アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

カテゴリ: 日本代表

1: 久太郎 ★ 2018/12/12(水) 13:36:27.06 ID:CAP_USER9
JFA(日本サッカー協会)は12日、来年1月から始まるAFCアジアカップ2019に臨む日本代表のメンバーを発表した。

森保一監督が初のA代表指揮官に就任してから数ヶ月、ワールドカップ出場組と新世代の「融合」を掲げながら、日本代表は強化に取り組んできた。これまでの強化試合5試合で4勝1分、15ゴール4失点と見事な戦いを見せながら、森保監督が「本番」と位置づけるアジアカップへ向けてチームづくりを進めている。

そして12日、その「本番」に挑むメンバーを発表した。

注目の中島翔哉、南野拓実、堂安律ら新世代のエースは順当に選出。W杯メンバーである吉田麻也や酒井宏樹、長友佑都、大迫勇也らもアジアでの戦いに挑むこととなった。また、浅野拓磨が選出されている。


2011年以来2大会ぶり最多5度目の優勝を目指す日本代表。9日にトルクメニスタンとの初戦を戦った後、13日にオマーン、17日にはウズベキスタンと激突する。

招集メンバーは以下の通り。

■GK
東口順昭/ガンバ大阪
権田修一/サガン鳥栖
シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台

■DF
長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
槙野智章/浦和レッズ
佐々木翔/サンフレッチェ広島
室屋成/FC東京
三浦弦太/ガンバ大阪
冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)

■MF
遠藤航/シント=トロイデンVV(ベルギー)
青山敏弘/サンフレッチェ広島
伊東純也/柏レイソル
中島翔哉/ポルティモネンセ(ポルトガル)
南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
堂安律/フローニンゲン(オランダ)
原口元気/ハノーファー(ドイツ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
守田英正/川崎フロンターレ

■FW
北川航也/清水エスパルス
大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
浅野拓磨/ハノーファー(ドイツ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010001-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

95: 豆次郎 ★ 2018/11/20(火) 21:15:52.80 ID:CAP_USER9
>>1
11/20(火) 21:14配信
山中“デビュー史上最速弾”から4得点! キルギス撃破の森保J、通算4勝1分でアジア杯へ

[11.20 キリンチャレンジ杯 日本4-0キルギス 豊田ス]

 日本代表は20日、キリンチャレンジカップでキルギス代表と対戦し、4-0で勝利した。初出場のDF山中亮輔(横浜FM)がA代表デビュー戦では史上最速となる前半2分にゴールを決めると、そこからチーム発足後最多タイの4得点。来年1月に始まるアジアカップに向け、9月からのキリンチャレンジ杯を4勝1分という好成績で終えた。

 森保一監督にとって就任5試合目の公式戦。16日のベネズエラ戦(△1-1)から先発11人全員を入れ替え、初選出の山中が左SBでA代表デビューを迎えた。FW北川航也(清水)、追加招集のMF守田英正(川崎F)とFW杉本健勇が森保ジャパン初先発。DF槙野智章(浦和)がキャプテンを務め、欧州組はMF原口元気(ハノーファー)だけが先発した。

 試合はさっそく動いた。前半2分、トップ下の北川が相手に競り勝って前を向くと、ドリブルで運んで縦パスを配球。抜け出そうとした杉本のトラップは乱れたが、相手より先に拾って左サイドに展開する。ここに走り込んだのは山中。初出場のDFはPA左から鋭いシュートをファーポスト際に叩き込み、史上31人目のデビュー戦ゴールとなった。

 さらに日本が得点を重ねる。守田とMF三竿健斗(鹿島)のダブルボランチが適度な距離感でビルドアップし、5-4-1で引いた相手をゴール前に釘付けにすると、前半18分には原口が左サイドでしかけてFKを獲得。キッカーは原口。壁の右脇に低いボールを蹴りこむと、キャッチしようとした相手GKがこぼしてゴールマウスに転がった。

 日本は前半25分、北川のサイドチェンジに杉本が左サイドを抜け出し、マイナス方向へのクロスを送ったが、華麗なターンでおさめたFW伊東純也(柏)のシュートは惜しくも枠外。同29分、三竿のボール奪取から左サイドを崩し、原口のマイナス方向へのクロスが再び伊東に渡るも、ダイレクトの左足シュートはまたもゴールマウスを捉えられなかった。

 キルギスは前半35分、早くも最初の交代カードを使用。だが、左サイドのクロスからPA内に攻め込む場面もあったが、なかなかシュートまで至らない。日本は同43分、サイドを広く使った展開から三竿が倒され、ゴールから約35mの位置でFKを獲得。長い助走をとった山中が力強く左足で狙ったが、ボールは大きく枠を外れ、前半を2点リードで終えた。

 日本は後半4分、山中の左CKにDF三浦弦太(G大阪)が頭で合わせたが、シュートはGKの正面。同11分には山中が左サイドを切り裂き、鋭いクロスに杉本が反応するも、またしてもGKに阻まれた。同14分には森保監督が初めて動き、杉本、伊東、三竿の3人を一挙に下げ、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)、MF柴崎岳(ヘタフェ)を送り込んだ。

 そのタイミングで日本にアクシデント。ハイボールに反応した槙野がGK権田修一(鳥栖)と相手に挟まれる形で空中戦を競り合い、着地時に頭部を打って担架でピッチ外へ。後半16分、代わりにDF吉田麻也(サウサンプトン)が投入された。その後はしばらく自陣に攻め込まれる時間帯が続いたが、後半27分に待望の追加点が入った。

 左サイドとのパス交換で前を向いた守田が鋭い縦パスを入れると、北川がトラップすると見せかけ左足ヒールでPA内にラストパス。これを大迫がダイレクトで流し込んだ。直後に北川、原口を下げてMF南野拓実(ザルツブルク)とMF中島翔哉(ポルティモネンセ)を投入。すると同28分、南野のパスを堂安がつなぐと、PA左に走り込んだ中島が落ち着いて決め、リードが4点に広がった。

 後半45分、中島の左CKに三浦が頭で合わせたが、右ポストに当たったボールはGKがキャッチ。同アディショナルタイムには、南野がフリーでPA内に抜け出したが決め切れず、そのままタイムアップを迎えた。10月のウルグアイ代表戦(○4-3)と並ぶ最多タイの4得点で、9月から続いていたキリンチャレンジ杯5試合を15得点4失点という結果で終了。チーム立ち上げから無敗(4勝1分)を保ったまま、来年1月5日に開幕するアジア杯に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05925623-gekisaka-socc
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/19(月) 11:34:42.02 ID:CAP_USER9
念願の日本代表デビューを果たし、一夜明けた17日には2016シーズンに期限付き移籍し、飛躍するきっかけを与えてくれた松本山雅FCが4年ぶりのJ1復帰を決めた。二重の喜びに浸っていた間には、100件近い祝福のメッセージが無料通話アプリ『LINE』を介して届いている。

 日本サッカー協会(JFA)から発表されている身長197cmは、実は最近になってさらに1cm伸びている。日本代表のゴールマウスを守ってきた歴代のゴールキーパーのなかでも、飛び抜けて大きなサイズで注目を集めたシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が、胸中に秘める大きな夢を明かした。

 年内最後の一戦となる20日のキルギス代表戦(豊田スタジアム)へ向けて、豊田市内へ場所を移して再開された日本代表合宿の2日目を終えた18日。取材エリアで海外挑戦の意思を問われた26歳は「正直、いますぐにでも行きたい」と間髪を容れずに答えた。

「希望は特にないというか、レベルが高ければ高い国ほどいいと思っていますけど、家族のこととかいろいろと考えるべき問題があるし、言葉の問題もある。何よりもプレーヤーとしてヨーロッパから必要とされるレベルにはまだ達していない。それでも、まずは(ヨーロッパのクラブに)身を置いてみるとか、そういうチャンスがあればいいな、と」

 公言してはばからない海外志向の強さは、歩んできたサッカー人生と密接にリンクしている。宮城・東北学院高校に進学した2007年。15歳にして190cm近くあった長身を見込まれたシュミットは、中学時代まで務めていたボランチからキーパーへとコンバートされた。

このときに手本として、当時の世界最高キーパーに憧憬の思いを抱いた。オランダ代表及びマンチェスター・ユナイテッドの守護神として圧倒的な存在感を放ち、197cmの長身から「摩天楼」と呼ばれていたレジェンド、エドウィン・ファン・デル・サールの一挙手一投足を追った。

「足元の技術もあって身長もあったので、自然とファン・デル・サールを見ていました」

 その後もシュミットの視線はヨーロッパで活躍するキーパーたちへ注がれ、必然的に海外でプレーする夢が育まれてきた。いまでは正確無比なキックの精度から世界最高の評価を得ている、エデルソン・モラレスが絶対的な守護神として君臨するマンチェスター・シティFCを強く意識する。

「ビルドアップの部分ではエデルソンが世界一だと思っているし、ボールのスピードや味方につける場所も含めて、すごく勉強になる。エデルソンのような速いボールが、自分には足りないと思っているので」

つづく

11/19(月) 5:00配信 The pages
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010000-wordleafs-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/19(月) 08:02:05.39 ID:CAP_USER9
J2福岡の指揮官を退任する井原正巳氏(51)が日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚になったことが18日、分かった。森保一監督(50)が指揮する日本代表、東京五輪代表のコーチを務める可能性もある。この日、日本代表は愛知県内で国際親善試合のキルギス戦(20日、豊田)に向けた練習を冒頭だけ公開して行った。

【写真】試合後のセレモニーで並ぶレジェンドたち(左から)中山、川口、山本会長、伊東

 国際経験豊富な井原氏が日本協会のコーチングスタッフに入る可能性が高まった。複数の関係者によると、日本協会サイドは、同氏の指導力、経験値を高く評価し、リストアップしていた。17日のJ2最終戦後、J1昇格を逃した責任を取って福岡の監督退任を表明したことで交渉に入るという。

 井原氏は選手時代、DFとして横浜Mなどで活躍し、「アジアの壁」との異名を取った。国際Aマッチ出場はMF遠藤保仁の152試合に続く歴代2位を誇る。02年の引退後は解説者などでサッカーを外から分析する立場を経て、08年北京五輪代表のコーチなどを歴任し、15年に当時J2の福岡の監督に就任した。

 福岡では1年目で5年ぶりのJ1昇格に導いた。選手時代の実績だけでなく、日本代表で主将を長く務めるなど求心力もあり、選手に尊敬されている。戦術では、3バック、4バック布陣を使い分けるなど柔軟な対応力があり、守備力向上に定評がある。

 日本協会のコーチングスタッフは、森保監督が率いる日本代表、兼任する東京五輪代表をはじめ年代別代表などのコーチを務める。井原氏がどの世代のコーチになるかは未定だが、11月の日本代表活動にU―16代表の斉藤俊秀コーチ、U―19代表の秋葉忠宏コーチが加わり、指導者も各年代の融合が図られており、森保ジャパン入閣もあり得る。

 来年1月には森保体制で初の公式戦となるアジア杯が控える。井原氏の経験が生かされる舞台でもある。

 ◆井原 正巳(いはら・まさみ)1967年9月18日、滋賀・甲賀市生まれ。51歳。守山高から筑波大を経て、90年に日産自動車入社。大学2年の88年に日本代表入りし、国際Aマッチ通算122試合5得点。98年フランスW杯出場。Jリーグでは横浜M、磐田、浦和でプレーし、2002年に現役引退。指導者としては06~08年に北京五輪代表アシスタントコーチ、09~14年は柏のヘッドコーチを務め、15年から福岡監督に就任。182センチ、74キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000238-sph-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/18(日) 12:26:41.10 ID:CAP_USER9
◆練習試合 鹿島2―0キルギス代表(17日・カシマ)

 国際親善試合で日本代表と対戦(20日・豊田)するキルギス代表は17日、控え組中心の鹿島と練習試合を行い、0―2で敗れた。

 立ち上がりからACL決勝・ペルセポリス戦(11月3、10日)に先発出場したメンバーを全員ベンチ外とした鹿島に苦戦し、ボールをはね返すことで精いっぱい。前半だけで13本のシュートを浴び、セットプレーから失点した。後半もユース所属の高校生5人が並んだ実質“2・5軍”の鹿島から得点を奪えず、追加点を許した。

 組織的な攻めを展開する場面はなく、キルギスの実力には疑問符がついた。

11/18(日) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000265-sph-socc

・所属クラブなしが3人、GKはキックミス連発…キルギス代表は控え組鹿島に0―2敗戦

 日本代表は15年アジア杯準々決勝(オーストラリア)で守りを固めたUAEにPK戦の末に敗戦。格下との対戦が多くなる来年1月のアジア杯を見据えたマッチメイクであることは明白だ。鹿島も先制点までにシュート11本を要し、5バック+2ボランチがゴール前に張り付く守備陣に手を焼いた。個の能力に秀でた2列目を長所とする日本代表も、ボランチやDF陣の攻撃参加がなければゴールをこじ開けることは容易ではないはずだ。

 しかしキルギスの来日メンバーには所属クラブなしが3人。GKは出場した3人全員がキックミスを連発した。アジア王者の鹿島は、同じく控え組中心で挑んだJ1C大阪戦(10月31日)、柏戦(11月6日)で連勝を飾るなどJ屈指の選手層を誇るが、後半開始からはユース所属の高校生5人が出場。それでも最後までキルギスに得点の匂いは感じられず、終了間際に追加点を許した。

11/18(日) 9:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000076-sph-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ