カテゴリ: セリエA

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/08(木) 18:26:47.29 ID:80PQq0yA9
【AFP=時事】イタリア・セリエA、ラツィオ(SS Lazio)のウルトラス(過激サポーター)で、そのリーダー的存在だったファブリツィオ・ピスチテッリ(Fabrizio Piscitelli)さんが、ローマの公園で白昼堂々と頭部を撃たれて殺された。現地メディアが警察関係者の話として伝えた。

「ディアボリク(Diabolik)」のニックネームで知られるピスチテッリさんは、ローマ郊外の映画撮影所チネチッタ(Cinecitta)に程近い水道橋公園で待ち伏せされたとみられる。報道によると、最近は薬物捜査の対象となっており、敵対勢力からの報復で殺された可能性があるという。

 背後から近づいてきた襲撃者に頭部左側を撃たれたと伝えられたピスチテッリさんは、過激サポーター集団を率いて、ラツィオの本拠地スタディオ・オリンピコ(Stadio Olimpico)のクルバ・ノルド(Curva Nord、北側スタンド)で何度か騒ぎを起こしていた。

 2018年8月には、スタジアム前方の席に女性が立ち入るのを禁止するように求め、「クルバ・ノルド(北スタンド)は聖域であり、前から10列目までは女、妻、フィアンセの立ち入りは認めない」「条件を満たす人間を受け入れよう。ボルゲーゼ公園(Villa Borghese gardens)でデートするようなつもりなら、別のエリアに移ってもらいたい」と書かれたチラシを配った。

 ラツィオのウルトラスはまた、地元のライバルでスタジアムを共有するASローマ(AS Roma)のファンに対する扱いが、反ユダヤ主義だとして批判を浴びている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000023-jij_afp-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/08(木) 23:58:14.94 ID:Bxq1WbBY9
8/8(木) 23:56配信 SOCCER KING


インテルは8日、マンチェスター・Uからベルギー代表FWロメル・ルカクを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 イギリスメディア『BBC』によると、両クラブはボーナス込みの移籍金7400万ポンド(約95億円)でクラブ間合意に至った模様。また、契約にはインテルがルカク売却時にマンチェスター・Uが移籍金の数パーセントを受け取るボーナスが含まれているようだ。

 2017年夏にエヴァートンから7500万ポンド(当時レートで約1億500万円)の移籍金で加入したルカク。同クラブでは公式戦96試合の出場で42得点13アシストを記録したものの、ビッグマッチでの得点力不足が指摘されるなど、低迷するチームとともに批判の対象になることも少なくなかった。心機一転、挑戦が夢だと語っていたセリエAでは、インテルを復権へと導く活躍に期待が集まる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00965832-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/07/31(水) 12:44:24.75 ID:4w1DDib79
 警察が、韓国で行われた親善試合を欠場したサッカー界のスター、クリスチアーノ・ロナウド=写真=の捜査に着手した。

 ソウル地方警察庁は「詐欺容疑で告訴状が受理されたロナウドやユベントスなどに対する捜査をソウル水西警察署に配当した」と30日、明らかにした。法務法人LKBパートナーズのオ・ソクヒョン弁護士がロナウドと所属チームのユベントス、試合を総括した韓国の主催企業「ザ・フェスタ」を詐欺容疑で警察に告発していた。

 水西警察署は「ロナウドとユベントスの告発状は受理された。罪になるということであれば、被告発人に対して出席要求書を送るのが通常の捜査手順だ。事件を検討した上で、召喚するかどうかを決定する」と明らかにした。

 しかし、出席要求書が発行される可能性は低い。告発容疑がある程度立証されなければならないからだ。警察関係者は「『故意にだました』という客観的な状況がなければ詐欺罪ではなく、民事の問題になるので、警察は介入できなくなる」と話している。

 もし、このような状況があったとしても、国内召喚が問題になる。外国人が韓国で犯罪を行った場合、警察は国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に捜査協力を依頼したり、相手国に犯罪人の引き渡しを要求したりすることもある。しかし、警察庁の内部規則では、「懲役1年以上の刑」の犯罪にのみインターポールに捜査協力を要請できるようになっている。ロナウドが暮らすイタリアに犯罪人引き渡し要求をしようとしても、裁判所が逮捕状を発行するほど犯罪の容疑が相当部分で認められなければならない。ロナウドが召喚に応じなくてもインターポールの捜査協力要請や犯罪人引き渡し要求をするのは難しいことだ。

 今回の刑事訴訟とは別に、ロナウドの欠場と関して集団損害賠償訴訟も起こされる。30日現在、試合を主催したザ・フェスタを相手取った損害賠償訴訟団に約2000人が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00080013-chosun-kr

<関連スレッド>
【サッカー】韓国での欠場騒動のC・ロナウド、詐欺容疑で告発される…激怒する韓国ファン、2000人超の集団訴訟も検討★4
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564488556/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/07/30(火) 11:14:12.09 ID:SzCAuHTC9
クリスティアーノ・ロナウド(34、ユヴェントスFC)の”ノーショー”に対する民・刑事訴訟が本格的に開始された。

 去る29日、キム・ミンギ弁護士は該当の試合を総括した主催会社を相手に損害賠償請求訴訟を仁川地裁に提出したと30日、明らかにした。

 この日の訴訟は、ネット上につくられた「ロナウド欠場訴訟カフェ」で2人の依頼を受けて進行された。損害賠償はチケット代金と精神的な慰謝料100万ウォン(約10万円)を含め1人あたり107万1000万ウォン(約10万7000円)で、訴訟に参加する人は今後増えるものとみられる。

 これを前に、去る26日ソウルワールドカップ競技場で開かれたKリーグオールスター「チームKリーグ」とユヴェントスFCの親善試合で、ロナウドは主催側の広報とは異なり、試合に出場せずベンチに居続けてファンの怒りを買った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000010-wow-socc


<関連スレッド>
【サッカー】C・ロナウド欠場騒動、韓国側は法廷闘争も辞さずか…韓国メディアも「ブラックコメディ」と非難★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564389784/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/07/29(月) 15:27:31.11 ID:Vnqrr8Bn9
韓国側の怒りと困惑は着地点が見えないようだ。Kリーグ選抜との親善試合に出場しなかったFWクリスティアーノ・ロナウドについての騒動が収まりそうもない。

 アジアツアーを行うユベントスは、7月21日にシンガポールでトッテナム、同24日に中国でインテルと対戦。そして同26日に韓国でKリーグオールスターズと対戦した。

 しかし目玉選手であるC・ロナウドはベンチに座ったまま。24日のインテル戦にフル出場したこともあってか、この日は最後までピッチ立つことはなかった。これを受けて『中央日報』は「『アイアンマンが登場しないアイアンマン映画』がサッカー版で現実になった。ブラックコメディが韓国サッカー界を騒がせた」と強く非難している。

 また同メディアによると、イベント主催者はユベントスとの契約では、ロナウドは45分間出場する内容が含まれている」と話しているという。しかし「後半10分ごろになって、急きょロナウドのコンディションが悪いために欠場するという連絡が入った」と説明したとしている。

 韓国側の怒りを買っているのは、出場の可否だけではない。ファンと触れ合う公式行事への参加もなく、試合後の取材エリアでも一言も答えることなく会場をあとにしてしまったこと。さらにロナウドの問題だけでなく、ユベントスの選手団は予定よりも2時間以上遅れて韓国入り。そのため午後8時だったキックオフ時間が57分遅れたことも怒りを増幅させているようだ。

 イベント主催者は今回の件で法廷闘争も辞さない構えでいる。一部ファンからは「ロナウド出場試合という報道を見て高額なチケットを購入した。これは詐欺だ」といった抗議の声も出ているという。しかし弁護士の見解として、実際に払い戻しといった決定を受けることは難しいとの意見も書き加えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-43469856-gekisaka-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/07/28(日) 06:12:19.43 ID:i+FgDAOG9
EフランクフルトのMF鎌田大地(22)が、セリエAの古豪ジェノアに完全移籍することが27日までに決定的となった。複数の関係者によれば、クラブ間では移籍金400万ユーロ(約4億8400万円)で既に合意しており、あとは細部を詰めるだけだという。衛星放送スカイ・イタリアも27日付で「同日に現地入りしメディカルチェックを受ける」と報じた。
 鎌田は昨季、Eフランクフルトからベルギー1部のシントトロイデンに期限付きで加入。24試合で12ゴールを決める活躍を見せ、今年3月には日本代表にも初招集された。その活躍にジェノアも注目。鎌田にはフィオレンティナなど他のセリエAクラブも興味を示していたが、最も熱心だったのがかつてカズことJ2横浜FCの三浦知良が94~95年シーズンにプレーしたジェノアだったという。

 関係者によれば、鎌田自身もセリエAでのプレーを強く希望していた。ジェノアは昨季、最終節で1部残留を決めるなど低迷したが、今季はエンポリなどで結果を残したアンドレアッツォーリ監督を招へいし再出発を図る中で、補強リスト上位に鎌田の名前を挙げていたという。セリエAには日本代表DF冨安がボローニャ入りしたばかり。鎌田は12人目のセリエA選手としてかつてカズがプレーした地でさらなる飛躍を目指す。

 ▽ジェノアCFC イタリア北西部の港町ジェノバをホームに1893年創設。1924年までにリーグ優勝9回を果たした古豪。イタリア杯優勝1回。94~95年にカズが日本人初のセリエA選手としてプレーした。クラブ幹部による八百長関与のため05~06年にセリエCへ降格したが、07~08年に13季ぶりにセリエA復帰。昨季は17位で残留した。ホームスタジアムはルイジ・フェラリス(マラッシ)で3万6599人収容。

 ◆鎌田 大地(かまだ・だいち)1996年(平8)8月5日生まれ、愛媛県出身の22歳。京都・東山高から15年に鳥栖入りし、同年J1デビュー。16年にはU―23日本代表に選出されたがリオ五輪代表は落選。17年6月にEフランクフルト(ドイツ)に加入し、18年8月にシントトロイデン(ベルギー)に期限付き移籍。今年3月には日本代表に初招集された。国際Aマッチは2試合で0得点。1メートル80、72キロ。利き足は右。

2019年07月28日 05:32 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/07/28/kiji/20190727s00002019376000c.html

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ