カテゴリ: ハイライト

279: 名無しさん@サカバナ 2019/09/10(火) 23:18:57.09 ID:AxcDPmnx9
>>1
9/10(火) 23:16配信
中島ゴラッソ&南野ヘッド!! 久保も39年ぶり大記録の森保J、カタールW杯へ白星発進

[9.10 W杯アジア2次予選 日本2-0ミャンマー ヤンゴン]

 日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦し、2-0で勝利した。前半16分、MF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを突き刺すと、26分にはMF南野拓実(ザルツブルク)のヘッドで追加点。新体制発足当初からチームを担ってきた2人の得点により、3年後のカタールW杯へ好スタートを切った。

 森保一監督はW杯予選の初陣に向け、5日のキリンチャレンジ杯・パラグアイ戦(○2-0)と同じ11人を先発起用した。GK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールを守り、4バックは右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)。ダブルボランチはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF橋本拳人(FC東京)が組んだ。2列目は中島、南野、MF堂安律(PSV)の“三銃士”。1トップにはエースのFW大迫勇也(ブレーメン)を起用した。

 日中から降り続いた大雨の影響でピッチがぬかるむ中、立ち上がりはロングボールを主体に組み立てたこの日の日本代表。セットプレーを有効に使いながら相手を押し込み、ミャンマーに6バックでの対応を強いる。前半5分の南野の左足シュート、15分の橋本のミドルシュートは枠を外れたが、直後に試合を動かした。

 前半16分、堂安のパスカットから冨安が素早いパスを中島に送ると、背番号10はカットインから右足を一閃。豪快なストレートボールをネットに突き刺し、日本のカタールW杯予選初ゴールを記録した。さらに日本は18分、南野のヘッドは枠に飛ばなかったが、24分には大迫のヘッドがGKチョー・ジンピョを襲うなど、なおも攻勢の手は緩めない。

 すると前半26分、橋本の縦パスを起点とした攻撃から堂安がミドルシュートを放ったが、これはGKチョーが好セーブ。それでも直後、跳ね返りを拾った堂安のクロスにフリーで反応した南野が頭で合わせ、リードを2点に広げた。28分にはバックチャージを受けた大迫が相手選手に詰め寄る場面もあった。

 勢いが落ちない日本だが前半39分、ゴール前での混戦攻撃がクロスバーに阻まれると、相手と接触した吉田がピッチに倒れてプレーが中断。自ら立ち上がってピッチに戻ったが、ヒヤリとするシーンだった。またその直後には現地の観客がピッチに乱入するなど、やや混乱状態のまま2-0で前半を終えた。

 後半は布陣を高くしたミャンマーがやや盛り返すが、日本守備陣もリスクを避けたクリアで対応。危険なエリアへの侵入を許さない。9分には相手のFKがトリックプレー気味に中央に入り、FWアウン・トウーのミドルシュートが枠内を突いたが、権田が落ち着いてパンチング。直後のクロスボールも権田が処理し、ピンチをしっかり防いだ。

 日本は後半11分、堂安が強烈なミドルシュートを放ったが、またしてもGKチョーがビッグセーブ。12分、中島のCKから大迫がヘディングで狙うも、これもGKチョーに阻まれた。さらに15分、冨安のフィードからつくりだした決定機も堂安のシュートが相手DFに当たり、なかなか追加点を得られない。

 後半19分、左からのクロスを大迫が頭で落とし、南野が放ったボレーシュートはクロスバーに直撃。直後、堂安と中島にも続けて決定機が訪れたが、人数をかけて守るミャンマー守備陣をこじ開けられない。すると21分、森保監督は堂安に代わってMF伊東純也(ゲンク)を投入した。

 後半25分、吉田のロングフィードから伊東が最終ライン裏にフリーで抜け出したが、意表を突いたはずのループシュートはGKに読まれて得点ならず。31分、南野を下げてFW鈴木武蔵(札幌)が送り込まれた。34分、左サイドを駆け上がった長友のクロスに伊東がダイレクトボレーで狙ったが、うまくミートしなかった。

 すると後半36分、中島に代わってMF久保建英(マジョルカ)がピッチへ。18歳98日の久保は1980年に風間八宏氏が記録した19歳67日を大幅に上回る日本代表史上最年少でのW杯予選デビューを果たした。すると37分、さっそく久保の芸術的なヒールパスから酒井が突破し、低いクロスがゴール前に向かったが、鈴木とわずかに合わなかった。

 後半41分、酒井がペナルティエリア内をえぐり、マイナス方向のパスを受けた柴崎がコントロールショットを狙ったが、これもGKチョーがビッグセーブ。アディショナルタイム3分、伊東のカットインシュートもGKに阻まれ、最後まで3点目を奪えなかったが、前回予選では引き分けに終わった初戦を2大会ぶりに白星で乗り切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-43471523-gekisaka-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/01(日) 05:13:12.93 ID:hl6hQ8xf9
16歳の神童、伝説の始まりか
16歳のギニアビサウ出身FWアンス・ファティがバルセロナの歴史を塗り替えた。

バルサは8月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節でオサスナとのアウェー戦を迎えた。
1点ビハインドで後半を迎えた中、指揮官のエルネスト・バルベルデ監督はハーフタイム明け、
前節のベティス戦においてクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしていたファティを投入する。

すると、16歳がいきなり魅せる。51分、右サイドからカルレス・ペレスが入れたクロスにゴール正面でDFと競り合いながらヘッド。
高身長ではないながらも渾身のジャンプから高い打点で放たれたヘディングシュートがゴール左に吸い込まれる。
ゴールセレブレーションでは喜びを示した後、同点弾だったため、すぐさま自陣に戻る姿勢を見せるファティ。
祝福されて自陣に戻る際には手を口に当てて、自身でも驚いているような仕草を見せた。

ファティは16歳304日でのゴールとなり、これまで17歳53日のゴールで記録保持者だったボージャン・クルキッチ(現モントリオール・インパクト)、
リオネル・メッシ(17歳331日)の記録を更新し、リーガでのクラブ史上最年少ゴール記録を樹立した。また、リーガ・エスパニョーラ全体でも、元マラガのファブリス・オリンガ(16歳98日)、
アスレティック・ビルバオのイケル・ムニアイン(16歳289日)に次ぐ3番目の若さでのゴールとなっている。

バルセロナはその後、64分にアルトゥールが勝ち越し弾を記録するも、81分にジェラール・ピケのハンドから与えたPKで再び失点し、2-2のドロー。
開幕節での黒星スタートから前節に初白星を挙げたが、第3節で再び勝ち点を落とした。

なお、ファティはバルセロナの下部組織時代、今夏にレアル・マドリーからマジョルカにレンタル移籍した日本代表MF久保建英とも共にプレーした経験を持つ。
スペインメディアでは、バルサの下部組織時代に久保のパスから見事なシュートを決めた動画も紹介されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00010004-goal-socc
9/1(日) 1:54配信

no title
no title
no title

追記:ゴールシーンは2:56~
https://www.youtube.com/watch?v=doDj5pFWxFE


バルサ、16歳が衝撃の史上最年少ゴール!…も、ピケ先輩が痛恨プレー vsオサスナ戦ハイライト 31/08/2019

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077669
試合スコア

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 21:34:35.38 ID:SNqYlFkl9
>>1
FC東京が首位の貫禄勝ちで3戦ぶり白星!GKランゲラック負傷の名古屋は連敗

FC東京が勝ち点50台に到達
 明治安田生命J1リーグ第25節が30日に行われ、名古屋グランパスとFC東京がパロマ瑞穂スタジアムで対戦した。

名古屋は前節、ホームで横浜F・マリノスに1-5で大敗。5試合ぶりの黒星を喫した。パロ瑞穂での連戦となる今節は、首位のFC東京と対峙。スタートリストは前節から4人を変更。今季全試合に先発出場していた宮原和也が出場停止となり、代わって18歳のルーキー、成瀬竣平がリーグ戦初スタメンを飾った。また、古巣戦となる太田宏介も先発入りしている。

 一方のFC東京は2位の鹿島アントラーズに4差をつけて首位を走っているが、ここ2試合は勝利がない状況。前節から怒涛のアウェイ8連戦がスタート。スターティングメンバーには、前節欠場していた室屋成が復帰。また、前線には6月に続いて日本代表に招集された永井謙佑が古巣戦に臨む。

 試合は序盤から互いに前からのプレスを徹底。3バックでスタートした名古屋は18分に、FKからガブリエル・シャビエルが直接狙ったがこれはGK林彰洋がストップした。

 対するFC東京は徐々に永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラを目指して裏への意識を強める。すると27分、カウンターを発動すると、永井からD・オリヴェイラに展開。受けた9番はそのままPA内に進入すると、チェックに来た藤井陽也に倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたD・オリヴェイラがど真ん中を狙うと、一度はランゲラックがストップするも、再びD・オリヴェイラがこぼれ球を拾い、右足で押し込んでFC東京が先制に成功した。

 先制された名古屋は前半終盤にカウンターからチャンスを作るも決めきれず。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 名古屋は後半頭から成瀬を下げて前田直輝を投入し、システムを4バックに変更。一方のFC東京は大森晃太郎を代えて三田啓貴にチェンジした。

 後半に入ってもFC東京のペースは変わらず。49分、東慶悟の絶妙なスルーパスに抜群のスピードで抜け出した永井がPA左に進入。中へクロスを送ると、走り込んでいた高萩が押し込んでFC東京が貴重な追加点を奪った。

 2点をリードしたFC東京は前線に無理な人数をかけず、自陣でブロックを敷いて冷静に対応。これに苦戦する名古屋という構図になる。名古屋は54分に長谷川アーリアジャスールに代えて赤崎秀平を投入し、得点への意識を強める。

 名古屋は61分、ジョアン・シミッチがPA手前から浮き球のパスを送ると、エドゥアルド・ネットが頭で合わせるが、わずかに枠の左に逸れてしまう。

 名古屋は65分、三田のシュートを至近距離で防いだGKランゲラックが負傷。ピッチ上で治療を受けるも、プレー続行不可能となり武田洋平との交代を余儀なくされた。

 思わぬアクシデントで最後の交代枠を使用した名古屋は、その後も歯がゆい展開。70分には、太田のクロスを収めたジョーがGK林との1対1を迎え、ゴールに流し込むも、ジョーがオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定となった。

 すると名古屋は83分、シミッチの横パスを受けた前田が中へ切り込んで強烈な左足シュートを放つ。これをGK林がキャッチミスしてしまい、そのままゴールへ。名古屋が1点を返した。

 ボールを握る名古屋は、同点に追いつくべく前への姿勢を強める。中へボールを送りたいものの、FC東京も鋭いカウンターで応酬。必死にゴールを目指す名古屋に対して、FC東京もしっかりと体を張って対応。試合はそのまま終了。敵地で名古屋を2-1で下したFC東京が3試合ぶりの白星を獲得。勝ち点50台に到達。52まで伸ばし、2位・鹿島に7差をつけている。一方の名古屋はホームで痛恨の連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010042-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/25(日) 03:34:14.02 ID:l1JwIQwq9
8/25(日) 3:23配信
サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!

 プレミアリーグ第3節が24日に行われ、リヴァプールとアーセナルが対戦した。

 開幕2連勝スタートを切った両チームによる注目の一戦。アウェイのアーセナルは11分にピエール・エメリク・オーバメヤンが、飛び出したGKアドリアンのクリアボールを拾ってループシュートで狙うが、これは枠を捉えず。リヴァプールは21分、エリア内でボールをカットしたサディオ・マネが右足を振り抜くが、これはGKベルント・レノにセーブされた。

 アーセナルはニコラ・ぺぺが31分にエリア手前から左足ミドル、34分にはドリブル突破から左足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかず。リヴァプールは39分にモハメド・サラーがエリア右から右足で狙ったが、シュートは枠の左に外れる。それでも41分、トレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKをジョエル・マティプが頭で叩き込んで、リヴァプールが先制に成功した。

 1点リードで折り返したリヴァプールは48分、サラーがエリア内でダヴィド・ルイスにユニフォームを引っ張っれてPKを獲得。49分、サラーがゴール左上に突き刺してリードを2点に広げた。さらに59分、ファビーニョの絶妙な縦パスを受けたサラーが、D・ルイスをかわして右サイドを突破すると、エリア右から左足シュートを流し込み、決定的な3点目を奪った。

 3点を追うアーセナルは85分、ルーカス・トレイラがエリア中央でオーバメヤンの折り返しを受け、右足シュートを突き刺して1点を返した。しかし試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが快勝でプレミアリーグ唯一の開幕3連勝。アーセナルは今シーズン初黒星となった。

 次節、リヴァプールは8月31日にアウェイでバーンリーと対戦。アーセナルは9月1日にホームでトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーに臨む。

【スコア】
リヴァプール 3-1 アーセナル

【得点者】
1-0 41分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
2-0 49分 モハメド・サラー(PK)(リヴァプール)
3-0 59分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-1 85分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム(69分 ミルナー);サラー、フィルミーノ(86分 ララーナ)、マネ(77分 チェンバレン)

アーセナル(4-3-1-2)
レノ;メイトランド・ナイルズ、ソクラティス、D・ルイス、モンレアル;ゲンドゥージ(86分 ムヒタリアン)、ジャカ、ウィロック(81分 ラカゼット);セバージョス(61分 トレイラ);ぺぺ、オーバメヤン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00972073-soccerk-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/24(土) 19:57:50.24 ID:780hzkRv9
>>1
仲川2PK奪取にエリキ鮮烈バイシクル!宮原退場の名古屋、横浜FMとの攻撃的フットボール対決に5失点完敗

明治安田生命J1リーグは24日に第24節が行われ、パロマ瑞穂スタジアムでは名古屋グランパスと横浜F・マリノスが対戦した。

リーグ4試合負けのない名古屋グランパスが3連敗中の横浜FMをホームに迎えた、攻撃的サッカーを標榜するチーム同士の対戦。名古屋は負傷明けのDF丸山祐市を6試合ぶりに復帰させたほか、FWジョーらを起用した。対する横浜FMは、FWエリキやMFマルコス・ジュニオールらを送り出している。

試合は開始早々に動きを見せる。M・ジュニオールからのスルーパスに反応した仲川輝人がボックス内右に駆け込むと、対応した吉田豊が倒してしまい判定はPK。これをキッカーのM・ジュニオールが落ち着いて沈め、横浜FMが3分に先制する。

仕切り直す名古屋は人数をかけて横浜FMゴールに迫っていき、9分には前田直輝がボックス内でGK杉本大地まで交わして右サイド角度のないところから中央に折り返すが、ここは横浜FMのDFが決死のクリア。リードを得ている横浜FMはカウンターの機会をうかがいつつ名古屋の猛攻をしのいでいく。

名古屋がスコアを振り出しに戻せずにいる39分、再び横浜FMに決定機。左サイドでボールを持った遠藤渓太が3名を引き付けて柔らかいクロスを上げると、ボックス内中央のエリキが名古屋DFを背負いつつも胸トラップしてバイシクルシュートを放つ。エリキの加入後初得点により、横浜FMがリードを広げる。

後半に入っても猛攻を続ける名古屋だが、横浜FMが59分にもカウンターからPKを得る。遠藤のスルーパスに反応して仲川が中央に抜け出すと、宮原和也がボックス内で倒してしまいレッドカードが提示される。キッカーを務めたM・ジュニオールが再び冷静に蹴り込み、3点差をつける。なお、この得点でM・ジュニオールは今季12得点で得点ランクトップタイに躍り出ている。

点差だけでなく数的不利も抱えることになった名古屋はすぐに選手交代を敢行。前田に代えて太田宏介を投入することで守備のバランスを整えた。

すると70分、ボックス内左に侵攻していた中谷進之介が低い弾道のクロスを供給し、ジョーが飛び込む。エースに出場11試合ぶりの得点が生まれ、名古屋が1点を返す。

しかし、終盤の78分にも横浜FMのカウンターが火を噴き、遠藤のゴールで点差が3点に戻る。さらに、84分にも遠藤がダメ押しとなる5点目を沈めたところで試合が終了。この結果、名古屋は5試合ぶりの敗北を喫することに。対する横浜FMは4試合ぶりの複数得点を記録し連敗を「3」でストップさせている。

■試合結果
名古屋グランパス 1-5 横浜F・マリノス

■得点者
名古屋:ジョー(70分)
横浜FM:マルコス・ジュニオール(3分、60分)、エリキ(39分)、遠藤渓太(78分、84分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00010022-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5: 名無しさん@サカバナ 2019/08/24(土) 15:00:56.98 ID:780hzkRv9
>>1
渡辺剛がJ1初ゴールも…首位・FC東京が札幌とドローで公式戦3試合未勝利に

 明治安田生命J1リーグ第24節が24日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とFC東京が札幌ドームで対戦した。

 札幌は前節、アウェイで清水エスパルスを8-0で粉砕。クラブのJ1最多得点記録を更新する歴史的勝利を収めた。ホームでは8戦無敗と圧倒的な強さを誇り、最後に敗れたのは4月6日の第6節・大分トリニータ戦まで遡る。清水戦から先発の変更はなく、大量得点を叩き出した11人でスタートした。

 一方のFC東京は前節、無敗のサンフレッチェ広島に0-1と力負け。2位・鹿島アントラーズとの差が縮まるなど、首位堅持が安泰ではなくなってきた。流れを変えたい今節は、室屋成がベンチ外となり、右サイドバックは岡崎慎が務める。ここから始まる過酷なアウェイ8連戦をどう乗り切るかが、初優勝へ大きなポイントとなる。

 序盤からFC東京がポゼッションを高め、札幌は自陣でブロックをセットして構える展開に。永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラが背後を意識するが、札幌も前から行かずにスペースを消して対応する。

 札幌は5分に白井康介のクロスがこぼれ球になると、これにジェイが走り込んでシュートしたが、相手に当たってゴールには至らず。15分にはチャナティップがドリブルで持ち込んでシュートに持ち込んだが、GKの正面とコースが甘かった。

 一方のFC東京は22分に縦パスを受けた永井が鋭いターンからフィニッシュに持ち込んだが、GKに防がれた。

 それでも38分、FC東京は右サイドでFKを得ると、キッカーは東慶悟。正確なボールを蹴り込むと、待っていたのは渡辺剛。打点の高いヘディングシュートを叩き込み、FC東京が先制に成功した。なお、渡辺はJ1初ゴールとなった。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 後半に入ると札幌がすぐさま反撃に出る。47分、菅大輝がPA端からクロスを送ると、鈴木が反応。右足でシュートに持ち込むと、前にいたジェイに当たってコースが変わり、札ゴールに吸い込まれた。FC東京側はジェイのオフサイドを主張したものの、主審はゴールを認めて札幌が同点に追いついた。

 さらに札幌が攻め込む。同点弾の直後、波状攻撃で押し込むも決めきれず。67分にも白井のクロスにジェイが頭で合わせたが、枠を外してしまい、逆転ゴールには至らなかった。

 対するFC東京も71分、永井が左サイドで縦に仕掛けてPA左からシュートを放つ。しかし、不運にも左のポストに当たってしまった。両チームはその後、交代枠を使い、攻撃的な姿勢に転ずるが、最後までスコアは動かず。試合中に選手同士が衝突し合うなど、何度もヒートアップした一戦は1-1の痛み分けに終わっている。

 FC東京はこれで2試合未勝利となり、2位・鹿島との勝ち点差を広げることはできなかった。対する札幌は連勝は逃したものの、3試合無敗を継続している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00010011-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ