カテゴリ: 各国代表チーム

1: Egg ★ 2019/07/17(水) 15:55:15.90 ID:GzQkgS9p9
タイ・サッカー協会は17日、昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表を16強入りへと導いた前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任すると正式発表した。西野氏はU―23タイ代表も兼任。19日に東京都内で就任会見を行う。

 西野氏はU―23日本代表監督として1996年アトランタ五輪でブラジルを撃破する“マイアミの奇跡”を演じ、柏、G大阪、神戸、名古屋とJリーグ各クラブの監督を歴任。

 日本サッカー協会の技術委員長を務めていた昨年4月にハリルホジッチ監督(当時)の解任を受けて日本代表監督に就任し、チームを16強入りへと導いた。

 9月に開幕するW杯カタール大会アジア2次予選で日本と同組となる可能性もある。

7/17(水) 15:45配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000172-spnannex-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2019/07/05(金) 17:25:23.21 ID:35Hk/ZKL9
決まってなかったの!? タイ人サッカーファンもがっかり
 7月1日、日本代表の前監督である西野朗氏がタイ代表の監督に就任するというニュースが日本とタイを駆け巡った。特にタイのファンたちは歓喜に沸いた。アジアで最も強く、憧れでもある日本代表の、しかもついこの間のワールドカップ・ロシア大会で16強に導いた監督がタイに来る。タイ国内のプロリーグも盛り上がり、タイもワールドカップ出場を目指そうとしているタイミングだ。夢に一歩近づいたと誰もが思ったに違いない。

ところが、発表翌日に帰国した西野氏が日刊紙の記者の問いかけに対し、タイ代表就任を否定するという事態になってしまった(参照:“西野朗氏がタイ代表監督就任を否定「現段階でない」”|日刊スポーツ)。いったいなぜこんなことになってしまったのか。タイのサッカー関係者に話を聞いた。

「信じられない」と思ってた人もいたタイサッカー界
 就任を否定した速報は7月3日の日本時間早朝に公開され、わずか3~4時間後にはタイでも翻訳記事が出て、サッカーファンが大騒ぎになった。タイ・サッカー協会内部でも混乱が生じたために幹部に話を伺うことができなかったが、内部事情を知るタイ人記者はこう語っている。

「協会が発表する前からすでに西野氏の就任の噂があり、概ね合意していると聞いていました。要するに早い段階で情報が漏れていたんです。ただ、契約書にサインをする前の段階という状態でした。西野氏も訪タイしてタイのリーグの試合を視察され、報道関係者は動向を見守っていたところです」

 そして1日にタイ・サッカー協会がソムヨット会長と西野氏のツーショット写真と共にマスコミへ就任を公式発表してしまう。ところが、この時点においても、実際のところは噂の段階から特に進展がなく、サインはされないまま西野氏が帰国してしまったのだ。西野氏は2日に帰国しているようだが、タイ語のニュースだったことから氏の耳には入らないまま日本に到着され、日刊紙記者の問いに西野氏本人が驚くことになったというわけ。

 前出の記者が続ける。

「このケースは正直、よくあることなんですよ。だから、多くのタイ・サッカー関係者はどうなっているのかを静観していました。実際に西野氏と協会の記者会見が行われないことには信じられないと思っていた人もいるんです」

 ほかの、タイ人・外国人問わずスポーツ紙の記者やサッカー・ビジネスに関わる人に聞くと、たとえばタイ・サッカー協会が記者会見やイベントを開催すると公式に発表しても、場所と日時が間違っていて、直前に変更されるということは日常茶飯事なのだそうだ。そのため、公式発表であっても裏を取る必要があり、複数の幹部や関係者に確認して初めて真偽がわかるということがよくあるという。

 日本の報道もタイの西野氏就任の速報を見て追随したわけだが、協会の公式発表とあっては誰だって真実だと思うだろう。よほどの人脈がない限り、本当かどうかを確認する先も結局、情報を発したタイ・サッカー協会になってしまう。それがこの騒動の顛末であった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00196306-hbolz-soci

>>2以降に続く
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/07/02(火) 00:04:20.53 ID:gPgiFwcf9
日本代表前監督の西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任することが1日、決まった。タイ・サッカー協会が発表した。

西野氏は訪問中のタイの首都バンコクで同国サッカー協会を訪れ、幹部らと会談、代表監督就任要請について、契約条件などを話し合っていた。

地元メディアによると、午後の話し合いは約3時間に及んだ。同国協会はこの日のうちの返答を求めたというが、西野氏は返答せず1度は会談の場を後にした。その後、受諾の返答をしたようだ。

来年の東京五輪出場を目指すU-23(23歳以下)代表監督を兼務するかどうかについても話し合われたようで、兼任監督を務める。

当初、年俸は5000万円とみられていたが、一部報道によると2年契約で年俸3000万バーツ(約1億1500万円)と好条件を提示されたようだ。

昨年のロシアW杯決勝トーナメント1回戦、逆転負けしたベルギー戦後、退任しており、この1年間はフリーの立場だった。

柏、G大阪などを率い、長く現場で指揮官として生き抜いてきた。現場へのこだわり、思いは強く、進境著しいタイで、再びW杯を目指す真剣勝負の場に身を置く。

タイはW杯出場経験がないが、Jリーグのコンサドーレ札幌で大活躍するMFチャナティップら逸材が多く、近年急成長を遂げ、22年W杯カタール大会出場を目指している。FIFAランキングは、日本の28位に対し、116位。切り札西野監督で、一気の急成長を目指す。

これで、森保ジャパンも含め、17日に組み合わせ抽選があるW杯アジア2次予選への注目度は一気に増した。カンボジアは、実質的な監督として本田圭佑が率い、タイを西野氏。この3人はちょうど1年前のW杯を西野監督、森保コーチ、MF本田としてともに戦った。

組み合わせ次第では、森保ジャパンに西野タイ、本田カンボジアと、日本を知り尽くす指揮官が率いるライバルが立ちはだかる可能性もある。

◆西野朗(にしの・あきら)1955年(昭30)4月7日、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。浦和西-早大から日立に入り日本代表でも活躍。90年に現役引退し指導者となる。96年アトランタ五輪では日本代表を率いブラジルを下す「マイアミの奇跡」を起こす。その後は柏、G大阪、神戸、名古屋の監督を歴任。G大阪でリーグ、ナビスコ杯、天皇杯、ACLなど数々のタイトルを獲得。J1通算270勝は史上最多。昨年のW杯ロシア大会直前に、ハリルホジッチ監督の解任を受け、日本協会の技術委員長からA代表監督に緊急登板。見事な手腕で日本を2大会ぶりの決勝トーナメントへと導いた。

7/1(月) 23:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-07010411-nksports-socc

写真
20190701-07010411-nksports-000-9-view
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/06/29(土) 01:17:57.14 ID:f0t9AyhV9
前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表の新監督に就任する見通しとなったと、28日にサイアムスポーツなど地元メディアが一斉に報じた。
既にタイ入りしており、近く正式契約する見通しで、29日には現地でリーグ戦を視察する予定という。

タイ協会は1月のアジア杯期間中にセルビア人のラエバツ監督を解任。監督代行を務めていたシリサク氏が今月で退任し、
9月開幕の2022年W杯カタール大会アジア2次予選に向けて後任の選定を進めていた。

W杯アジア2次予選の組み合わせ抽選は7月17日に行われ、第1シードの日本は第3シードのタイと同組となる可能性がある。

6/28(金) 22:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000206-spnannex-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/06/24(月) 12:49:33.49 ID:t4RUwqhN9
エジプト代表の主将を務めるMFアフメド・エルムハマディは、リバプールの前線トリデンテの一角を担う同胞のFWモハメド・サラーが、世界最高の選手3人のうちの1人という地位を獲得することができたと感じているようだ。スペイン紙「AS」が報じた。

 今季、サラーはリバプールで素晴らしいシーズンを過ごした。プレミアリーグこそマンチェスター・シティに競り負けて2位という結果になったが、先月に行われた欧州最高峰の舞台であるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝ではトットナムに2-0で勝利。CL制覇に大きく貢献するとともに、公式戦27得点、リーグ戦では22ゴールを奪って2年連続の得点王に輝いた。また現地時間21日から母国で開幕するアフリカネーションズカップにおいては、エジプトを優勝に導くためにチャレンジをしようとしている。

 エジプト代表の主将を務め、同僚の1人としてアフリカネーションズカップに出場するエルムハマディは、サラーがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと肩を並べ、世界一の地位に値する選手になったと主張している。

「サラーは現在、世界の選手でベスト3のうちの1人だ。これは国にとって、エジプト代表にとって大きなことだよ。サラーはどのチームに所属していても大いに役立つだろう。誰もが彼のパフォーマンスに期待している。これはエジプト代表にとってポジティブなことであり、優れた付加価値だ。我々は1つのチームとしてプレーするが、サラーと一緒にいることはチームとして、そして選手として我々にとってポジティブで重要なことなんだ」

 アフリカネーションズカップでエジプト代表を優勝に導くことができれば、今年のバロンドール受賞の可能性も出てくるサラー。代表チームでも、タイトルを獲得することができるだろうか。

6/21(金) 22:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00198211-soccermzw-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2019/06/25(火) 13:15:11.76 ID:Gi6mmZi39
現地時間6月24日、コパ・アメリカのグループC第3戦で、日本とエクアドルが対戦し、1-1のドロー。ともに決勝トーナメント進出を逃した。

 日本は15分に、中島翔哉が岡崎慎司に出したスルーパスをGKがクリアしたところを中島が決めて先制。しかし35分、ゴール前の混戦からアンヘル・メナに押し込まれ、同点に追いつかれてしまう。

 勝たなければベスト8に進めない森保ジャパンは後半、久保建英を中心に次々にチャンスを作り出す。だが、途中出場の上田綺世と前田大然、中島らが決めきれず、最後まで勝ち越し点を奪えなかった。

 その日本よりも決定機を作り出せず、痛み分けに終わったエクアドルのファンは、この結果に失望を隠せないようだ。同国サッカー連盟の公式ツイッターには、次のような辛辣なメッセージが寄せられている。
 
「日本のリザーブチームに勝てないなんて」
「向こうはU-23代表だろ」
「エクアドルもU-20代表の選手を入れて世代交代をしないと」
「凡戦だ」
「クソみたいな試合だった」
「何もできなかった」

 なお、グループCの最終順位は、1位・ウルグアイ(勝点7)、2位・チリ(同6)、3位・日本(同2)、4位・エクアドル(同1)となり、ウルグアイとチリが8強に駒を進めている。

サッカーダイジェスト6/25(火) 12:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00060589-sdigestw-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ