サカバナブログ

     

カテゴリ: セリエA

1: 久太郎 ★ 2018/07/17(火) 10:29:16.76 ID:CAP_USER9
イタリア・セリエBのチェゼーナが、破産したことが明らかとなった。

82年の歴史を持つチェゼーナ。1973-74シーズンに初めてセリエAに昇格すると、1975-76シーズンには6位で終え、UEFAカップの出場権を獲得。以降はセリエAとセリエBを行き来していた。

2010年にはDF長友佑都が初の欧州挑戦先として選んだこともあり、日本でも馴染みのあるチェゼーナだが、選手への給与未払いなどの問題により6月30日が締め切りだったセリエBの登録申請が拒否されていた。さらに、長友の取引などに不正行為が見つかったため罰金処分を受け、脱税容疑もかけられるなど、クラブの財政状況は危機にひんしていた。

検察庁は、破産訴訟の際にチェゼーナから提出された債務回収計画に否定的な見解を示していた。そして16日の理事会の後、クラブは破産申請の手続きを行ったことを発表。8月9日の公聴会の後で、正式に破産が決定する見込みとなった。これにより、チームはセリエD(4部)以下から再スタートすることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000035-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/07/14(土) 16:50:12.24 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーのエースに君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス移籍は世界的なニュースとなった。

その移籍金は1.17億ユーロ(152億円)とも言われているが、移籍決定からわずか1日でほぼ半額を回収したようだ。

『Yahoo Sports IT』によれば、加入直後からロナウドの7番ユニフォームは爆売れ。なんと24時間で、52万枚!が売れたという。

ユニフォーム1着を104ユーロ(13,645円)とすると、5400万ユーロ(70.8億円)もの額になる。この全てがユーヴェに入るわけではないが、ロナウド効果おそるべし…。

年俸3000万ユーロ(39億円)の4年契約とも言われているが、そのくらいの価値は十分にあるといえそうだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/15010520/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/07/12(木) 19:55:09.31 ID:CAP_USER9
オンラインショップはサーバーダウン!
世界中に衝撃を与えたクリスチアーノ・ロナウドのユベントス移籍に、ファンは熱狂している。

 移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)、年俸3000万ユーロ(約39億円)と、33歳ながら超破格の高待遇で迎え入れられたC・ロナウド。9年前にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍した際の移籍金9400万ユーロ(約123億円※当時史上最高額)を上回ったのは流石である。

 そんな稀代のスーパースターの加入は、早くもユーベにポジティブな影響を与えているようだ。イタリア・メディア『Football Italia』が伝えたところでは、C・ロナウドのユニホームが販売開始とともに爆発的なセールスを記録しているという。
 

 同メディアによれば、ファン・ギジェルモ・クアドラードから背番号7を譲り受けたC・ロナウドのユニホームの売れ行きは、まさに絶好調! 地元トリノ市内にあるユーベのファンショップでは、午前10時の開店から「1分に1枚」という驚異的なペースで売れ続けていると報じている。

 また、地元紙『Corriere Torino』によれば、同クラブのオンラインショップは購入者が殺到したためにサーバーがダウン。さらに本拠地からほど近いオフィシャルのグッズショップには「ロナウド・マニア」が各国から押しかけ、すでに背番号と名前を印字するための素材が足りないという事態が発生し、スタッフが悲鳴を上げているという。

 一部では、C・ロナウドの移籍金と年俸に対して「高すぎる」「無駄遣い」という批判的な声も上がっているようだが、早くも大フィーバーを巻き起こしている彼は高い費用対効果を示しており、高額な支出に見合うだけのもの、あるいはそれ以上をユーベにもたらしそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00043875-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/07/11(水) 17:34:24.72 ID:CAP_USER9
勢い付くユーベがC・ロナウドに続きマルセロ引き抜きに動く! A・サンドロ退団した場合の後釜に

▽ユベントスがレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)の引き抜きを画策しているようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

▽ユベントスは10日、クラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)を4年契約で獲得。

▽そして、今夏最大のビッグディールを成立させた白い貴婦人は、さらにマドリーからもう1人のワールドクラスの獲得を目指しているようだ。

▽『メディアセット・プレミアム』が伝えるところによれば、ユベントスではパリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドらが関心を寄せるブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)に今夏の退団の可能性が出ており、クラブはその後釜としてマルセロの獲得を考慮しているようだ。

▽現在、マドリーと2022年までの契約を残すマルセロは、C・ロナウドに続きトリノに新天地を求めることになるのか…。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320180

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: THE FURYφ ★ 2018/07/11(水) 21:56:36.57 ID:CAP_USER9
“チャイナ・ミラン”はわず1年で幕を閉じることになった。

2017年4月13日、中国人投資家のリー・ヨンホン氏がミランを買収し、チャイナマネーによるクラブ再建が
スタートした。買収当時にアメリカのエリオット・ファンドの出資を受けた同氏だが、返済期限内までに
3200万ユーロ(約42億円)を支払うことができず、エリオット側にミランの保有権が移ることが決定した。

エリオット・ファンドのポール・シンガー氏は「オーナーシップと株式は我々の下へ移ることになった。
以前のオーナーがエリオットとの契約を守れなかったことでこのような結末に至った」と声明を出した。

「財政の安定化、マネージメントをエリオットが担い、ミランに長期の成功をもたらすためにUEFAが定める
フィナンシャル・フェア・プレーに則った永続的なビジネスモデルを構築する。エリオットは困難な時期に
直面するこのクラブをサポートできる喜びだけではなく、コーチの(ジェンナーロ)ガットゥーゾと選手たちとともに
将来の成功をつかむための挑戦を支えられることをうれしく思う。まずは財政の健全化のために5000万ユーロ
(約65億円)をクラブに提供する」

「経済的な支援、安定化、適切な監視はフィールド内での成功とファンにとって必要不可欠だ。エリオットは
このクラブが欧州のトップクラブとして再び君臨するための挑戦を楽しみにしている。ミランの価値を高められる
チャンスがあると強く信じている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000026-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ