを投入すると、再びペースを取り戻す。香川もピッチに入ったナンバー10の近くでプレーして積極的にボールに関与。そのなかで厳しくボールを要求する貪欲な態度も見せた。

 再びにらみ合いの様相を呈した試合は、お互いに相手の堅守に苦戦を強いられてチャンスを創り出せない時間が続いた。

 そして、試合終盤、香川が見せ場を作る。90分、自陣からのカウンターで敵陣に飛び出した背番号23は、相手DFを引きつけてからヒールパス。これを受けたエグアラスのスルーパスにビガライが抜け出してダメ押し点を挙げた。

 香川を起点にした攻撃で相手を突き放したサラゴサは、3-0で勝利。移籍後となるフル出場を飾った香川。得点こそなかったものの、チームの攻撃の起点として存在感を放ち続けたことで、試合終盤には敵地に駆けつけた自軍サポーターから「シンジ! シンジ!」とコールを受けた。

 なお、リーグ戦2連勝を飾って2位に浮上したサラゴサは、現地時間9月15日に行なわれる次節で、21位のエストレマドゥーラと本拠地で対戦する。

9/9(月) 3:24配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00063890-sdigestw-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/26(月) 03:23:47.02 ID:qbMHSQcc9
交代時には相手サポーターからブーイングを受ける

現地時間8月25日、ラ・リーガ2部の第2節が行なわれ、レアル・サラゴサが敵地で昇格組ポンフェラディーナと戦った。

 今月17日に行なわれたテネリフェとの開幕戦で、好プレーを連発して上々のスペイン・デビューを飾った日本代表MF香川真司は、4-3-1-2のトップ下で先発出場した。

 試合は、ホーム開幕戦での今シーズン初勝利を目指すポンフェラディーナが、序盤から積極果敢なフォアチェックを徹底。
それに手を焼いたサラゴサはビルドアップで苦戦し、前線へ仕掛けられない時間が続いた。

 それでも地力に勝るサラゴサが少しずつ敵陣に攻め出ると、香川が起点となってチャンスを創る。
16分にはバイタルエリアからアウトサイドにかけた絶妙なスルーパスをニエトに通して、惜しいシュートシーンを演出した。

 しかし、肉弾戦を強いるポンフェラディーナにペースを乱されたうえ、雨脚が強まった影響もあってか、
本来のスピーディーな仕掛けが鳴りを潜めたサラゴサは前半終了間際には大ピンチを迎える。

 40分、FKからネットを揺らされたのだが、直後のVARの末に得点者となったバルカルセがオフサイドを取られて、ここは判定が覆り事なきを得た。

迎えた後半も試合は一進一退の攻防が続く。そのなかでシンプルなロングボールを2トップにつけ、
前半よりも強引に敵陣へ侵入していったサラゴサだったが、ラストプレーの精彩を欠いて、相手の守備ブロックを突き崩せない。

 そのなかで59分に香川が大仕事をやってのける。右サイドからのクロスをエリア内でコントロールすると右足でシュート。
これは相手DFにブロックされるもルーズボールにすぐさま反応して左足でねじ込んだ。

 その後、香川は71分にブランコと交代。ベンチへと下がる際には相手サポーターから痛烈なブーイングを受けていた。

 背番号23の鮮烈な一撃でリードを奪ったサラゴサだったが、試合終盤にポンフェラディーナのパワプレー気味の強引な攻めに押し込まれると、85分にバルカルセに決められて同点とされてしまう。

 そして、試合は1-1のまま、終了。サラゴサは香川の値千金のゴールを勝利に結びつけられずに開幕からの連勝スタートを逃した。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=63322
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/18(日) 06:04:37.71 ID:yDfU4ffa9
現地時間8月17日、2019-20シーズンのラ・リーガスマートバンク(スペイン2部)の開幕戦が行なわれ、レアル・サラゴサが本拠地でテネリフェを迎え撃った。

 今月9日にサラゴサへ電撃入団を果たし、起用法が注目された日本代表MF香川真司は先発出場。4-2-3-1のトップ下でスペイン・デビューを飾った。

 本拠地ラ・ロマレーダでの開幕戦とあって、ホームサポーターたちの熱気に溢れた大声援を受けたサラゴサは、キックオフ直後からアグレッシブなサッカーを見せる。そのなかで本職のトップ下で起用された香川は、開始早々2分に鋭いスルーパスでドゥワメナの決定機をいきなり引き出した。

 しかし、試合は、次第に果敢なフォアチェックからの素早いショートカウンターを繰り出したテネリフェが主導権を握る。サラゴサは、香川にボールを集めようと奔走するも相手のプレスに苦戦を強いられ、思うように敵陣へ仕掛けられない時間が続いた。

 それでも辛抱強く戦ったサラゴサは41分に均衡を破る。GKアルバレスから敵陣左サイドへ一気にボールを展開。これを受けたソロが中央へと折り返し、最後はスアレスがゴール前へと侵入して相手GKとの1対1を難なく決めた。

 鮮やかなカウンターからホームチームが先手を取った前半は1-0で終了した。
 迎えた後半も、序盤は、攻勢に出たテネリフェが主導権を握る。かたやサラゴサは、したたかにカウンターを狙い続けた。チームが守勢に回ったなかで、香川は周囲とのバランスを見ながら、きっちりとプレスバックして守備に奔走。献身的な一面を披露した。

 その後、膠着状態が続いたなかで、サラゴサにビッグチャンスが舞い込む。63分、カウンターからソロのシュートを相手DFがブロックし、ルーズとなったボールをエリア内で拾ったのは香川だったが、トラップが伸びて、相手GKオルトラに弾き出されてしまった。

 惜しくもチャンスを決めきれなかった香川だったが、71分には軽やかなドリブルから相手ゴールを脅かすループシュートを放つなど、創造的なプレーも随所で見せた。

 プレシーズンでの出場もなく、まさにぶっつけ本番で挑んだ開幕戦で、堂々たるプレーを披露した香川は、80分にブランコと交代。ベンチに下がる際には、スタンドのサポーターたちからから万雷の拍手が降り注いだ。

 1点のリードを保つサラゴサは、83分にC・ルイスが退場となって数的不利となったテネリフェの攻撃を危なげなくかわすと、88分にVARの末に得たPKをハビ・ロスが決めて趨勢を定めた。

 終始、攻撃のタクトを振るって、サラゴサの2-0での開幕戦勝利に貢献し、存在感を誇示した香川。果たして、そのパフォーマンスは次節以降、さらにギアが上がっていくのかに注目だ。

 なお、サラゴサは、現地時間8月25日に行なわれる第2節で、敵地に乗り込んでポンフェラディーナと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
8/18(日) 5:55
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190818-00062969-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/13(火) 22:00:51.51 ID:aTbQZUHx9
ドイツ1部ドルトムントからスペイン2部サラゴサに加入した日本代表MF香川真司(30)が13日、サラゴサ市内で入団会見を行った。

 背番号はドルトムント時代と同じ「23」に決定。「暑かったので。(笑い)特に意味はないですよ」という丸刈りに近い新ヘアスタイルの香川は「サラゴサに加入できて非常に嬉しい。最高の挑戦。すべてを出し尽くして、チームとともに1部に上がりたい」とクラブ8季ぶりとなる1部復帰を目標に掲げた。

 2013~14から2部に所属するサラゴサを選んだことについて「正直たくさん悩んだ」とした上で「監督、チームの熱意、信頼を感じることができたのが自分にとって非常に大きかった」説明。ビクトル・フェルナンデス監督が掲げる“超攻撃サッカー”も決め手の1つで「プレー映像を見て、監督の目指すサッカーを聞いて、素晴らしいビジョンがあると感じた」と明かした。

 「子供のころからラ・リーガ(スペインリーグを一番見てきた。インスピレーションを受けてきたし、勉強をさせてもらった」という長年の夢だっだスペイン移籍を実現させた。ドルトムント時代よりも年俸などの条件が下がることについては「サッカー選手としてお金が大事じゃないわけじゃない。でも、それ以上にお金が減ろうが、ここでやれることが幸せ」とした上で「モチベーション、気持ちが大事。2部ですけど、すべてを楽しんで、必ず昇格させたい」と1部昇格に懸ける思いを繰り返し語った。

 今季スペイン2部はMF柴崎岳(デポルティボ)、FW岡崎慎司(マラガ)と日本代表3選手がプレーすることになり「対戦が非常に楽しみ。彼らがいるのはモチベーションになる。(順位は)上に立って昇格を決めたい」と笑顔。「3人がそれぞれのチームで活躍することが日本人、アジア人選手の可能性を見せることになる」とスペインで日本人選手の価値を上げることも目標だという。

 「14年はマンチェスターUで、18年はドルトムントでW杯に出た。22年はここからW杯に出るのが長期的なプラン。サラゴサがベストな場所」とスペイン2部から1部昇格を果たし、さらに3年後のW杯カタール大会を目指すというビジョンを示した。

 会見後、本拠地で行われた香川のお披露目にはサポーターファン約5000人が集結し、地元の期待の大きさをうかがわせた。サラゴサは開幕戦で17日(日本時間18日)にテネリフェと対戦する。

8/13(火) 21:10配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000225-spnannex-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/09(金) 21:51:42.93 ID:vMHsvKxL9
スペイン2部のレアル・サラゴサは日本代表MF香川真司をドルトムントから獲得したことを発表した。2年契約を締結している。

クラブは香川の加入について「これまで得ている多くの経験がチームにもたらされることになる」と説明。来週会見を行う予定としている。

香川は2010年夏にセレッソ大阪からドルトムントに加入。2012年夏にマンチェスター・Uへとステップアップを果たした。その後、出場機会の減少などもあり、2014年夏にドルトムント復帰。

2018-19シーズンは構想外となったこともあり、2019年1月からはトルコのベシクタシュへとレンタル移籍した。

新シーズンはドルトムントで構想外となっており、新天地を探していたが、かねてから香川がプレーしたいと話していたスペインへの移籍が実現することとなった。

8/9(金) 21:36配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00966575-soccerk-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ