アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

カテゴリ: 海外代表チーム

1: 数の子 ★ 2018/11/19(月) 21:14:15.33 ID:CAP_USER9
元西ドイツ代表のハンス=ペーター・ブリーゲル氏は、ドイツ代表の凋落の原因は現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督にあると主張している。伊紙『レプッブリカ』が17日付でインタビューを伝えた。


 2006年以降のワールドカップとEUROの主要国際大会6大会連続で準決勝以上に進むなど、世界の強豪国の中でも最も安定した好成績を残していたドイツ代表。だが今夏のロシアワールドカップでは同国史上初となるまさかのグループステージ敗退に終わった。

 復権を期して臨んだUEFAネーションズリーグでも苦戦が続き、3試合を終えて1分け2敗と未勝利。フランス、オランダという強豪国が相手だったとはいえ、1試合を残して2部リーグにあたる「リーグB」への降格が決定してしまった。

 現役時代に2度のワールドカップ準優勝などに貢献したブリーゲル氏は、その原因が2013年から16年までバイエルン・ミュンヘンを率いたグアルディオラ監督にあると主張。同氏のもたらした新たな哲学が、ドイツの長所を消してしまったという考えを述べている。

「サッカーにおいては試合を支配することよりも結果が何より重要だというシンプルな原則が失われてしまった。勝つためには75%のボール保持率が必要だという幻想を抱いてしまっている。だがボールを支配するだけではいつも結果を出せるとは限らない」とブリーゲル氏は語る。

「近年の歴史を見ても、相手にボールを持たせて、50%未満の保持率でも勝てることが示されている。世界王者のフランスもそうだ」とブリーゲル氏。ポゼッションに重きを置くグアルディオラ氏のスタイルが、国内の強豪クラブであるバイエルンから代表チームにも影響してドイツのサッカーを変えてしまったと述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00297870-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2018/11/17(土) 10:19:47.81 ID:+INGK39S0
ネーションズリーグ降格が決定した模様

オランダが世界王者撃破! ドイツの降格決定…フランスはW杯制覇後初の黒星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00864270-soccerk-socc

7: 風吹けば名無し 2018/11/17(土) 10:22:24.07 ID:+INGK39S0
どうしてこうなったんやろなあ

2: 風吹けば名無し 2018/11/17(土) 10:20:21.15 ID:+INGK39S0
4年前は世界最強やったし有望な若手だらけでポジポジだった模様

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/11/14(水) 17:37:29.72 ID:CAP_USER9
フランス代表のディディエ・デシャン監督が、同国代表FWウスマン・デンベレの遅刻癖に言及し、エリート選手としてもう少し気を遣うべきだと注意を促した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

現在21歳で将来を嘱望されるアタッカーのデンベレだが、態度や規律面の問題についてはこれまでも何度か取り上げられてきている。最近話題になったのは、現地時間10月20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節のセビージャ戦(4-2)での出来事だ。この試合でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが右腕を骨折したために代わりに入るよう告げられたデンベレだが、同選手はその準備に10分もの時間を要し、出場していた同僚からはこれに対し不満の声が上がっていた。

 さらに続く24日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)インテル戦(2-0)では、集合時間に25分も遅れて到着。負傷中のメッシが不在の試合だったが、デンベレに出番は訪れず、ベンチ外となっていた11月11日のベティス戦(3-4)でも、会場に到着したのは試合開始の5分前。さらにハーフタイムに席を立ち、戻ったのは後半開始から4分後のことだった。

 こうしたネガティブなエピソードはスペインメディアなどで報じられていたが、フランス代表を率いるデシャン監督も記者会見でデンベレの遅刻癖について言及。「彼が遅れてきた時の言い訳は分かっているよ。いつも、自分を擁護するために『僕だけじゃない』と言うんだ」と明かし、次のように続けた。

「ウスマンには遅刻癖がある。クラブか、代表チームかは関係なく、エリート選手の日常生活の中のことをもう少しきちんとすべきだ。彼は若く、このようなことに彼が気付く可能性を信じている。繰り返し続けているが、早く改善されれば、みんなにとって良いことなのだが」

 その一方でデシャン監督は、「クラブでの日常生活に干渉はしない。選手の管理は彼らの問題だ」とし、デンベレの遅刻癖に関してバルセロナ側に連絡を入れるようなことはしないとした。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00147713-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/10/27(土) 20:39:32.77 ID:CAP_USER9
 フィリピン代表の新監督に、イングランド代表などの元監督であるスウェーデンのスベン・ゴラン・エリクソン氏が任命された。AFC(アジアサッカー連盟)公式サイトなどが伝えている。

 エリクソン監督はフィリピンサッカー連盟(PFF)と6ヶ月の短期契約を交わした。今年6月に就任していたスコット・クーパー監督と協力しつつチームを率いるとのことだ。クーパー氏は2010/11シーズンにレスター・シティでエリクソン監督とともに仕事をしたことがあった。

 今年11月には、フィリピン代表は東南アジア王者を決めるAFFスズキカップ2018に出場。続いて来年1月には初の出場権を獲得したアジアカップ2019を戦う。本大会グループステージでは韓国、中国、キルギスとの対戦が予定されている。

 現在70歳のエリクソン氏は過去にイングランド代表を率いて2回のワールドカップを戦ったほか、メキシコ代表やコートジボワール代表も指揮。クラブレベルではベンフィカ、ローマ、フィオレンティーナ、サンプドリア、ラツィオ、マンチェスター・シティなどの監督を歴任した。2013年からは中国で活動し、これまで3つのクラブを率いていた。

10/27(土) 19:34 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00294795-footballc-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/10/18(木) 16:41:36.84 ID:CAP_USER9
 パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、2年後に迫った東京オリンピック出場への意欲を示した。フランスメディア『RMC SPORT』が17日に報じている。

 19歳の若さで2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝に大きく貢献し、パリ・サンジェルマンでも活躍を続けているムバッペ。年代別代表では2016年にUEFA U-19欧州選手権を制しているが、次なる目標はオリンピック出場のようだ。

 ムバッペは「やるべきことはたくさんある。全てを勝ち取りたいんだ」と今後のキャリアに向けて抱負を語り、「代表チームでは、ユーロで勝たないといけない。そしてもう一つ、オリンピックだ。そこで戦いたいんだよ」と、2020年の東京五輪出場を見据えていた。

 ムバッペは1998年生まれの19歳で、いわゆる“東京五輪世代”の一人。すでに世界的なスターとなった若武者だが、フランス五輪代表の一員として来日する資格を持っている。東京五輪出場のためには、来年6月に行われるU-21欧州選手権でベスト4以上の成績を収める必要がある。フランスは前回のリオデジャネイロ・オリンピック出場を逃しているだけに、ムバッペにかかる期待は大きなものとなりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00849570-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ