サカバナブログ

     

カテゴリ: 海外代表チーム

1: 久太郎 ★ 2018/07/17(火) 21:50:18.86 ID:CAP_USER9
韓国サッカー協会(KFA)は16日、インドネシアで開催されるアジア大会に向けたU-23代表メンバーを発表した。オーバーエイジとして、トッテナムに所属するFWソン・フンミンも含まれている。

2018年アジア大会はインドネシアで開催。男子サッカーは8月14日から9月1日まで試合が行われる。23歳以下の大会ではあるが、各チームとも3人までのオーバーエイジ選手をメンバーに含めることができる。

 韓国は23歳以下の選手たちに加えて、3人のオーバーエイジ選手を招集。A代表のエースである26歳のソン・フンミンのほか、ガンバ大阪に所属する25歳のFWファン・ウイジョと、ロシアワールドカップでも活躍を見せた26歳のGKチョ・ヒョヌの3人だ。

 23歳以下の選手にも、ワールドカップメンバーから2人が名を連ねている。イタリアのヴェローナでプレーする「韓国のメッシ」ことFWイ・スンウと、オーストリアのザルツブルクで南野拓実のチームメートでもあるFWファン・ヒチャンがメンバーに選ばれた。

 アジア大会に参加することで、ソン・フンミンはトッテナムのプレミアリーグ序盤戦を欠場することになる。開幕戦のニューカッスル戦(8月11日)と第2節フラム戦(18日)の欠場は確実。勝ち進んだ場合には第3節マンチェスター・ユナイテッド戦(27日)、第4節ワトフォード戦(9月2日)の出場も難しくなる。

 トッテナムとしては、主力選手の一人であるソン・フンミンを欠くダメージは小さくはないだろう。それでも同選手がアジア大会に参加するのは、今大会が兵役回避のための事実上の“ラストチャンス”となるためだ。

 韓国では男性全員に約2年間の兵役が義務付けられており、サッカー選手の場合には国内の軍隊クラブでプレーすることが一般的。ソン・フンミンが欧州でプレーを続けるためには、兵役免除を受けることが必要となる。軍隊クラブには27歳までに入隊しなければならず、その前年には国内でプレーしている必要もあるため、現在26歳のソン・フンミンにもはや猶予はない。

 兵役免除のためには国際大会で好成績を収めることが必要だが、ワールドカップではグループリーグ敗退に終わった。アジア大会では金メダルを勝ち取らなければ免除を受けることはできない。優勝を義務付けられたエースを擁する韓国は、森保ジャパンと対戦することになれば非常に手強い相手となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00282008-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/07/08(日) 08:10:19.77 ID:CAP_USER9
ブラジルの至宝ネイマールが、沈黙を破った。ロシア・ワールドカップ準々決勝、ベルギー戦でのショッキングな敗戦を受け、自身のインスタグラムでその胸中を明かしたのだ。
 
 今大会での覇権奪還を目論んだセレソンは、前半のうちに2点のリードを奪われる苦しい展開。後半に反撃に打って出たが1点を返すのが精一杯で、ネイマールもどこか精彩を欠いたままだった。選手本人は、例えようのない失望感に苛まれているようだ。
 
「僕のキャリアのなかで、これほど途轍もない悲しみ、信じられない痛みを感じたことはない。僕たちはもっと大きなことをやってのける力があった。歴史を作れるほどのコンディションにもあった。でも、それは今回ではなかったんだ」

 
 ファンにとってドキリとするような言葉を綴ったのはこの直後だ。
 
「正直言って、いまはサッカーをプレーすることさえ難しいと感じている。その力が湧いてこないんだ。でも、神はまた僕を奮い立たせてくれると信じているよ。このショッキングな敗北から立ち直るためにも、神への感謝を忘れてはいけないんだ」
 
 そしてチームとファンへの謝意も忘れなかった。
 
「こんな結末になってしまったけど、ともに戦った仲間には感謝しかない。このチームの一員でワールドカップを戦えて本当に幸せだったし、心の底から誇りに思う。頭のなかにも心のなかにもずっと残るチームだ。そしてそんな僕たちをサポートし、メッセージを贈り続けてくれたすべての人びとに感謝したい」
 
 パリ・サンジェルマンでのキャリアを続けるのか、それともレアル・マドリーへの電撃移籍は実現するのかなど、スーパースターの動向には大きな関心が寄せられている。いずれにせよ、万全のコンディションでハイパフォーマンスを連発するネイマールの姿を、世界中のファンが待ち焦がれているはずだ

サッカーダイジェスト 7/8(日) 5:15
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180708-00043619-sdigestw-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/07/08(日) 23:07:56.70 ID:CAP_USER9
日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、アルジェリア代表監督に復帰することで合意したと8日、TSAなどアルジェリアの複数メディアが報じた。

 ハリルホジッチ氏はアルジェリア協会副会長とフランス・パリで交渉を重ね、合意に到達。関係者は「月給は12万ユーロ(約1560万円)から15万ユーロ(約1950万円)で、一部は政府が負担。数日中に正式契約を結ぶことになる」と見通しを明かした。年俸換算では約1億8720万円から約2億3400万円と、日本時代に近い高額報酬を受け取ることになる。

 ハリルホジッチ氏は2011~14年にアルジェリア代表を指揮。アフリカ予選を突破し、14年W杯ブラジル大会で初の16強に導いた。韓国メディアでは同代表の新監督候補にも名前が挙がっていた

7/8(日) 22:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000195-spnannex-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 豆次郎 ★ 2018/07/06(金) 16:19:10.51 ID:CAP_USER9
7/6(金) 16:01配信
韓国代表新監督候補にハリルホジッチ氏の名前が挙がる
 前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏が、韓国代表の新監督候補に挙がっているいるようだ。『聯合ニュースTV』が伝えている。

 韓国メディアの情報を総合すると、新監督人事に着手し始めた大韓サッカー協会は、W杯で韓国を率いたシン・テヨン監督の続投も視野に、10人ほどの新監督候補を挙げて選定に入っているという。

 『聯合ニュースTV』によると、中でも有力となっているのが元オランダ代表監督のルイス・ファン・ハール氏で、8月に67歳となる老将だが、経験を高く評価しているという。

 そのほかには元チェルシー監督のアンドレ・ビラス・ボアス氏や元レスター・シティ監督のクラウディオ・ラニエリ氏の名前も挙げられているが、ハリルホジッチ氏もその中に入っている。

 同メディアは「日本を指導したことでアジアサッカーはもちろん、韓国サッカーも熟知している」と指摘し、「ブラジルW杯でアルジェリアを率いて旋風を巻き起こした攻撃的なサッカーは、韓国サッカーに合っている」と就任の可能性を評価している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-01655983-gekisaka-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 23:47:58.32 ID:CAP_USER9
2018年7月4日 17時50分

 アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏がアルゼンチン代表の次期監督に立候補した。『ESPN』が報じている。

 現役時代、アルゼンチン代表として1982年から4大会連続でW杯に出場。母国を優勝に導いた1986年大会では、準々決勝イングランド代表戦で“神の手”ゴールと“5人抜き”ゴールの伝説を残した。引退後は、指導者の道に進み、2010年大会でアルゼンチンを指揮したが、準々決勝で敗れ、大会後に解任となった。

 ホルヘ・サンパオリ監督のもと、ロシアW杯に臨んだアルゼンチンは、グループリーグで苦戦を強いられ、1分1敗で迎えた最終節ナイジェリア戦を2-0で制し、辛くも決勝トーナメント進出を決めた。しかし、決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で競り負け、ベスト16で姿を消した。

 『デ・ラ・マノ・デル・10』に出演したマラドーナ氏は、アルゼンチンサッカー協会から就任要請が届いたらどうするか問われ、「ああ、無料で私が引き受けるよ。見返りは何も求めない」と即答。「多くの努力があって築かれてきたすべてのものが余りにも簡単に破壊され、嫌な気分にさせられた」と、母国の立て直しに努めたいと語った。

 果たして再びマラドーナ氏がアルゼンチンの指揮を執ることになるのだろうか。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14962785/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ