サカバナブログ

     

カテゴリ: ブンデスリーガ

1: 数の子 ★ 2018/07/17(火) 14:48:02.00 ID:CAP_USER9
▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。

▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。

▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320944
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/07/07(土) 08:39:39.61 ID:CAP_USER9
今季6季ぶりにドイツ1部に復帰するデュッセルドルフが、柏のFW伊東純也(25)の獲得に乗り出していることが6日、分かった。
関係者によると、既に完全移籍での正式オファーを提示している。

スカウト担当がJリーグのW杯中断前の3試合を視察。
今夏の市場でハノーバーに移籍した日本代表FW原口元気(27)の穴を埋める存在として期待している。

伊東はスピードに乗ったドリブルが武器。今季、柏ではリーグ15節終了時点で全試合に先発して3得点している。
昨年12月の東アジアE―1選手権で日本代表に初選出され、同9日の北朝鮮戦で国際Aマッチデビューを果たした。

当時のハリルホジッチ監督から「伊東はボールを持ったら仕掛けることができる。1対1で相手を抜ける選手は(日本には)多くはない」と名指しで評価されたが、
3月のベルギー遠征は招集外。指揮官が西野監督に交代したW杯メンバーからも落選した。

伊東はスペイン1部など複数クラブから獲得に興味を示されている。目標に掲げる22年W杯カタール大会に向けて海外で経験を積む必要性を感じている一方で、
2年半在籍してJリーグ屈指のアタッカーの地位を築いた柏への愛着も強いという。今後の動向から目が離せない。

◇伊東 純也(いとう・じゅんや)1993年(平5)3月9日生まれ、神奈川県横須賀市出身の25歳。逗葉高、神奈川大と経て、15年に甲府入り。
1年目で30試合4得点を記録し、16年に柏に完全移籍した。J1通算113試合20点。国際Aマッチ通算3試合0点。1メートル76、68キロ。右利き。血液型A。

▼フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1908年創設。33年のドイツ選手権優勝など63年のブンデスリーガ創設前から強豪として知られた。
79、80年にドイツ杯を連覇。昨季2部で優勝し、今季は6季ぶりに1部に復帰する。09~10年に結城耕造、13~14年に大前元気、昨季は原口元気、宇佐美貴史が在籍。
本拠はエスプリ・アレーナ(収容5万1500人)。フリートヘルム・フンケル監督(64)。

スポニチ 7/7(土) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000059-spnannex-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/06/04(月) 17:23:04.25 ID:CAP_USER9
日本代表MF原口元気は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にヘルタ・ベルリンからハノーファーに移籍することになるようだ。ドイツ誌『キッカー』によれば、クラブ間は合意に近づいているという。

レンタルプレーヤーとしてFW宇佐美貴史とともにフォルトゥナ・デュッセルドルフの1部昇格に貢献した原口だが、完全移籍で同クラブに残ることはなく新クラブに向かう。先日FW浅野拓磨がアーセナルから1年間の期限付きで加入したハノーファーは、ヘルタとの交渉がほぼまとまっていると伝えられている。

当初の報道では、ハノーファーは原口の獲得に向けてヘルタに300万ユーロ(約3億9000万円)の移籍金を提示したのに対し、ヘルタ側は500万ユーロ(約6億4000万円)を要求していたと伝えられていた。また、ヘルタは原口の去就についてはW杯後の決定を希望していた模様。しかし、新たな報道によると、ハノーファーはオファーを500万ユーロ近くに上げ、ヘルタと概ね合意に至ったという。

従って、原口のハノーファー移籍はW杯前に完了することも考えられるとのこと。また『キッカー』曰く、フォルトゥナのほか、ともに名が明らかになっていないブンデスリーガもう1つのクラブ、そして国外の1クラブも原口の獲得に具体的に動き出していたが、ハノーファーが争奪戦を制したと見られる。

なお2016-17シーズンは2部に所属していたハノーファーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、同クラブ4人目の日本人選手の浅野に続き、原口は5人目となることがもはや既定路線となっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000017-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/05/31(木) 02:17:48.55 ID:CAP_USER9
ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはバイエルン・ミュンヘンに退団の意思を伝えたようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。

レヴァンドフスキは今年に入ってから代理人をピニ・ザハーニ氏に変更。ザハーニ氏は昨夏のネイマールのパリ・サンジェルマン移籍に関わった代理人としても知られ、レヴァンドフスキはレアル・マドリー移籍を望んでいると伝えられた。

しかし、直後にバイエルンはマドリーの接触を否定。報道によれば、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、パリ・サンジェルマンが獲得を狙っているという。ザハーニ氏はレヴァンドフスキがすでにブンデスリーガで全てを成し遂げたとして、移籍を望んでいることを明かしている。

「ロベルトは新たな変化、新たな挑戦がキャリアに必要なときなんだ。バイエルンの首脳陣もそれについてはわかっている」

レヴァンドフスキはクラブとの契約を2021年まで残しており、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOも「何の心配もない。彼は来季もバイエルンでプレーする」とコメントしたばかり。果たして今夏ビッグディールは成立するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000016-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/05/20(日) 05:39:59.43 ID:CAP_USER9
DFBポカール決勝が19日に行われ、バイエルンとフランクフルトが対戦した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はアンカーの位置で先発出場し、MF鎌田大地はメンバー外。なお、長谷部は、ひじ打ちで出場停止処分を受けていたため、公式戦4試合ぶりの出場となった。

 2年ぶりの優勝を狙うバイエルンは、シーズン途中に復帰したユップ・ハインケス監督のラストマッチ。チームを見事に立て直し、ブンデスリーガ6連覇に導いた指揮官を、2冠達成の花道で送り出したいところ。一方のフランクフルトも、ニコ・コヴァチ監督がバイエルンの次期監督に決まっており、これが最後の試合。指揮官を引き抜いた相手を倒しての30年ぶりの大会制覇を目指す。

 バイエルンは開始8分、エリア手前のFKでロベルト・レヴァンドフスキが直接狙うが、強烈なシュートはクロスバーに嫌われた。難を逃れたフランクフルトは11分、アンテ・レビッチが敵陣でハメス・ロドリゲスからボールをカットすると、こぼれ球を拾ったケヴィン・プリンス・ボアテングが素早く前線へスルーパス。そのまま走り上がったレビッチがシュートをゴール左隅に決めて、先制点を奪った。

 先制を許したバイエルンは25分、レヴァンドフスキがエリア内左に抜け出してシュートを放ったが、これは枠を捉えられず。フランクフルトは44分、マリウス・ヴォルフがヘディングシュートで追加点を狙うが、これは枠の左に外れた。

 試合が再び動いたのは後半の53分。ジョシュア・キミッヒがニクラス・ズーレのスルーパスでエリア内右に抜け出し、マイナスに折り返す。これに反応した中央のレヴァンドフスキがゴール右隅に流し込み、バイエルンが同点に追い付いた。

 その後も攻勢を続けるバイエルンは69分、キミッヒの鋭いグラウンダークロスを、エリア内中央に走り込んだコランタン・トリソがフリーで受けるが、ここは長谷部の懸命のスライディングに阻まれる。80分にはCKでマッツ・フンメルスがヘディングシュートを放ったが、これもクロスバーに直撃した。

 一方のフランクフルトはカウンターで相手ゴールを狙う。80分にはボアテングのスルーパスでレビッチが抜け出し、エリア手前からミドルシュートを打つが、わずかに枠の右に外れる。すると直後の82分には、ダニー・ダ・コスタのクリアボールに、レビッチが反応。一気にエリア内へ抜け出し、GKとの1対1で冷静に右足シュートを沈めた。バイエルンはハンドを主張したが、ビデオ判定の結果、ゴールが認められ、フランクフルトが勝ち越しに成功した。

 さらにフランクフルトは終了間際、相手CKのこぼれ球を拾ったミヤト・ガチノヴィッチが独走で持ち上がり、無人のゴールに流し込んで勝負あり。フランクフルトが3-1でバイエルンを破り、30年ぶり5度目の優勝で、さらに来シーズンのヨーロッパリーグ本戦出場権も獲得した。なお、長谷部はフル出場で勝利に貢献し、ヴォルスブルク時代にリーグ優勝をした2008-09シーズン以来、9年ぶりのタイトル獲得となった。

【スコア】
バイエルン 1-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 11分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-1 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-2 82分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-3 90+6分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

サッカーキング 5/20(日) 5:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00760861-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180520-00760861-soccerk-000-9-view.jpg GettyImages-960203474-800x533
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ