サカバナブログ

     

カテゴリ: 北中米・南米リーグ

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/11(金) 00:26:05.13 ID:CAP_USER9
エバートンFWルーニーがMLS移籍へ D.C.ユナイテッドと移籍金18.5億円で大筋合意
5/10(木) 22:31配信 Football ZONE web
https://www.football-zone.net/archives/103116
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103116-soccermzw-socc

エバートンFWルーニーがMLS移籍へ【写真:Getty Images】
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/05/20180510_wayne-rooney6744.jpg
no title

4月7日、リバプールとのマージーサイドダービーで後半12分に交代したエバートンのルーニー(左)とアラダイス監督(右)(ロイター)
http://www.hochi.co.jp/photo/20180510/20180510-OHT1I50182-L.jpg
no title

■今季古巣エバートンへ13年ぶりに復帰するも、わずか1年で再びチームを離れることに

エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッド移籍で大筋合意に達したことが分かった。
英公共放送「BBC」によれば、移籍金は1250万ポンド(約18億5000万円)とされている。

イングランド代表とマンチェスター・ユナイテッドで歴代最多得点記録を持つルーニーは、今季エバートンへ13年ぶりに復帰。プロデビューを果たした古巣で再スタートを切っていた。

しかし、わずか1年で再びグディソン・パーク(エバートンの本拠地)に別れを告げることになりそうだ。
ルーニーの代理人はすでにアメリカで交渉を行っており、ついに大筋で合意に達したと報じられている。ルーニーも移籍の意志を固めているようだ。

ルーニーは2020年までの契約でオファーを受けているという。サッカー界のスターがまた一人、アメリカに活躍の場を移すことになりそうだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/25(水) 16:03:41.78 ID:CAP_USER9
会見中に不満ぶち撒けて退任発表…ネルシーニョ監督が母国クラブを電撃退任へ
4/25(水) 15:37配信 ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?243120-243120-fl
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-01653076-gekisaka-socc

ネルシーニョ監督が母国クラブを退任へ(Getty Images)
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/244000/243120/news_243120_1.jpg

かつて柏レイソルやヴィッセル神戸などを指揮したスポルチ・レシフェ(ブラジル1部)のネルシーニョ監督が、会見中に不満をぶちまけ、退任することを打ち明けた。ブラジル『フォルハPE』が伝えている。

ネルシーニョ監督は、昨年末にスポルチ・レシフェの監督に就任。今シーズンは17試合で7勝していたが、退任を決断した理由として、希望通りの補強が行われなかったことや給与未払いにあったようだ。

24日に行われた会見でネルシーニョ監督は、「私は今日付でスポルチを辞める。サポーターには感謝しているが、このタイプの人々と一緒に働くことはできない。問題はフィールドの外にある。
スポルチに到着して4か月になるが、未だ(給与の)支払いがない。誰も私を満足させてくれない。こんな首脳陣と共にどうやってやっていけばいいんだ?」と、怒りを露わにした。

ネルシーニョ監督はさらに続け、「スポルチでの私の役割は終わったと思う。状況がいい方向に転がることを祈っている」と語り、2度率いたクラブに別れを告げた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/04/19(木) 06:14:24.29 ID:CAP_USER9
メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、今季限りでクラブを退団することが決定的となった。
18日、複数の関係者への取材で分かった。クラブ側の残留要請を断り、退団の意向を伝えたという。
本田には欧州やJリーグのクラブからオファーが届いているとみられ、6月開幕のW杯ロシア大会後の去就に注目が集まる。

日本代表の“金狼”がいよいよ動き出した。中心選手として活躍するパチューカを今シーズン限りで退団し、現状に甘えることなく、新天地を求めるという。

本田は昨年7月、今年6月までの1年契約でACミラン(イタリア)から移籍。加入した当初は右ふくらはぎのけがで出遅れたが、
8月22日のベラクルス戦で後半途中出場ながらも得点を決め、鮮烈デビューを飾った。リーグ戦は前後期合わせて10得点、公式戦では13得点を記録している(18日時点)。

後期8位のパチューカは4月28日にレギュラーシーズンの最終戦を迎える。8位までが進めるプレーオフは5月末まで開催される。
関係者によると、クラブは本田の活躍を認めながらも400万ドル(約4億2800万円)以上とされる年俸が高額と評価し、減俸での契約延長を求めていた。

昨年12月、本田は「パチューカに満足している」と退団を否定していたが、その後の交渉で折り合いがつかず。
「パチューカとの契約は延長しない」とヘスス・マルティネス会長に退団の考えを伝えたという。

2018.4.19 05:02
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180419/sci18041905020001-n1.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/04/07(土) 10:57:59.85 ID:CAP_USER9
【プエブラ 2-6 パチューカ メキシコ1部後期第14節】

 現地時間6日に行われたリーガMX後期第14節でパチューカは敵地でプエブラと対戦し、6-2と大勝した。本田圭佑はフル出場で、2ゴールを挙げている。

【動画】本田圭佑、実は試合に出ていた?仰天の真実が明かされる

 守備に不安がある立ち上がりとなったパチューカだが、23分に本田が先制点をもたらす。ボールを奪ってカウンターを仕掛けたパチューカは、アギーレが左サイドからペナルティエリア左にパス。長い距離を走って受けた本田は、トラップから素早く左足のシュートの持ち込んで1-0とした。

 その後も隙はあったパチューカだが、速攻のキレは抜群だった。38分にもカウンターで一気に駆け上がり、パラシオスがゴール。2-0で折り返す。

 こういう展開で簡単に勝てないのが最近のパチューカだが、この日は違った。

 後半開始直後の47分、パラシオスの見事なゴールで3点目が入ると、50分には本田にも2点目。ワンツーで前を向いた日本代表MFは、迷わず左足でミドルシュートを放ち、ゴール左隅に決めた。

 その後64分に失点したパチューカだが、66分にはパラシオスがハットトリック達成となるゴールを決めてすぐに4点差に。72分にも失点したが、その4分後にプエブラが退場者を出し、勝負は決まった。

 終了間際にパラシオスのゴールで6点目が決まったパチューカは、第9節レオン戦以来の白星。暫定ながら、13位から7位までジャンプアップした。

 本田はそのレオン戦以来となる得点で後期のゴール数を6に伸ばした。前期、カップ戦と合わせると12ゴールとなっている。

【得点者】
23分 0-1 本田圭佑(パチューカ)
38分 0-2 パラシオス(パチューカ)
47分 0-3 パラシオス(パチューカ)
50分 0-4 本田圭佑(パチューカ)
64分 1-4 チュマセロ(プエブラ)
66分 1-5 パラシオス(パチューカ)
72分 2-5 カバリーニ(プエブラ)
90+2分 2-6 パラシオス(パチューカ)

4/7(土) 10:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00264309-footballc-socc

【サッカー】<本田圭佑>「半々」当落線上自覚も...「やっぱ、ワールドカップには出たい」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523058325/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: shake it off ★ 2018/04/01(日) 12:26:06.75 ID:CAP_USER9
3月30日 AFP】アルゼンチンサッカーリーグ1部所属の名門チーム、インデペンディエンテ(Independiente)のユース選手たちが、スパイクや下着を見返りに売春をさせられていたと、首都ブエノスアイレスの検察当局が明らかにした。

 現地報道によると、17歳のユース選手がクラブのカウンセラーに相談したことをきっかけに、クラブ内で組織的な売春が行われていたことが発覚。この選手は別の19歳の選手とともに、ブエノスアイレスで成人男性相手に売春をするよう唆されていたという。

 マリア・ソレダード・ガリバルディ(Maria Soledad Garibaldi)検察官は、ブエノスアイレス郊外のアベジャネーダ (Avellaneda)にあるインデペンディエンテが運営する寮で暮らす13~19歳の少年全員、50人強との面会を要求した。

 現地報道によると、ガリバルディ検察官は「(26日に)面会した少年5人のうち、3人が情報を提供してくれた」「1人はそういうことはなかったとしているが、(売春を)持ちかけられたと語った。子どもたちは何が行われているのか分かっていた」と述べた。

「彼らはスパイク1足や下着と引き換えにそうしたことをするよう持ちかけられたことを、私が世間に明らかにすることを許してくれた」

 この児童売春疑惑をめぐってはサッカーの審判とその弁護士が逮捕されており、弁護士には証拠隠滅のために携帯電話を破壊した容疑も掛けられている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3169330

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ