サカバナブログ

     

カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

1: スレ立て代行@ベクトル空間 ★ 2018/06/05(火) 12:32:33.88 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000014-jij_afp-socc

AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・
カリウス(Loris Karius)が、レアル・マドリード(Real Madrid)との欧州チャンピオンズリーグ(U
EFA Champions League 2017-18)決勝で失点に繋がるミスを犯した直前に、脳振とうを起こし
ていたことが4日、明らかになった。

【写真特集】欧州CL決勝、レアル・マドリード対リバプール

 この診断結果を発表したのは、米ボストンで働く2人の医師で、チャンピオンズリーグ決勝が行
われた5日後の先月31日に、マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)でカリ
ウスに対して総合的な検査を行ったという。

 両医師は、「試合の映像を注意深く再確認し、詳細な病歴や身体検査、他覚的な基準を統合した
結果、われわれはカリウス選手が5月26日の試合中に脳振とうを起こしていたという結論に至った」との声明を出した。

 カリウスはこの試合の後半4分、レアルのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)と衝突した際に肘
打ちを受けたと審判に対して主張していたが、このプレーに罰則が下ることはなかった。

その2分後、カリウスは味方選手にボールを送ろうとしたものの、相手FWのカリム・ベンゼマ(Karim Ben
zema)にボールを渡し、レアルの先制を許すというミスを犯した。
さらにカリウスはその後、ギャレス・ベイル(Gareth Bale)のシュートをつかみ損ねるという決定的なミスを
しており、リバプールの3失点目により勝敗は決した。

 両医師は脳振とうがカリウスのパフォーマンスに影響を与えた可能性はあるとし、以下のように続けた。

「検査時にカリウスが訴えた後遺症や他覚的徴候を考えると、セルヒオ・ラモスと交錯した直後に視覚的な
機能障害が生じていたのかもしれない」

 また両医師は、脳振とうを引き起こした出来事からカリウスが確実かつ安定的に改善していると話している。

「診断の結果に基づき、彼が完全に回復することを期待している」「われわれはカリウス選手に対して用心
するよう助言し、完全にプレーできるよう復帰するためには安全であることを重要視すべきだと伝えた」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: pathos ★ 2018/05/29(火) 09:45:58.13 ID:CAP_USER9
エジプトの弁護士が10億ユーロ(約1271億円)の賠償を求めてセルヒオ・ラモスに対する訴訟を起こしたことが分かった。

26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー対リヴァプールで、モハメド・サラーはラモスの激しいチャージに遭って肩を負傷。そのまま途中交代を余儀なくされ、前半のうちにピッチを去った。なお、エースを失ったリヴァプールは1-3でレアル・マドリーに敗れている。

試合中には何のお咎めもなかったが、サラーを負傷退場に追い込んだラモスのプレーに対しては非難が殺到。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「レスリングのようだった」と語り、また『Change.org』という団体が処分を求める署名の収集を開始した。

サラー自身は軽傷を強調して、ワールドカップへの出場に意欲を燃やすものの、重傷との見方も強く同選手のロシアでの大会への出場には暗雲が立ち込める。エジプト代表が久しぶりにワールドカップ出場を決めたものの、大会前にエースが負傷したことに憤りを憶えたバッセム・ワフバ弁護士はエジプト『Sada El-Balad』でレアル・マドリーDFを提訴することと発表した。

「意図してモー・サラーを負傷させたラモスは処分されるべきだ。すでに訴訟を起こし、FIFAに訴え出た。そして、ラモスがサラーとエジプト国民に肉体的、精神的苦痛を与えたとして10億ユーロ以上の賠償を求めるつもりだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000000-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: みつを ★ 2018/05/28(月) 15:56:21.54 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3176215?cx_position=22

2018年5月28日 10:59 発信地:ロンドン/英国
【5月28日 AFP】英マージーサイド警察(Merseyside Police)は27日、イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・カリウス(Loris Karius)に対するSNS上での殺害予告や脅迫について捜査中であると発表した。カリウスはレアル・マドリード(Real Madrid)とのサッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)決勝で致命的なミスを繰り返し、ファンの怒りを買っていた。

 ウクライナ・キエフで行われた決勝でリバプールは、カリウスの2度のミスが失点に直結して1-3でレアルに敗れた。

 前半、味方に投げたボールが相手FWカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)の足に当たってそのままゴールに吸い込まれ先制点を許したカリウスは、後半にはギャレス・ベイル(Gareth Bale)のロングシュートの処置を誤ってボールを後ろにはじいて3点目を与えた。

 試合終了のホイッスル後カリウスは泣き崩れたが、守護神の元に慰めに駆け寄るリバプールの選手は皆無だった。

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、2016年にドイツ・ブンデスリーガ1部のマインツ05(Mainz 05)から獲得した24歳が気の毒だとコメント。27日にリバプールのジョン・レノン空港(John Lennon Airport)にチーム機から降りてきた際、カリウスは手で顔を覆っていた。

 試合後にカリウスはミスを謝罪したが、怒りの収まらないリバプールのファンはカリウスとその家族を脅迫をした。

 SNS上にはカリウスにがんで死んでほしいというコメントや、「家族全員死んでほしい」「お前の娘を殺してやる」と言った文言があふれた。

 マージーサイド警察の広報は英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に対し、カリウスへの脅迫を捜査していると明かした。

「警察はソーシャルメディア上のこういった性質の投稿を極めて深刻に捉えている。特定された違反投稿者は捜査されることになる」

「マージーサイド警察としては、悪意あるメッセージや脅迫といった違法投稿は捜査対象であることをソーシャルメディアのユーザーに自覚してほしい」

 27日に自宅に戻るまで、カリウスは人生最大の舞台で起きた悲惨なミスを受け入れるために苦しんでいた。カリウスはツイッター(Twitter)で脅迫には触れずに、ファンに悪夢のようなパフォーマンスを再度謝罪した。

「今までよく眠れていない。あの場面が頭の中を何度もよぎる。チームメート、ファン、すべてのスタッフに謝っても謝りきれない」

「自分の二つのミスが試合を台無しにし、みんなを落胆させてしまった。前にも言ったように時間を戻したいがそれは不可能だ。僕らはレアル・マドリードに勝てると感じていたし、ずっと自分たちのプレーができていたので余計に最悪だ」

「キエフに来て、試合後でさえも僕の背中を押してくれた最高のファンに感謝したい。それを当たり前のことだとは思っていない。自分たちは大きな家族だということを再び僕に教えてくれた。ありがとう、そして僕らはもっと強くなって戻ってくる」 (c)AFP

サッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリード戦で失点を喫し、ピッチに横たわるリバプールのGKロリス・カリウス(2018年5月26日撮影)。(c)AFP PHOTO / FRANCK FIFE
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/05/27(日) 07:41:40.11 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが史上初のチャンピオンズリーグ3連覇後に退団を示唆している。『BEINスポーツ』が報じた。

レアルは26日にチャンピオンズリーグ決勝でリヴァプールと対戦。途中出場のガレス・ベイルが2ゴールを挙げる活躍を見せ、3-1で勝利して優勝を決めている。
ロナウドは「これは僕らが期待していたものだ。難しいことはわかっていたけど、リヴァプールよりも優れていることはわかっていたし、僕らは勝利に値していた」と話す。

ロナウドは準々決勝での2試合でもノーゴールに終わり、決勝でも主役の座はベイルへと明け渡した。しかし、チームとして優勝できたことが重要だと語る。

「(ベイルの活躍は)問題じゃないよ。重要なのは勝利できたことだ」
「今はこの瞬間を楽しみたい。マドリーにいられたことは素晴らしかった。これから数日の間に、いつもそばにいてくれたファンに一つの返答をしたい」

自身の去就にも触れたロナウドだが、あくまでもチームが勝ち取った栄誉を強調した。
「僕らは歴史を作り、それは求めていたものだ。誰の将来も重要ではないし、重要なのは歴史を作ったことだよ」

サッカーダイジェスト 5/27(日) 6:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000029-goal-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

UEFAチャンピオンズリーグ
レアル・マドリッド 3-1 リヴァプール

【得点者】
カリム・ベンゼマ (後半6分) レアル
サディオ・マネ (後半10分) リヴァプール
ガレス・ベイル (後半19分) レアル
ガレス・ベイル (後半38分) レアル

5/27(日) 5:39配信
ベイルがわずか122秒で驚愕バイシクル!レアル、リバプールを下して前人未到のCL3連覇
[5.26 欧州CL決勝 R・マドリー2-1リバプール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、ウクライナのオリンピスキ・スタジアムで決勝戦が行われ、レアル・マドリー(スペイン)が2-1でリバプール(イングランド)を下し、前人未到の3連覇を達成した。


 (中略)

 前半中盤には両クラブにアクシデント発生。前半26分、S・ラモスともつれながら倒れたサラーが左肩を痛めてしまう。治療後にピッチへ戻ったが、プレー続行不可能となり、プレミアリーグ得点王は涙を流しながらピッチを後にした。代わってMFアダム・ララナが入った。対するレアルは35分、右サイド深くでボールを受けたカルバハルがヒールパスを出した際に負傷。彼もまた涙し、DFナチョ・フェルナンデスと交代した。

 レアルは前半43分、PA右角あたりでパスを受けたイスコが右足でクロスを供給し、C・ロナウドがヘディングシュートを放つ。GKカリウスが弾いたボールをベンゼマが押し込んだが、オフサイドの判定により得点は認められなかった。45分には、左サイドからベンゼマがクロスを上げると、ファーサイドに走り込んだナチョが右足ボレーを放つが、わずかに右に外れ、前半はスコアレスに終わった。

 後半3分にレアルに決定機。マルセロの横パスはララナにカットされるが、PA中央にこぼれたボールにイスコが反応し、右足を振り抜く。しかし、飛び出したGKカリウスのプレッシャーもあり、クロスバーを叩いた。それでも6分に試合が動く。クロースが裏へ送ったパスはベンゼマにつながらず、GKカリウスがキャッチ。カリウスがアンダースローで味方にボールを出すと、近くにいたベンゼマが足を出してこれをカット。そのボールがそのままゴールへ吸い込まれ、レアルが先制に成功した。

 思わぬ形で失点してしまったリバプール。“キング”サラーを欠き、厳しい状況に追い込まれたかと思われたが、後半10分に試合を振り出しに戻す。ミルナーの右CKからロブレンが競り勝ち、ヘディングシュート。ゴール前にいたマネが右足でコースを変え、同点のゴールネットを揺らした。

 追いつかれたレアルは後半16分、ナチョが右サイドからクロスを上げ、イスコが右足を振り抜くが、GKカリウスが好セーブ。直後にイスコを下げてFWガレス・ベイルを入れると、この采配が奏功する。19分、左サイドからマルセロがスピードのあるクロスを供給。入ったばかりのベイルが左足バイシクルシュートを突き刺し、驚愕のゴールでレアルが2-1と勝ち越した。なお、データサイト『オプタ』によると、ベイルは入って122秒でのゴールとなったようだ。

 諦めず攻め込むリバプールは後半25分、右から切れ込んだマネがPA手前から左足を一閃。低い弾道のシュートがいいコースに飛んだが、惜しくも左ポストを叩いた。28分には、PA右からフィルミーノが上げたクロスがカゼミーロの腕に当たったが、笛は鳴らなかった。直後にスルーパスでC・ロナウドに抜け出されるが、懸命にカバーに戻ったロバートソンが体を投げ出して防ぎ、ピンチを逃れた。

 時間が刻々と過ぎていく中、リバプールは後半38分にミルナーを下げてMFエムレ・カンを投入する。しかし、直後に痛恨の失点を喫してしまう。レアルはマルセロのサイドチェンジからベイルが強烈ミドルを放つ。GKカリウスがしっかり正面に入っていたが、まさかのミス。弾いたボールがゴールネットを揺らし、レアルが試合を決定づけた。

 終了間際にはピッチに乱入者も出たが、レアルがそのまま3-1で勝利。前人未踏の3連覇を達成した。一方のリバプールはGKカリウスのミスもあり、2004-05シーズンの“イスタンブールの奇跡”以来、13年ぶりの欧州制覇とはならなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-01654293-gekisaka-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ