サカバナブログ

     

カテゴリ: UEFAネーションズリーグ

1: Egg ★ 2018/10/15(月) 13:24:29.73 ID:CAP_USER9
サッカードイツ代表がUEFAネーションズリーグのオランダ戦に完敗し、さらにW杯王者フランスとの試合が16日に迫る中で、チームを率いるヨアヒム・レーブ監督へのメディアからの風当たりが強まっている

 13日に敵地アムステルダムでのオランダ戦に臨んだドイツは、ビルヒル・ファン・ダイクのゴールで先制されて前半を終えると、終盤にもメンフィス・デパイとジョルジニオ・ヴィナルドゥムにゴールを許し、0-3の大敗を喫した。このスコアは対オランダ戦では過去最悪の結果。最後の10分間は守備が崩壊し、アディショナルタイムのデパイのシュートがバーに当たっていなければ0-4だった。

 5月にドイツサッカー連盟との契約を2022年まで延長したばかりのレーブ監督は、試合後の会見で出た辞任の意向を問う質問に対して、「現時点ではない」と答えているが、結果が上向かない限り、立場はますます厳しくなっていく。

 今のドイツ代表は、「まわりから見ても、以前のような自信をチームが失っているのが感じられる」と監督が話す状態にある。W杯ではグループ最下位で敗退し、ネーションズリーグでもリーグA・グループ1の最下位に沈んでいる。グループ残留のためには、16日のフランス戦、そして11月19日のオランダとのホームゲームは連勝が必須となる。またフランス戦に敗れれば、過去最悪の年間6敗目となる。

 DFBのラインハルト・グリンデル会長も「W杯の後にチームが苦境に陥るのは分かっていた。大切なのはピッチの内外を問わずチームとして団結すること。こんな結果は望んでいなかったが、前に目を向けて16日のフランス戦、そして11月のオランダとの再戦に集中しなくてはならない」と話している。

 現時点では、5週間後のオランダ戦までレーブ監督の首が飛ぶことはないとみられるが、国内の大手メディアは辛らつだ。

 ドイツ最大のスポーツ日刊紙ビルト(Bild)は、「どん底のレーブ。会見では去就に関する質問にいら立ち」と報道。サッカー雑誌のキッカー(Kicker)は、レーブ監督が再出発を誓いながら何も変わっていないことを指摘し、「新たなスタート? レーブのチームはW杯のストーリーを今もなぞっている」「0-3の大敗で、今やドイツは残留争い。たまたま負けたわけではなく、ミスを繰り返した末の当然の敗戦だった」「レーブの今後に関する疑問が、またしても浮上している」と述べた。

 ほかの大手新聞も手厳しい。ミュンヘンに本社を置く南ドイツ新聞は、オランダ戦を「恐ろしい夜」と表現し、レーブ監督の契約に、満了以前に契約を打ち切る権利を連盟側、監督側の双方に与える条項が盛り込まれていることを報じた。

 また国内大手のウェルト(Die Welt)紙は、「オランダに0-3で敗戦。今のドイツは欧州の中堅国に過ぎない」とサッカー強国の誇りを打ち砕く真実を指摘しつつ、「レーブはW杯覇者であるという基礎から離れなくてはならない」と多くのファンの声を代弁した

10/15(月) 13:13配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000017-jij_afp-socc

写真
no title

【サッカー】<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる...
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539466236/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/10/09(火) 16:52:19.49 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)を率いるユルゲン・クロップ(Juergen Klopp)監督は、新設されたUEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League)を「世界でもっとも無意味な大会」とこき下ろした。

 先日行われたリーグ戦で、リバプールはマンチェスター・シティ(Manchester City)と0-0で引き分けた。この結果、両チームにチェルシー(Chelsea)を加えた3チームが勝ち点20で並んだが、得失点差により順位が分かれた。

 クロップ監督は23日間で7試合を行うという過密日程が終わったことに安堵(あんど)しているが、これからの2週間がチームの選手たちに何をもたらすのか確信を持てていない。

「もし、8試合を終えて勝ち点20だと誰かが私に言っていたとしたら、あの日程を考えると『信じるよ、なら9試合目を始めよう』と答えていただろう」

「選手たちは不運にも再びここを離れ、ネーションズリーグに出場しなければならない。サッカー界でもっとも無意味な大会にね」

 クロップ監督は、イングランド代表としてW杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場したMFジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)のケースに触れながら、選手がよりフレッシュな状態になるには適切な休養を与える必要があると述べた。

「もし生き生きとした選手を見たいのなら、夏の休暇を与えなければならない」「ヘンダーソンにいたっては夏休みがちょうど2週間しかなかった。おかしなことだが、そういうものだ」

「チームを離れることが大きな問題ではないと言っているのはそのためだ。しかし、もしどこかの代表チームの監督に電話し、1人か2人の選手をチームから除外するよう頼むと、彼らは『私にはプレッシャーがかかっている。今はネーションズリーグの時期だから』と言うだろう」

「その大会で何が得られるのか正確には知らないが、来年の夏に決勝のようなものが行われるのは確かだ。以上」 【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000023-jij_afp-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/09/12(水) 06:07:30.64 ID:CAP_USER9
UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ4第2節が11日に行われ、スペイン代表がクロアチア代表に6-0で勝利した。

 スペインは24分にサウール・ニゲスの2試合連続ゴールで先制すると、33分にはマルコ・アセンシオの豪快なミドルシュートで追加点。35分にもアセンシオのシュートが相手のオウンゴールとなり、前半だけで3点リードを得た。後半に入っても49分にロドリゴ、57分にセルヒオ・ラモス、70分にイスコがゴールを決め、大量6ゴールで圧勝。ネーションズリーグ2連勝を飾った。一方、W杯準優勝のクロアチアは大会後初の公式戦で大敗を喫し、ネーションズリーグ黒星スタートとなった。

 次節、スペインは10月15日に、クロアチアは同12日にそれぞれイングランド代表とホームで対戦する。

【スコア】
スペイン代表 6-0 クロアチア代表

【得点者】
スペイン代表:サウール(24分)、アセンシオ(33分)、オウンゴール(35分)、ロドリゴ(49分)、S・ラモス(57分)、イスコ(70分)

【スターティングメンバー】
スペイン代表(4-3-3)
デ・ヘア;カルバハル(75分 アスピリクエタ)、ナチョ、S・ラモス、M・アロンソ;サウール(65分 チアゴ)、ブスケツ(59分 ロドリゴ・M)、セバージョス;アセンシオ、ロドリゴ、イスコ

クロアチア代表(4-2-3-1)
L・カリニッチ;ヴルサリコ(20分 ログ)、ミトロヴィッチ、ヴィダ、ピヴァリッチ;ブロゾヴィッチ(62分 ピアツァ)、ラキティッチ;コヴァチッチ、モドリッチ、ペリシッチ;サンティニ(71分 リヴァヤ)

9/12(水) 5:39配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00829377-soccerk-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 3倍理論 ★ 2018/09/05(水) 22:12:31.83 ID:CAP_USER9
今年9月、UEFA加盟国によるナショナルチームのリーグ戦、「UEFAネーションズリーグ」が幕を開ける。全く新しいこの大会は、フットボールシーンをどう変えるのだろうか?

代表戦に光を当てる新しい試みがスタート

 代表戦の価値をより高めるために……。それがネーションズリーグ発足の大きな理由である。

 ワールドカップとユーロのないシーズン、欧州の代表戦線に関心を持つ人は少ない。特に近年はチャンピオンズリーグやプレミアリーグの隆盛により、人々のフットボールへの欲求はクラブレベルでほぼ満たされるようになった。CLやプレミアのビッグクラブのほうがクオリティは高く、移籍動向への興味も尽きない。そして多くのクラブの監督は代表戦に選手が呼ばれることを好まず、ファンもメジャートーナメントが近づかないかぎり、代表の試合に特別な興味を示さない。親善試合なんて、あってもなくても同じ。そう考える人は少なくない。

 UEFAはこの状況を深刻に捉え、2011年から議論を重ねてきた。そして2014年3月の総会で、ネーションズリーグの発足を満場一致で可決。記念すべき第1回大会は18-19シーズンに始まり、最初の試合は9月上旬に予定されている(以降、W杯とユーロのない2シーズンごとに開催。第2回大会は20-21シーズンとなる)。

 UEFAに加盟する55協会の代表チームがUEFAランキングによって、A~Dの4つのリーグに分けられ、各リーグの中でさらに4つのグループに振り分けられる。トップレベルのリーグAと次点のリーグBには12チーム、リーグCには15チーム、リーグDには16チームが入り、それぞれ3、4チームで構成される4グループが出来上がる。グループステージ(2018年9月~11月)ではそれぞれがホーム&アウェーで対戦。リーグAの4つの首位チームが最終ラウンドへ進出し、準決勝と3位決定戦、決勝(すべて2019年6月)を戦う。リーグB以下のそれぞれ4つの首位チームは翌シーズンに上位リーグに昇格し、最下位チームは降格する。

W杯さながらの好カードが並ぶ

 今年1月に行われた組み合わせ抽選の結果、激戦必至の好カードや死のグループがいくつも生まれている。リーグAは当然、どのグループもハイレベルなものとなるが、特にグループ1(フランス、ドイツ、オランダ)とグループ4(クロアチア、イングランド、スペイン)に注目が集まりそうだ。なにしろ、初戦からとんでもない対戦が組まれている。いきなりドイツ対フランス、イングランド対スペインと、W杯の決勝でもおかしくないようなカードが並ぶ。しかも真剣勝負だ。

 またリーグBにも、先のW杯で健闘したロシアとスウェーデンに実力国トルコが挑むグループ2がある。ボトムレベルのリーグDまで、各チームはレベルの近い相手と勝ち抜けや昇降格を懸けて対戦するため、試合が白熱するのは間違いない。

 つまり、親善試合で感じられなかった熱が感じられることになる。試合の日程は、もともと組まれていたフレンドリーマッチのスケジュールと入れ替わるだけなので、試合数も選手の負担も増えない。各国代表は継続的な強化を図れるため、全体的なレベルアップも見込める。なんだか、いいことばかりみたいだ。

 しかし物事には、良い面とそうではない面がある。例えば、常に結果が求められることにより、若手やニューカマー、戦術やシステムの新オプションを試す機会が減るのではないか、という意見がある。ただ、それも指揮官の腕の見せどころと捉えることもできるから、重大な懸念とは言えない。

 多くの人が首を傾げているのは、それとは別のところにある。ネーションズリーグ自体の着地点は、真剣勝負を重ねた末に欧州最強国を決めることだ。しかし、それと同時にこの大会はユーロ本大会の出場権争いも兼ねている。その手法に批判の矛先が向かっているのだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ