サカバナブログ

     

カテゴリ: リーグアン

1: 久太郎 ★ 2018/07/11(水) 16:27:40.48 ID:CAP_USER9
バルサ側が設定している移籍金は520億円
 FWネイマールだけでなく、MFフィリペ・コウチーニョもか――。パリ・サンジェルマン(PSG)が再びバルセロナの現役セレソンを補強ターゲットに定めているようだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも活躍したコウチーニョに対して、日本円にしてなんと約351億円ものオファーを出したと、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

コウチーニョは今年1月、リバプールからバルサに移籍。その際の移籍金額は1億6000万ユーロ(約208億円)と、サッカー史上2番目の高額となった。コウチーニョはその期待に応えるように、リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の国内二冠に貢献。ロシアW杯ではベスト8敗退に終わったもののスイス戦での鮮やかなスーパーミドル、コスタリカ戦でのトゥキックでの決勝ゴールなど、プレー面ではネイマール以上のインパクトを残した。

 ただその活躍ぶりに、ネイマールと同じくPSGのナセル・アル=ケライフィ会長は野心を隠していない。昨夏ネイマール獲得の際に費やした2億2200万ユーロ(約289億円)に続き、コウチーニョに対してもオファーを敢行。その額は2億7000万ユーロ(約351億円)もの額に及ぶのだという。

 しかしバルサとしては、この金額で「YES」と言うわけにはいかない。同紙も報じているが、バルサ加入の際にコウチーニョに設けた移籍金の設定額は4億ユーロ(約520億円)という天文学的な数字となっているからだ。

 とはいえ、近年の欧州サッカーのマネーゲームはインフレーションの一途を辿っている。ファイナンシャルフェアプレーが半ば有名無実化しつつある現状、“非売品”とも言えるコウチーニョの引き抜きの可能性がゼロとは言い切れない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00120614-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/07/07(土) 20:42:41.04 ID:CAP_USER9
ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリのマルセイユ移籍が決定的となっている。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』や『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。

やんちゃな性格からこれまでホットなトピックをサッカー界に提供してきたバロテッリ。驚異的なポテンシャルが評価されながら一時は伸び悩んだものの、2016年の夏にニース入りしてから復活し、5月には4年ぶりにイタリア代表入りした。

報道によれば、マルセイユはバロテッリの獲得オペレーションをほとんど終えており、細部の調整のみで交渉が完了する状況のようだ。現在27歳のバロテッリはマルセイユと2年契約を交わすとみられている。バロテッリは中国のクラブから年俸3000万ユーロ(約39億円)のオファーが届いていたが、これを拒否してマルセイユ入りするようだ。

なおマルセイユには、日本で言えば同学年となる同じ1990年生まれの日本代表DF酒井宏樹が所属している。酒井宏のアシストでバロテッリがゴールを決め、共にセレブレーションするような場面も楽しみにしたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000023-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 北村ゆきひろ ★ 2018/07/07(土) 02:39:16.35 ID:CAP_USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの獲得をクラブ公式サイトで発表した。

 ブッフォンは昨シーズン限りでユヴェントスを退団。引退も囁かれたが、フランスで現役を続けることとなった。パリ・サンジェルマンとは1年間の延長オプション付きの1年契約を結んでいる。

http://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20180707/790188.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/06/06(水) 22:49:00.79 ID:CAP_USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹にイングランドやイタリア、スペインのクラブが興味を示しているようだ。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。

2015年夏にハノーファーを去り、マルセイユの右サイドバックとして評価を高める酒井だが、今夏新たな挑戦に挑むことになるかもしれない。イギリスメディアによれば、右SBの補強を目指すロイ・ホジソンが率いるクリスタル・パレスが、サウサンプトンのDFジョエル・ワードと酒井をリストアップしているという。

また、昨年10月にマルセイユと週給5万ポンド(約730万円)で新たに3年契約を結んだ酒井を獲得するために必要な移籍金は1200万ポンド(約17億5000万円)と報じられている。そのため、同じく同選手に興味を示していると見られるブライトンやレスターは争奪戦から降りるかもしれないと伝えられた。

なお『イブニング・スタンダード』曰く、ミランやインテル、ナポリ、そしてスペインのセビージャも酒井に注目しているとのこと。日本代表としてワールドカップに臨む大型サイドバックは、今夏の移籍市場の主役の1人となるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000021-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/04/24(火) 12:15:58.55 ID:CAP_USER9
フランスのTV局が監督トーマス・トゥヘルのPSG監督就任を伝えた。ドイツ人指導者トゥヘルはボルシア・ドルトムント監督辞任後、1年間の休息をとっていた。PSGとの契約期間は2年間+1年間の延長オプション。

監督ウナイ・エメリにはクープ・ドゥ・フランスの決勝という重大な任務が残っているものの、組織としてのPSGは既に来季からのトゥヘル時代に向けて集中している。トゥヘルは既に夏の移籍シーズンに向けて、補強候補選手リストを会長に送っている。

今後2シーズン(+1シーズン)に渡り、トゥヘルは全面的に信頼され大きな決定権を有することになるが、この為に現SDアンテーロ・エンリケ氏の地位が脅かされる可能性がある。いずれにせよ宣告を付きつけられた監督エメリは、残された期間の中で結果を残すべく奮闘するだろう。


4/24(火) 11:51配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00010003-sportes-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ