サカバナブログ

     

カテゴリ: プレミアリーグ

1: 数の子 ★ 2018/12/18(火) 19:05:29.69 ID:CAP_USER9
12/18(火) 19:01配信
SOCCER KING

マンチェスター・Uは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督が退任したことを発表した。

 モウリーニョ監督は2016-17シーズンからマンチェスター・Uを指揮し、同シーズンにリーグカップとヨーロッパリーグを制したが、大型補強などを敢行したものの、プレミアリーグをはじめとした他のタイトルは獲得できず。今シーズンもチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を果たしたが、プレミアリーグでは7勝5分5敗の6位に位置し、直近のリヴァプールとのナショナルダービーでも1-3で敗戦していた。

 後任人事についてクラブは、今シーズン、チームを率いる監督を選定後、フルタイムでチームを任せる指揮官探しをすると発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00878577-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/12/10(月) 18:49:05.14 ID:CAP_USER9
写真
no title

フローニンゲンの日本代表MF堂安律はすでにビッグクラブ移籍の噂が複数浮上しているが、英メディアではマンチェスター・シティが来年1月の移籍マーケットで獲得を目指していると報じられた。


「マン・シティは1月に日本人スターの卵獲得を目指す」

 こう報じたのは英メディア「TEAMtalk」だ。フローニンゲンでブレーク中の堂安の獲得をシティが熱望しているようだと特集している。

「小柄なアタッキングミッドフィールダー」と称されている堂安に対しては、シティ以外にもチェルシーやアーセナル、アトレチコ・マドリード、そしてMF香川真司の所属するドルトムントも関心を持っていると言われる。

 そうしたなかで、シティのスカウトは堂安の視察を続けているという。ライバルクラブの動きも盛んに報じられるようになり、出し抜かれることを恐れているとも記されている。

 それでもシティは、フローニンゲンが元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の若手有望株とも期待される堂安の獲得に自信ものぞかせているという。記事ではシティは1月中に獲得を決めたうえで、2020年夏までは引き続きオランダでプレーさせる可能性があると具体的な話も出てきている。シティは将来有望な堂安をじっくりと育てていくプランを持っているのかもしれない。

 海外挑戦2年目ながら日本代表の主力にも定着し、ビッグクラブが追いかける存在となった堂安。ペップ・グアルディオラ監督率いるメガクラブへの移籍は現実のものとなるだろうか

12/10(月) 18:40 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/153372
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/12/06(木) 06:42:52.37 ID:CAP_USER9
中島翔哉のプレミアリーグ挑戦が迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が、ウォルバーハンプトンとの交渉が最終段階に入ったと伝えている。

2シーズン目となったポルティモネンセで、絶対的な存在となっている中島。ここまで10試合に先発し5ゴール4アシストを記録するなど、クラブの10番としてチームをけん引する活躍を見せている。

ポルトガルの地で輝きを見せる24歳の日本代表FWには、ポルトやベンフィカという国内の強豪だけでなく、セビージャやユヴェントスなど、欧州各国のビッグクラブが関心を示していると何度も言われてきた。現地メディアも移籍市場の注目株に上げるなど、去就に関する様々な憶測が流れている。

ポルティモネンセの副会長ロブソン・ポンテ氏も、「膨大な量の嫌がらせがある。留めることは難しいだろうが、拒否できないオファーのときだけ放出する」と語っており、移籍の可能性もあると示唆している。

そんな中島だが、新天地はプレミアリーグになるようだ。『A BOLA』によると、ウォルバーハンプトンとの交渉はすでに最終段階に入っているという。

同メディアによると、2020年まで契約を結ぶ中島の違約金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、最終的に移籍金2000万ユーロ(約26億円)で決着する見込み。正式発表はいつあってもおかしくない状況のようだ。

現在吉田麻也、武藤嘉紀、岡崎慎司が活躍するプレミアリーグ。世界最高峰のリーグに、欧州トップレベルでも結果を残す日本代表ウィンガーが挑戦することになるようだ。

12/6(木) 6:30配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000032-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/12/06(木) 12:44:25.00 ID:CAP_USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。

12/6(木) 12:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: アルテミス@ ★ 2018/12/03(月) 01:11:18.19 ID:CAP_USER9
プレミアリーグ第14節が2日に行われ、アーセナルとトッテナムが対戦した。

 公式戦18試合無敗の5位アーセナルと公式戦6連勝中の3位トッテナムによる今シーズン初となる“ノース・ロンドン・ダービー”は、思わぬ形で試合が動く。9分、ペナルティエリア内でヤン・フェルトンゲンの振り上げた手にボールが当たりアーセナルがPKを獲得。
キッカーを務めたピエール・エメリク・オーバメヤンが左に決め、ホームのアーセナルが先制した。

 一方のトッテナムは30分、クリスティアン・エリクセンのFKにニアサイドでエリック・ダイアーが頭で合わせ同点に。さらに直後の34分には、エリア内でソン・フンミンが倒されPKを獲得。これをハリー・ケインが左に決め、わずか4分間で逆転に成功した。

 後半に入り56分、縦パスに抜け出したラムジーがワンタッチで中に折り返すと、オーバメヤンのダイレクトシュートがゴール右隅に決まり、試合を振り出しに戻した。

 再び試合が動いたのは75分、相手DFのミスからアーロン・ラムジーがボールを奪うと、最後はアレクサンドル・ラカゼットがエリア外から左足を振り抜く。これが相手DFに当たりコースが変わってゴールに吸い込まれ、逆転に成功。さらに、77分には縦パスに抜け出したルーカス・トレイラがゴールを決め、リードを2点に広げた。

 このまま4-2で試合終了。“ノース・ロンドン・ダービー”を制したアーセナルはトッテナムを抜き、4位に浮上した。次節、アーセナルは5日にアウェイでマンチェスター・Uと、トッテナムは同日にホームでDF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
アーセナル 4-2 トッテナム

【得点者】
1-0 10分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK/アーセナル)
1-1 30分 エリック・ダイアー(トッテナム)
1-2 34分 ハリー・ケイン(PK/トッテナム)
2-2 56分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
3-2 75分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
4-2 77分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3-4-3)
レノ;ムスタフィ(71分 ゲンドゥージ)、パパスタソプーロス、ホールディング;ベジェリン、トレイラ、ジャカ、コラシナツ;ムヒタリアン(46分 ラムジー)、オーバメヤン、イウォビ(46分 ラカゼット)

トッテナム(4-4-2)
ロリス;オーリエ、フォイス、ヴェルトンゲン、デイヴィス(82分 ローズ);ダイアー、シソコ、エリクセン、アリ(79分 ウィンクス);ケイン、ソン・フンミン(79分 ルーカス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00871580-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ