アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

カテゴリ: プレミアリーグ

1: 久太郎 ★ 2018/11/15(木) 13:57:09.37 ID:CAP_USER9
マンUのMFフェライニがイメチェン? 新ヘアースタイルを公開

マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニが、突然髪を刈り上げた。自身のツイッターにその写真を投稿している。

 フェライニは14日、自身のツイッターを更新し、トレードマークのアフロヘアーをカットしたことを報告した。

 これまでのアフロヘアーというイメージから、突然坊主になったフェライニ。投稿には「#birthdaytomorrow」とタグを付け、自らの誕生日を記念したものとしている。また、「新たな年、新たなルックス」とコメントも付けており、「心機一転」新たなスタートに意気込んだ。

 マンチェスター・Uは次節、24日にプレミアリーグ第13節でクリスタル・パレスと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00863403-soccerk-socc

画像
no title

no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/13(火) 08:43:49.68 ID:CAP_USER9
リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは現在負傷により長期離脱を強いられ、リハビリに励む生活を送っているが、日本人ファンから贈られた思わぬプレゼントに感激している。

 今年4月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦のASローマ戦でチェンバレンは負傷交代。膝の靭帯損傷と診断され長期離脱を余儀なくされ、現在はリハビリに励む日々を過ごしている。

 チェンバレンはこれまでアーセナルで伸び悩む時期を過ごしていたが、昨夏にリバプールへと加入すると才能が開花。アーセナル時代はサイドでのプレーが大半となっていたが、ユルゲン・クロップ監督の下、インサイドハーフに抜擢されると見事な適応を見せ、チームの主力へ成長を遂げた。

 そんな飛躍の最中での痛恨の離脱となったが、チェンバレンは自身の公式インスタグラムで、日本人サポーターから千羽鶴を受け取ったことを報告し、感謝の弁を述べている。

「日本のサポーターズクラブのファンの方々に心からありがとう。僕のために時間を費やしてくれて、1000枚もの折り紙でメッセージを送ってくれた。本当に恐れ多いよ。僕に届けるため海を渡ってきてくれた。本当に仰天したよ。アリガトウゴザイマシタ!」

 千羽鶴の写真も添えると、コメント欄には「素晴らしいプレゼント!」「なんて美しくユニークでオリジナリティーあふれるギフトなんだ!」「純粋に美しい」「我々からも日本にありがとう!」「心温まるプレゼントだ」と海外ファンからも多くの反響が寄せられていた。

 リハビリは順調に進んでいるというチェンバレン。ファンは復帰を心待ちにしている。

11/12(月) 22:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00147391-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 マンチェスター・Uに所属するスペイン人MFフアン・マタが、今シーズン終了後にフリートランスファーで他クラブへ移籍する可能性が浮上しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じている。

 マタとマンチェスター・Uの現行契約は今シーズン限りで満了を迎える。しかし報道によると、同クラブは新契約を未だに提示していないという。同紙は「マタの将来は暗闇の中」と記し、去就が不透明であると報道。マタ自身はマンチェスター・Uでのプレー続行を望み、新契約のオファーを待っているようだ。

 だが、契約延長のオファーがなければ新天地を求めることとなる。先月31日付のイギリス紙『イブニング・スタンダード』がユヴェントスからの関心を報じたほか、今回の報道ではアーセナルや古巣バレンシアもマタに熱視線を送っていると伝えられている。

 マタは1988年生まれの30歳。2007年からバレンシア、2011年からはチェルシーでプレーし、2014年にマンチェスター・Uへ完全移籍で加入した。今年1月にマンチェスター・Uが契約延長オプションを行使し、期間が2019年6月まで延長された。今シーズンはプレミアリーグ第11節終了時点で8試合出場1得点を記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00860507-soccerk-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/08(木) 22:35:59.44 ID:CAP_USER9
チェルシー前監督のアントニオ・コンテ氏は未払いの給与をめぐり古巣相手に訴訟を起こす準備をしていると、8日にスカイスポーツ電子版が報じた。チェルシーとの話し合いを拒否しているという。

コンテ氏は今夏クラブ側から解雇されていたが、契約に準じて敬意を示されるべきだと感じている。同氏の弁護士は労働裁判所とスポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てに向けて準備しているという。チェルシーは法廷での争いを避けるためコンテ氏に面会を申し込んでいるが、拒否されている。

一部報道によると、同氏は残りの契約分給与1130万ポンド(約16億8000万円)のほか、870万ポンド(約13億円)の賠償金、計2000万ポンド(約30億円)の支払いを求めている。しかし、チェルシーはディエゴ・コスタに対する扱い、スポンサー関連イベントへの欠席、記者会見への遅刻や練習場で指定された場所に駐車しなかったなど、在籍中の態度から支払いを否定的だという。

11/8(木) 22:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00386378-nksports-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/08(木) 19:53:17.43 ID:CAP_USER9
ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉は、今季もリーグ戦8試合で4得点3アシストと好調をキープしている。森保一監督率いる日本代表にも新体制発足から3カ月連続で招集されており、欧州での評価は急上昇中。ポルトガルメディアは中島のプレミアリーグ行きの可能性について報じている。

 ポルトガル移籍1年目の昨季に29試合で10得点12アシストという結果を残した中島は、2年目の今季も8試合で4得点3アシストと攻撃陣の中心としてチームを牽引。日本代表にもコンスタントに招集されるようになり、森保一監督の下では9月、10月とエースナンバー10を託されている。

 すでに欧州の強豪クラブからの関心が伝えられる中島。元ブラジル代表FWフッキ(上海上港)や現ポルティモネンセGMのポンテ氏の移籍を手がけたことでも知られ、ポルティモネンセの株主でもあるスポーツ・エージェントのフォンセカ氏は「多くのクラブからの関心があるが、(中島は)2022年夏まで契約更新をしたばかりだ。現在の違約金は4000万ユーロ(51億円)だ」と明かしていた。

 これまで、ポルトガルの強豪ベンフィカやMF香川真司が所属するドルトムント、シュツットガルト、ヴォルフスブルク、フランクフルト、セビージャなどが獲得に興味を示していると報じられていたが、新たに浮上したのがプレミアリーグの2クラブだ。

吉田が所属するサウサンプトンのほか、レスターも候補の一つに浮上

 ポルトガル紙「O JOGO」は、「ナカジマはイングランドへ行く道にいるかもしれない」と特集。「ショウヤ・ナカジマは欧州の複数クラブに称賛され、サウサンプトンはオファーを検討している」と日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンの名前を挙げている。

「24歳のアタッカーはポルトガルで2年戦い、シーズンの終わりにイングランドへアプローチすることもできるだろう。セインツ(サウサンプトンの愛称)、レスターがナカジマ獲得の見通しがあると言われている」

記事では、サウサンプトンがポルティモネンセの試合にスカウトを派遣し、最も直近は前節のベレネンセス戦だったと英メディアが伝えたとも紹介している。

 また、ポルトガル紙「A BOLA」も「ナカジマはプレミアリーグに行ける」として、「次の移籍市場で非常に魅力的なターゲットになるだろう」と今冬の移籍市場で注目銘柄になると予測している。

 国内の名門スポルティング・リスボン相手に2ゴール2アシスト(現地時間10月7日/4-2)を記録するなど強烈なインパクトを残している“小さな天才”。その認知度はワールドクラスと言っても過言ではない域に達しつつある。

11/8(木) 19:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00146563-soccermzw-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ