アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

カテゴリ: その他の話題・ニュース

1: Egg ★ 2018/11/10(土) 00:42:54.67 ID:CAP_USER9
 人気コラム「英国人の視点」などを執筆するショーン・キャロル氏。過去5年間にわたり発表してきたコラムやレポートを厳選してまとめた1冊『英国人から見た日本サッカー “摩訶不思議”ニッポンの蹴球文化』が好評発売中。そこで、著者であるショーン氏に改めて“日本サッカーのあれこれ”についてインタビューを敢行。その第1回となるテーマは、「ここが変わってるね、日本人サッカー論」。(文:三谷悠)

●好きなのはチーム? 選手?

――ショーンさんの著書『英国人から見た日本サッカー “摩訶不思議”ニッポンの蹴球文化』でもいくつか指摘されていますが、サッカーの母国イングランド人の目から見ると、少し“奇妙”なサッカー文化が日本にはあるようです。

「イングランドには特定の選手のファンという人はあまりいません。たとえば、デイビッド・ベッカムが他のチームのサポーターから攻撃されたら、マンチェスター・ユナイテッドのファンは彼を守るけど、彼個人のファンという人はほとんどいない。もちろんカッコいいから好きっていう人や、その選手の性格やキャラクターが好きでファンになる人もいるけど、全体的には相当少ない。

この本の中で、セレッソ大阪の柿谷曜一朗がFCバーゼルに移籍したときの退団セレモニー(2014年)を批判的に書きました。イングランドでは選手に対して感謝の気持ちはあっても、ここまでエモーショナルなイベントは行いません。そこは変だと思ったし、本当にビックリしました。

プレミアリーグは世界で一番人気のあるリーグだから、たとえばニューカッスルからレアル・マドリーに移籍する選手がいたとすれば、どちらかと言うとファンは怒ります。もちろんレアル・マドリーのほうが格上だけど、ファンにとってはニューカッスルが一番大事なチームだし、「なぜ移籍するの?」という気持ちになる。

マンチェスター・ユナイテッドでもベッカムがレアル・マドリーに移籍した際、サポーターは『ありがとう。頑張ってね』で終わりです。もちろん優れた選手が引退するときには、感動的なセレモニーをすることもあります。ただシーズンが変わるときに選手が移籍するのはサッカーではよくあること。日本とイングランドで、そこは大きな違いですね」

11/9(金) 10:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00010001-footballc-socc

写真
no title
つづく
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9
国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/07(水) 08:51:33.12 ID:CAP_USER9
C・ロナウドがランク外、1位は世界が注目する19歳神童FWムバッペ
no title
(左から)ネイマール、ムバッペ、ケイン

スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」(CIES)が、世界のサッカー選手の最新推定市場価格トップ10を発表。パリ・サンジェルマン(PSG)所属のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、1億8930万ポンド(約278億円)で最高額を記録した。

 CIESは、パフォーマンス、年齢、市場性、現行の契約期間などから各選手の推定市場価格を算出。ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でゴールを挙げるなど、世界が注目する19歳の神童ムバッペが1位に輝いた。

 2位はW杯最多得点でゴールデンブーツ賞を獲得したイングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)で、1億7250万ポンド(約254億円)。2016年に世界最高額の移籍金でPSGに加入したブラジル代表FWネイマールが3位の1億7220万ポンド(約253億円)となった。

 4位は、昨季プレミアリーグで1シーズンの最多得点記録を塗り替え、リバプール移籍1年目にして、32ゴールでリーグ得点王に輝いたエジプト代表FWモハメド・サラーで、1億5120万ポンド(約222億円)となっている。

 5位は1億4980万ポンド(約220億円)のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)。6位は、31歳となった今でも世界最高選手と謳われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)で、コウチーニョよりわずかに劣る1億4920万ポンド(約219億円)だった。

 7位は1億4390万ポンド(約212億円)のイングランド代表FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、8位は1億4370万ポンド(約211億円)のベルギー代表FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、9位は1億4290万ポンド(約210億円)のイングランド代表MFデレ・アリ(トットナム)、10位は1億3790万ポンド(約203億円)のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)となっている。

 30代でランクインしたのはメッシのみ。過去10年間のバロンドールを分かち合ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)はランク外という結果だった。

つづく

11/6(火) 19:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00146092-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/06(火) 11:56:21.85 ID:CAP_USER9
38歳のロナウジーニョ氏が借金地獄に陥っているようだ。5日にスペイン紙『マルカ』が報じている

 現役時代はパリ・サンジェルマンやバルセロナ、ミランなどで活躍したロナウジーニョ氏。2003年から2008年まで在籍したバルセロナではリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、華麗なプレースタイルから“魔術師”と呼ばれた。2002年の日韓ワールドカップではブラジル代表を優勝に導いている。

 華やかな現役時代とは裏腹に、引退後は苦しい生活を強いられているようだ。同紙によると、借金返済が滞っていることを理由にブラジル裁判所から、ロナウジーニョとその兄弟に対して海外逃亡を防ぐためパスポート没収の判決を下したという。その際、ブラジル検察庁にロナウジーニョの口座が差し押さえられたが、残金は24.63レアル(約750円)しかなかったとのこと。

 そもそもの発端は、自然保護地区での違法建築にある。罰金200万ユーロ(約2億6000万円)以上の支払いを命じられたが、その支払いが滞っていた。

とはいえ、広告契約を結ぶために最近は中国や日本に行っていたとの情報も。そうなると口座の残金は今の生活様式に見合わないとの話だが、果たして…。

11/6(火) 9:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00295965-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/11/04(日) 02:03:28.20 ID:CAP_USER9
サッカーで実戦デビューを果たしたボルト氏(AP)
 陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)が、プロサッカー選手になるという夢を、引き続き追い求める意向を示した。

 8月から練習参加していたオーストラリアAリーグのセントラルコーストではプロ契約に至らなかったことが2日に発表されていた。一夜明けた3日、オーストラリア紙ヘラルドサンのインタビューで「うまく行かなかったのは悲しいが、大きな経験を積めた。願わくば、違うチームで違うチャンスを得たいね。私の代理人に連絡が届いていると思う。まだ学んでいる途中だが、すごく成長できたしうまうなっていると感じている」と前向きに語った。

 2017年8月に陸陸上から引退したボルト氏は「長年の夢」というプロサッカー選手を目指し、プロチームの練習に参加。MF香川が所属するドイツ1部ドルトムントのほか、南アフリカ、ノルウェー、そして今回のオーストラリアと、すべてプロ契約には至らなかった。

 セントラルコーストからはオファーは受けたが、地元メディアによるとクラブから提示された年俸は15万豪州ドル(約1200万円)。ボルト氏側の要求する300万豪州ドル(約2億4000万円)とは大きな開きがあった。クラブはスポンサーを募ってオファー増額を試みたものの合意には至らなかった。

11/3(土) 22:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000216-spnannex-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ