タグ:サガン鳥栖

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/23(金) 22:34:19.56 ID:QAA2iXf99
2019明治安田生命J1リーグ第24節、サガン鳥栖vsヴィッセル神戸戦の試合後に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの引退セレモニーが行われた。

 トーレスは「ミナサン、コンバンワ」と日本語で挨拶をすると、「一つずつ気持ちを伝えたい。まずは竹原社長。ここに来るという可能性を広げてくれて、本当に感謝している。1年前、マドリードに足を運んで、僕が日本でプレーするために多くの努力をしてくれた」と竹原稔社長への感謝を述べた。

 そして、「皆さんには、社長をはじめ、このクラブは本当に熱い気持ちを持っているということ、将来に素晴らしい夢があるということを知っておいてほしい」とサポーターへメッセージを送ると、「チームメイトのみんな、ここに来た最初の日から大きく腕を広げて迎え入れてくれて、たくさん助けてくれて本当にありがとう。昨季は降格しそうな中で、プロフェッショナルな姿勢で前向きな態度で続けてくれた。本当に感謝している」とチームメイトへ感謝の言葉を送った。

 続けて、「僕はみんなから本当に多くのことを学んだ。そしてみんなも、僕から少しでも何か学んでくれたら嬉しい。これからもこのクラブと一緒に進んでいけたらと思っている。社長とともにこのクラブが少しでも良くなるように、そしていつの日かチャンピオンになれるように働いていくよ。今度はグラウンドの外からサポートして、みなさんに力を伝えていきたいと思っている」と、今後もクラブと関わっていくことを明言した。

 最後には「日本のみなさん、僕たち家族を迎え入れてくれてありがとう。日本は本当に素晴らしい国で、常に周りへのリスペクトを持つことは人生の一つの指標になる。これからも様々な場所を訪れ、美味しいものを食べたいと思っている。本当に最後の最後まで、すべてのことにありがとう」と改めて感謝の言葉を口にし、「アリガトウゴザイマス」と日本語で締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00971677-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

37: 名無しさん@サカバナ 2019/08/23(金) 21:32:28.43 ID:QAA2iXf99
>>1
フル出場のトーレス、現役ラストマッチは不発…攻撃陣躍動の神戸が6発大勝

 2019明治安田生命J1リーグ第24節が23日に行われ、サガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦した。

 鳥栖はこの試合をもって現役を引退するFWフェルナンド・トーレスが先発。対する神戸もMFアンドレス・イニエスタが先発に名を連ね、元スペイン代表対決が実現した。

 先制したのはアウェイの神戸。11分、敵陣右サイドでボールをもった西大伍が斜めのパスをペナルティエリア内に送ると、抜け出した山口蛍が流し込んでネットを揺らした。

 1点リードの神戸は20分、古橋亨梧がエリア内で倒されてPKを獲得。これをイニエスタが冷静に決めて2点目を奪った。さらに直後の22分、イニエスタのロングパスでエリア内右に抜け出した古橋の折り返しを田中順也が左足ダイレクトで叩き込み、リードを3点に広げた。

 試合の主導権を完全に握った神戸だったが、43分にアクシデント発生。この試合で圧巻のパフォーマンスを披露していたイニエスタがドリブル中に左足ハムストリングを痛め、負傷交代を余儀なくされた。それでも後半立ち上がりの54分、左サイドをドリブルで駆け上がった酒井高徳のクロスボールを古橋がスライディングで押し込み、4点目が決まった。

 73分にはトーマス・ヴェルマーレンの正確なサイドチェンジから西、山口とつなぎ、最後はクロスボールを古橋がダイレクトで流し込んで神戸が5点目をマークした。鳥栖は79分にCKから1点を返したが、反撃はこのゴールのみ。終盤の86分には神戸が山口のゴールで加点し、6-1でタイムアップを迎えた。

 注目のトーレスはフル出場し、63分にはエリア内でこぼれ球を拾って左足ボレーを放ったが、シュートは枠の上。後半アディショナルタイムにもチャンスを迎えたが決めきることはできず、現役ラストマッチはノーゴールに終わった。今季はリーグ戦19試合の出場で2得点。鳥栖では公式戦40試合出場7ゴールの成績を残した。

【スコア】
サガン鳥栖 1-6 ヴィッセル神戸

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00971661-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

13: 名無しさん@サカバナ 2019/08/11(日) 20:02:40.11 ID:zLcXs50u9
>>1
鳥栖が劇的逆転劇!初出場林&豊田決勝弾、GK高丘の好守も光り堅守C大阪を下す…5戦ぶり白星

明治安田生命J1リーグ第22節が11日に行われ、セレッソ大阪とサガン鳥栖がヤンマースタジアム長居で対戦した。

C大阪は前節、首位のFC東京に0-3で敗れ、無敗が5でストップ。今節は仕切り直しの一戦となる。無敗は途切れたものの、ホームでは6試合負けなしを継続中。先発は前節から1人のみ変更され、レアンドロ・デサバトがスタメンに名を連ねた。

一方の鳥栖は現在4試合未勝利が続いており、降格圏の17位に低迷。前節の大分トリニータとの“九州ダービー”では、終了間際の金崎夢生の一撃で辛うじて引き分けに持ち込んだ。先発にはイサック・クエンカが2試合ぶりのメンバー入り。前線は引退を発表しているフェルナンド・トーレスと、新加入の金森健志が入った。

ヤンマーで行われた一戦には日本代表と東京五輪代表を兼任する森保一監督が視察した。試合は19分に動く。C大阪は右CKを獲得すると、キッカーは藤田直之。蹴り込んだボールは一度クリアされたが、こぼれ球に反応した奥埜博亮がボレーシュートを放つと、これがゴール右隅に突き刺さり、ホームのC大阪が先制に成功した。

ビハインドを負った鳥栖は、小林祐三のクロスからトーレスがPA内で合わせたが、枠を捉えられず。39分には安庸佑のスルーパスに抜け出した金森が右足シュートでゴールを強襲したが、これも枠を外してしまった。

後半に入ると追加点を狙うC大阪が押し込む展開に。56分、丸橋祐介が左から早めにクロスを供給する。DFがクリアしたものの、こぼれ球に奥埜が反応。ボレーで狙ったが、これはGK高丘陽平がセーブした。

C大阪はその直後にも右CKからマテイ・ヨニッチが頭で合わせたが、これもGK高丘がストップ。61分にはブルーノ・メンデスが強引な突破からビッグチャンスを迎えるが、PA内で対応に遭ってゴールを決めることができず。このシーンでC大阪側はPKを主張したが、主審はノーファウルの判定とした。

鳥栖は65分に、途中出場のチアゴ・アウベスのクロスを金森が落とすと、最後はトーレスが反応してシュート。しかし、枠に入らず。トーレスは74分にお役御免に。特別指定選手の22歳林大地がJ1デビューを果たした。

一方のC大阪は先制点の奥埜を下げて柿谷曜一朗を投入。丸橋のクロスのこぼれ球に、B・メンデスが反応してシュートを放つが、これもGK高丘がセーブ。その後も追加点を奪うべく鳥栖ゴールに迫るC大阪だったが、GK高丘が好守連発。すると終了間際、鳥栖が驚異の粘りを見せる。

鳥栖は88分、T・アウベスの右CKにデビュー戦の林が合わせて同点に。鳥栖が前節に続き、今節も終了間際に追いついた。すると後半アディショナルタイム、鳥栖はまたしても途中出場の豊田が値千金の逆転弾を奪取。試合はそのまま終了。C大阪は度重なる決定機を決めきれず、痛恨の連敗。ホーム無敗は6でストップした。一方の鳥栖は、厳しい戦いを強いられながらもアウェイで貴重な勝ち点3を奪取。5試合ぶりの白星を手にした。

■試合結果
セレッソ大阪 1-2 サガン鳥栖

■得点者
C大阪:奥埜博亮(19分)
鳥栖:林大地(88分)豊田陽平(90+5分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010024-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/27(土) 16:09:04.62 ID:+2bWXHW09
サガン鳥栖は27日、全北現代のFWチアゴ・アウベス(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は27に決定。期限付き移籍期間は2019年7月27日から2020年1月1日までとなっている。

 チアゴ・アウベスは過去に母国ブラジルのクラブや韓国、サウジアラビアでプレーし、2017年には清水に在籍。J1リーグ戦17試合で4得点を記録していた。全北現代には2018年から加入し、今季はここまでリーグ戦2試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2試合に出場している。

 鳥栖はJ1で現在17位。チアゴ・アウベスはクラブ公式サイト上で「サガン鳥栖ファミリーの一員になれることを、本当に幸せに思っています。私たちは今の状況から再びチームを立ち上がらせるためにも、サガンティーノの皆さまの応援をシーズン最後まで必要としています。どうぞ、宜しくお願いします!」と意気込みを語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWチアゴ・アウベス
(Tiago Alves Sales De Lima)
■背番号
27
■生年月日
1993年1月12日生(26歳)
■身長/体重
181cm/72kg
■出身地
ブラジル
■経歴
パラナ・クルーベ-浦項スティーラース(韓国)-城南FC(韓国)-アルヒラル(サウジアラビア)-清水-アルヒラル(サウジアラビア)-全北現代(韓国)
■Jリーグ出場歴
J1リーグ:17試合4得点
カップ戦:3試合1得点
天皇杯:1試合

7/27(土) 13:49配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-43469749-gekisaka-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 北村ゆきひろ ★ 2019/07/16(火) 21:23:55.09 ID:ON2wGmOm9
J1鳥栖は16日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(29)が12月末までの期限付きでJ2長崎に移籍すると発表した。今季リーグ戦出場は3試合だった。
 クロアチア出身DFニノ・ガロビッチ(27)は、昨年まで所属したディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に期限付き移籍する。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071600814&g=spo
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/07(日) 22:47:49.58 ID:gxSwtVhY9
J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6月21日、現役引退を発表した。

 その業績を讃えるメッセージが世界中から寄せられている。しかし、日本にいる間に限れば彼の成績は惨憺たるものである。

 鳥栖入団は昨年7月だから、まるまる1年在籍していたことになるが、その間に彼がチームにもたらした得点はわずか3点。推定年俸8億円というから、1得点あたりのコストは約2億7千万円である。

「チーム成績も、17年は8位だったのが、トーレス加入後の18年には14位にダウン。あやうくJ2落ちするところでした」

 と語るスポーツ紙サッカー担当記者によると、

「財政状況も約6億円の赤字を計上。鳥栖には踏んだり蹴ったりの1年でした」

写真
no title

引退試合は8月23日のヴィッセル神戸戦。スペイン代表で同僚だったイニエスタとの対戦を楽しみにしているというのだが、

「そのイニエスタは今、妻の第4子出産立ち会いのためスペインに帰国中です」

 ちなみに、イニエスタの年俸は推定33億円である。

 神戸には元ドイツ代表FWで推定年俸6億円のポドルスキ(34)もいるが、

「体調不良を訴え、1カ月ほど前にドイツに帰国してしまった。そこで中耳炎の手術を受けたそうで、“しばらく飛行機に乗れないので日本に戻れない”と。だったらなぜ日本で手術を受けなかったのでしょうか」

 むろん外国人が皆トーレスやポドルスキのような“給料泥棒”というわけではない。ジーコなど日本サッカーに貢献した外国人選手や指導者も少なくはない。

写真
no title

「トーレスは引退後も“アドバイザー”という肩書で鳥栖に留まります。“若手の育成に寄与したい”なんて言ってましたが……」

 汚名返上に期待。

2019年7月7日 5時56分 新潮
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16734984/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ