サカバナブログ

     

カテゴリ: リーガエスパニョーラ

1: Egg ★ 2018/09/09(日) 00:04:45.06 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーMFダニ・セバジョスが、昨季まで同チームを率いたジネディーヌ・ジダン氏への不満を吐露している。

スペインの将来を担うと期待される現在22歳のセバジョスは、昨夏にベティスから鳴り物入りでレアル・マドリーに加入。だがジダン氏が同選手を起用することは、ほぼなかった。

スペイン『ラディオ・マルカ』とのインタビューに応じたセバジョスは、そんなジダン氏に対して不満を抱えていたことを明かしている。

「彼になぜ自分を起用しないのか聞いたことがある。すると、自分よりも評価している選手たちがいると返答されたよ。ただクロースとモドリッチが負傷しているとき、彼は僕ではなくほかの選手を使うためにシステムを変更した。それは心が傷むことだ」

「U-21EUROで活躍を見せたのに、その直後に日陰で過ごすことを強いられた……。自分は子供の頃、ずっと彼に注目していた。彼はどこでもスター選手だったし、おそらく控え選手の気持ちが理解できないんだろう。彼もここで犯したミスから学ぶことになるはず

9/8(土) 20:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000020-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/04(火) 14:57:51.17 ID:CAP_USER9
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー退団について口を開いた。スペイン『アス』が報じている。

リーガ・エスパニョーラでC・ロナウドと長らくしのぎを削ってきたメッシ。
度々、どちらが世界最高の選手か比較されることもあったが、“ライバル”のユベントス移籍はさすがに驚いたという。

『カタルーニャ・ラジオ』に出演したメッシは「あのニュースには驚いたよ。
彼がいないレアルなんて考えたことがなかったし、ユベントスに行くとは思いもしなかった。
彼のことを欲しがっているチームはたくさんあったからね」と、当時の心境を明かした。

その上でメッシは「レアルは世界最高峰の選手が揃ったクラブで実際にとてもいいチームだ。
ただ、彼がいなくなって、少し弱くなると思う。
逆にいうと、ユベントスはチャンピオンズリーグのタイトルを獲るチャンスが増えたということになるね」と予想している。

なお、今季最初の“クラシコ”は10月28日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催される予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-01763597-gekisaka-socc
9/4(火) 10:52配信
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/03(月) 02:54:48.37 ID:CAP_USER9
開幕2試合のホーム集客率は59%、73% スーパースターの不在が影響か

レアル・マドリードは現地時間1日のリーグ第3節レガネス戦で4-1と快勝し、開幕3連勝を果たした。
スタートダッシュを決めた“白い巨人”だが、本拠地サンチャゴ・ベルナベウのスタンドでは怪現象が起きている。

「ベルナベウはいまだ満員にならず」と特集したのは、スペイン紙「マルカ」だった。

ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスのゴールで圧勝を果たしたレアルだが、
8万1044人収容のスタンドは今季一度も満員になっていない。

記事では、「ヘタフェ戦ではレアル・マドリードはここ10年の開幕戦で最少の観客の前でプレーした。
土曜日の夜はわずかばかりに向上した」と報じている。
開幕ヘタフェ戦は4万8346人で集客率は59%、今回のレガネス戦は5万9255人で73%だった。

フレン・ロペテギ新監督は、「ファンはチームをサポートしていることに疑いはない。
いつも応援してくれている。ヘタフェ戦で起きたことは日程が理由だ。だが、我々をサポートしてくれることを100%確信している」と語ったという。

ヘタフェ戦はスペインのホリデーシーズンの真っ只中に行われ、しかも現地午後10時15分キックオフ。
サポーターは足を運びにくい時間という事情もあったが、レガネス戦は午後8時45分開始だった。

今季レアルはユベントスにポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを放出したが、その後釜となるビッグネームは補強できず。
もしかしたら、マドリディスタは地味路線の補強に憤っているのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00132973-soccermzw-socc
9/2(日) 22:01配信

no title
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 豆次郎 ★ 2018/09/03(月) 05:49:15.03 ID:CAP_USER9
9/3(月) 5:45配信
37歳ホアキンがセビリア・ダービー決勝弾!! 乾貴士フル出場のベティスは今季初白星

[9.2 リーガ・エスパニョーラ第3節 ベティス1-0セビージャ]

 リーガ・エスパニョーラは2日、第3節3日目を各地で行い、MF乾貴士所属のベティスとセビージャとのセビリア・ダービーが行われた。乾は3トップの左シャドーで先発フル出場。クラブレジェンドの勝ち越しゴールでベティスが1-0で勝利し、今季初白星を手にした。

 互いにスペイン南部アンダルシア地方のセビリアをホームタウンとするチーム同士の対戦。両者は激しいライバル関係で知られており、スペイン屈指のダービー・マッチとされる。かつてセビージャにはMF清武弘嗣が所属していたが、この対戦では出場がなかったため、乾が初めてピッチに立つ日本人選手となった。

 共に3バックでかみ合わせるようなシステムを採用し、固い立ち上がりを迎えた一戦。前節アラベス戦(△0-0)に続いて2試合連続でのスタメン入りを果たした乾は3-4-2-1の左シャドーを任され、序盤から引いて受ける動きや、裏に抜けるスプリントで相手守備陣と駆け引きしていた。

 最初に動きがあったのは前半39分、ベティスはMFアンドレス・クアルダードのスルーパスにMFセルヒオ・カナレスが抜け出し、左足でゴールマウスに流し込む。だが、わずかにオフサイドラインを出ていたとしてノーゴールとなった。

 後半はセビージャが次々にチャンスをつくり、右サイドのMFヘスス・ナバスや中盤中央のMFエベル・バネガが敵陣深くに顔を出す。ところが後半21分、ハイボールをキャッチしたGKパウ・ロペスと交錯したMFロケ・メサにレッドカードが出され、1人少ない状況を強いられた。

 ベティスは後半23分、DFジュニオール・フィリポの落としを乾が受け、得意のカットインシュートを放つも大きく枠外へ。同26分には乾のドリブル突破をDFシモン・ケアーがファウルで止め、イエローカードを提示された。

 ベティスは後半30分、MFウィリアン・カルバリョに代わってクラブレジェンドのMFホアキン・サンチェスを投入。すると同35分、今季初出場の37歳が早速結果を残す。右のハーフスペースで受けたDFアイサ・マンディのアーリークロスがファーサイドに向かうと、下がりながら反応したホアキンが頭で押し込んだ。

 リーガ3試合目にして今季初の得点がダービー・マッチに決まり、それもクラブレジェンドの劇的な勝ち越しゴールとなり、スタジアムの空気は最高潮に。その後も1人少ない相手に優位な試合運びを展開し、1-0で試合終了。ダービー勝利で上位進出に向けて弾みをつけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-01755513-gekisaka-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/08/31(金) 09:53:35.64 ID:CAP_USER9
 レアル・マドリーは29日、リヨンからドミニカ共和国代表のFWマリアーノ・ディアスを獲得した事を発表した。契約期間は5年間。

 25歳のマリアーノはマドリーの下部組織出身で2016年にトップチームデビューを飾る。しかし層の厚いチームの中ではレギュラーポジションを獲得出来ず昨季リヨンへ移籍した。リヨンではリーグ開幕戦でゴールを挙げるなど合計34試合に出場し18ゴール5アシストを記録した。

 マドリーは先月にクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出した。その後、ネイマールやキリアン・エムバペ、エデン・アザールといった選手の名前が挙がっていたがマリアーノ獲得に至った。

 なお昨年リヨンがマリアーノを獲得した際にマドリーに払った移籍金は800万ユーロ(約10億4000万円)だ。今回マドリーは約4倍となる3300万ユーロ(約42億9000万円)でマリアーノを買い戻したようだ。果たしてフランスの地でブレークした男が移籍金に見合った活躍をすることは出来るのだろうか。

8/30(木) 7:40配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00287387-footballc-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ