カテゴリ: 移籍情報

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/06(金) 21:10:01.73 ID:VgMJWUsd9
ワンダ・ナラ「PSG移籍は最悪の選択肢だった」

今夏にパリ・サンジェルマンにレンタル移籍したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラ氏は、今回の移籍を「最悪の選択」だったと捉えているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。

キャプテンマークはく奪や、それに伴う練習放棄が問題となり、今夏に追われる形でPSGに移籍したイカルディ。インテルからの再三の契約延長交渉を延期し続けたことで、今回の主な原因となったナラ氏が、この期に及んでPSG移籍は最悪の選択だったと語っている。

「私たちが持っていた選択肢の中で、PSGが最悪の選択肢だったわ。5人の子供たちがイタリアの学校に通っているのよ。彼らを登校させなきゃいけないのは私なの」

「多くのイタリアのクラブが興味を示していた。そっちの方が快適だったに違いないわ」

「彼(イカルディ)は小さなスーツケースだけを持って、私に全てを残してパリに行ったわ。私たちはミラノとパリの間に住むことにしたの」

現在、ナラ氏には5人の子供がおり、2人はイカルディとの間に生まれた子で、3人は元夫のマキシ・ロペス(現クロトーネ)との子だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00361160-usoccer-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/09/03(火) 07:51:32.17 ID:QYnrTqdo9
マラガでは選手登録できず

日本代表FW岡崎慎司は、今夏加入したばかりのマラガを退団することが決定した。

オーナーのアブドゥラ・アル=タニ氏による怠慢な資金繰りに苦しむマラガは、リーガ・エスパニョーラが敷くサラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の上限を上回っていることで、
新加入選手のMFホセ・ロドリゲス、そして岡崎を選手登録できない状況が続いている。
選手登録の期限は現地時間2日の23時59分までとなっているが、マラガは選手の放出が思うようにいかず、岡崎を登録できないまま期限を越える可能性が高まっている。

スペインのツイッタートレンドランキングでも「Okazaki」が4位に入るなど、その去就に注目が集まっていた岡崎。
そうした中、マラガは7月30日に契約したばかりの岡崎と契約解除に至ったことを発表した。

なおマラガは、給与が高額な岡崎を放出したことにより、マンチェスター・シティからFWロレンツォ・ゴンザレスを1シーズンの期限付き移籍で獲得したことを発表している。

混沌とするマラガを離れた岡崎。
契約解除したことによって、フリー移籍が可能となったが、新天地はどこになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010005-goal-socc
9/3(火) 7:08配信
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 17:37:30.12 ID:uF81TnOl9
8/30(金) 17:24配信
意気込み語る…

堂安律のPSV入りが正式発表…2024年までの5年契約を締結

PSVは30日、日本代表MF堂安律を2024年までの契約でフローニンゲンから獲得したことを正式に発表した。

すでにクラブ間の合意が発表されていた堂安だが、PSVでのメディカルチェックを通過してそのまま5年契約を締結した模様。新クラブが公式ウェブサイトで出した声明で移籍が実現したことについて、同選手は次のように意気込みを語った。

「PSVは常にタイトル争いに参加するとても大きなクラブです。僕はここでプレーすることを望み、そのためにチームプレーヤーとしてもっと成長していかなければいけません。ただゴールやアシストを決めるだけではここでは十分ではないと思います」

なお堂安の背番号の発表は30日に予定されている入団会見で行われるとも伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010031-goal-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/31(土) 00:14:56.09 ID:lch2bzHE9
スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)は30日、マンチェスター・CからFW食野亮太郎をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決まっている。

クラブ史上初の日本人選手となった食野は、31日にホームで行われるリーグ第4節のハミルトン・アカデミカル戦でメンバー入する可能性もあるという。

 クラブ公式チャンネルの映像では、「めっちゃ幸せです。たくさんの方々のサポートを受けてここに来れることができて、ハーツの人々の温かさを感じることができて幸せです」と喜びのコメント。また、クラブ公式サイトを通じて、「ヨーロッパのいろんなクラブを訪問しましたが、試合観戦やサポーターたち、そしてクラブの人たちを見て、ハーツが一番心地よく感じました。クラブの人たちが僕をとても欲しがっていると感じ、それが最も重要なことでした」とコメントした。

 現在21歳の同選手は、ガンバ大阪の育成組織出身で、2018年4月にJ1デビューを飾った。今季はJ1で12試合出場3得点、J3では8試合出場8得点を記録した。今夏にG大阪からマンチェスター・Cへ移籍。今月10日には、ハーツの本拠地タインカッスル・パークを訪問し、スコティッシュ・プレミアシップ第2節のロス・カウンティ戦を観戦していた。イギリス内で障壁となるビザと労働許可も無事取得し、残すは国際移籍証明の手続きだけだという。

 ハーツは1874年創設で、4度のリーグ優勝を誇る古豪。昨シーズンは6位で終わり、今シーズンはこれまで1分2敗で11位につけている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00970185-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/29(木) 11:04:03.34 ID:dCuhjIr39
8/29(木) 10:20配信
レアルGKナバスがPSG移籍へ 代役として仏代表GKとトレード移籍を交渉中

ナバスがPSG移籍で合意報道、GKアレオラとトレードか

 レアル・マドリードはコロンビア代表GKケイラー・ナバスの移籍でパリ・サンジェルマン(PSG)と合意に達したようだ。そして、代役としてフランス代表GKアルフォンス・アレオラの獲得を交渉中だとスペイン紙「AS」が報じている。


 2014年からレアルでプレーするナバスはこれまでにUEFAのチャンピオンズリーグ優勝3度に貢献してきた。しかし、昨夏にベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことにより第2GKに降格。出場機会を求めて移籍の可能性が浮上していた。

 コスタリカの地元紙「La Nacion」では現地時間28日付で、レアルとPSGがナバスの移籍で合意し、すでにジネディーヌ・ジダン監督に別れを告げたと報じられていた。AS紙もこれを認めた。

 レアルはGKのバックアッパーだったウルグアイ代表GKアンドリー・ルニン(→バジャドリー)と元U-20フランス代表GKルカ・ジダン(→ラシン・サンタンデール)を今夏にレンタル移籍させている。ナバスも放出となれば選手層に不安が浮き彫りとなるなかで、PSGとアレオラを含めたトレードを交渉中だという。

 アレオラは2015-16シーズンにビジャレアルに期限付き移籍してスペインでのプレーも経験済みだ。ASも「マドリードのファンはケイラーがチャンピオンズリーグ3度の優勝に貢献したことを忘れはしないが、これは非常に賢明な移籍になるだろう」と、アレオラとナバスのトレードは理にかなったものだと指摘している。

 フランス代表MFポール・ポグバやブラジル代表FWネイマールなど攻撃陣のビッグネーム獲得の噂に注目が集まるなかで、ナバスの移籍交渉がまもなく完了となるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00213643-soccermzw-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/29(木) 07:44:07.08 ID:aLaTqMAw9
G大阪が元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(31)を獲得することが28日、分かった。同日付でスペインメディアが報じた。
スサエタは同国1部、ビルバオで12シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めて公式戦通算511試合に出場して56ゴールを挙げたサイドアタッカー。昨季限りで同クラブを退団し、無所属となっていた。

 G大阪には元U―19スペイン代表MFダビド・コンチャ(22)が所属しており、スサエタが加入すればスペイン人選手は2人目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000011-sph-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ