1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/31(土) 07:39:11.89 ID:VOAXrciu9
8/31(土) 5:41配信
フットボールチャンネル

セリエA第2節のボローニャ対SPALが現地時間30日に行われた。試合は1-0でホームのボローニャが勝利を収めている。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場した。


 開幕戦に続いて冨安が右サイドバックで先発したボローニャは、加入したばかりのメデルをいきなり先発で起用。今季最初のホームゲームでベンチから指揮を執る闘病中のミハイロビッチ監督にはスタンドから大きな拍手が送られた。

 主導権を握ったのはホームのボローニャ。25分にはオルソリーニのCKに冨安がヘディングで合わせるシーンがあったが、惜しくも枠を外れてゴールならず。その後もボローニャはオルソリーニの突破力を軸に先制点に迫っていった。

 後半に入ってもペースを渡さないボローニャは、より攻撃への意識を高めていく。冨安も自らドリブルで右サイドを突破するなど、守備の時間が少ない分、攻撃にも頻繁に顔を出した。

 後半は多くのチャンスをつくりながら、決定力不足と相手GKの好守に遭ったボローニャは、なかなかゴールが生まれない。それでも後半アディショナルタイム、オルソリーニのクロスにソリアーノが合わせて、ようやく先制に成功。土壇場のゴールが決勝点となり、ボローニャが今季初勝利を手にした。

【得点者】
90+4分 1-0 ソリアーノ(ボローニャ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190831-00336417-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/31(土) 00:14:56.09 ID:lch2bzHE9
スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)は30日、マンチェスター・CからFW食野亮太郎をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決まっている。

クラブ史上初の日本人選手となった食野は、31日にホームで行われるリーグ第4節のハミルトン・アカデミカル戦でメンバー入する可能性もあるという。

 クラブ公式チャンネルの映像では、「めっちゃ幸せです。たくさんの方々のサポートを受けてここに来れることができて、ハーツの人々の温かさを感じることができて幸せです」と喜びのコメント。また、クラブ公式サイトを通じて、「ヨーロッパのいろんなクラブを訪問しましたが、試合観戦やサポーターたち、そしてクラブの人たちを見て、ハーツが一番心地よく感じました。クラブの人たちが僕をとても欲しがっていると感じ、それが最も重要なことでした」とコメントした。

 現在21歳の同選手は、ガンバ大阪の育成組織出身で、2018年4月にJ1デビューを飾った。今季はJ1で12試合出場3得点、J3では8試合出場8得点を記録した。今夏にG大阪からマンチェスター・Cへ移籍。今月10日には、ハーツの本拠地タインカッスル・パークを訪問し、スコティッシュ・プレミアシップ第2節のロス・カウンティ戦を観戦していた。イギリス内で障壁となるビザと労働許可も無事取得し、残すは国際移籍証明の手続きだけだという。

 ハーツは1874年創設で、4度のリーグ優勝を誇る古豪。昨シーズンは6位で終わり、今シーズンはこれまで1分2敗で11位につけている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00970185-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 21:34:35.38 ID:SNqYlFkl9
>>1
FC東京が首位の貫禄勝ちで3戦ぶり白星!GKランゲラック負傷の名古屋は連敗

FC東京が勝ち点50台に到達
 明治安田生命J1リーグ第25節が30日に行われ、名古屋グランパスとFC東京がパロマ瑞穂スタジアムで対戦した。

名古屋は前節、ホームで横浜F・マリノスに1-5で大敗。5試合ぶりの黒星を喫した。パロ瑞穂での連戦となる今節は、首位のFC東京と対峙。スタートリストは前節から4人を変更。今季全試合に先発出場していた宮原和也が出場停止となり、代わって18歳のルーキー、成瀬竣平がリーグ戦初スタメンを飾った。また、古巣戦となる太田宏介も先発入りしている。

 一方のFC東京は2位の鹿島アントラーズに4差をつけて首位を走っているが、ここ2試合は勝利がない状況。前節から怒涛のアウェイ8連戦がスタート。スターティングメンバーには、前節欠場していた室屋成が復帰。また、前線には6月に続いて日本代表に招集された永井謙佑が古巣戦に臨む。

 試合は序盤から互いに前からのプレスを徹底。3バックでスタートした名古屋は18分に、FKからガブリエル・シャビエルが直接狙ったがこれはGK林彰洋がストップした。

 対するFC東京は徐々に永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラを目指して裏への意識を強める。すると27分、カウンターを発動すると、永井からD・オリヴェイラに展開。受けた9番はそのままPA内に進入すると、チェックに来た藤井陽也に倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたD・オリヴェイラがど真ん中を狙うと、一度はランゲラックがストップするも、再びD・オリヴェイラがこぼれ球を拾い、右足で押し込んでFC東京が先制に成功した。

 先制された名古屋は前半終盤にカウンターからチャンスを作るも決めきれず。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

 名古屋は後半頭から成瀬を下げて前田直輝を投入し、システムを4バックに変更。一方のFC東京は大森晃太郎を代えて三田啓貴にチェンジした。

 後半に入ってもFC東京のペースは変わらず。49分、東慶悟の絶妙なスルーパスに抜群のスピードで抜け出した永井がPA左に進入。中へクロスを送ると、走り込んでいた高萩が押し込んでFC東京が貴重な追加点を奪った。

 2点をリードしたFC東京は前線に無理な人数をかけず、自陣でブロックを敷いて冷静に対応。これに苦戦する名古屋という構図になる。名古屋は54分に長谷川アーリアジャスールに代えて赤崎秀平を投入し、得点への意識を強める。

 名古屋は61分、ジョアン・シミッチがPA手前から浮き球のパスを送ると、エドゥアルド・ネットが頭で合わせるが、わずかに枠の左に逸れてしまう。

 名古屋は65分、三田のシュートを至近距離で防いだGKランゲラックが負傷。ピッチ上で治療を受けるも、プレー続行不可能となり武田洋平との交代を余儀なくされた。

 思わぬアクシデントで最後の交代枠を使用した名古屋は、その後も歯がゆい展開。70分には、太田のクロスを収めたジョーがGK林との1対1を迎え、ゴールに流し込むも、ジョーがオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定となった。

 すると名古屋は83分、シミッチの横パスを受けた前田が中へ切り込んで強烈な左足シュートを放つ。これをGK林がキャッチミスしてしまい、そのままゴールへ。名古屋が1点を返した。

 ボールを握る名古屋は、同点に追いつくべく前への姿勢を強める。中へボールを送りたいものの、FC東京も鋭いカウンターで応酬。必死にゴールを目指す名古屋に対して、FC東京もしっかりと体を張って対応。試合はそのまま終了。敵地で名古屋を2-1で下したFC東京が3試合ぶりの白星を獲得。勝ち点50台に到達。52まで伸ばし、2位・鹿島に7差をつけている。一方の名古屋はホームで痛恨の連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010042-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/29(木) 11:04:03.34 ID:dCuhjIr39
8/29(木) 10:20配信
レアルGKナバスがPSG移籍へ 代役として仏代表GKとトレード移籍を交渉中

ナバスがPSG移籍で合意報道、GKアレオラとトレードか

 レアル・マドリードはコロンビア代表GKケイラー・ナバスの移籍でパリ・サンジェルマン(PSG)と合意に達したようだ。そして、代役としてフランス代表GKアルフォンス・アレオラの獲得を交渉中だとスペイン紙「AS」が報じている。


 2014年からレアルでプレーするナバスはこれまでにUEFAのチャンピオンズリーグ優勝3度に貢献してきた。しかし、昨夏にベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことにより第2GKに降格。出場機会を求めて移籍の可能性が浮上していた。

 コスタリカの地元紙「La Nacion」では現地時間28日付で、レアルとPSGがナバスの移籍で合意し、すでにジネディーヌ・ジダン監督に別れを告げたと報じられていた。AS紙もこれを認めた。

 レアルはGKのバックアッパーだったウルグアイ代表GKアンドリー・ルニン(→バジャドリー)と元U-20フランス代表GKルカ・ジダン(→ラシン・サンタンデール)を今夏にレンタル移籍させている。ナバスも放出となれば選手層に不安が浮き彫りとなるなかで、PSGとアレオラを含めたトレードを交渉中だという。

 アレオラは2015-16シーズンにビジャレアルに期限付き移籍してスペインでのプレーも経験済みだ。ASも「マドリードのファンはケイラーがチャンピオンズリーグ3度の優勝に貢献したことを忘れはしないが、これは非常に賢明な移籍になるだろう」と、アレオラとナバスのトレードは理にかなったものだと指摘している。

 フランス代表MFポール・ポグバやブラジル代表FWネイマールなど攻撃陣のビッグネーム獲得の噂に注目が集まるなかで、ナバスの移籍交渉がまもなく完了となるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00213643-soccermzw-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 14:01:59.90 ID:uF81TnOl9
8/30(金) 14:00配信
日本代表メンバー発表! 久保建英、中島翔哉ら順当に選出。香川真司は落選

 日本サッカー協会(JFA)は30日、今月に行われるキリンチャレンジカップ2019、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ中国2023予選に挑む日本代表のメンバーを発表した。


 所属するマジョルカによって今回の代表招集がフライング発表されていた久保建英は“予定通り”メンバーに名を連ねており、中島翔哉や堂安律、南野拓実といった森保ジャパンの中心選手も順当に選出されている。また、吉田麻也や遠藤航もメンバーに名を連ねている。初招集はいなかった。

 日本代表は9月5日にパラグアイ代表(茨城県立カシマサッカースタジアム)、同10日にミャンマー代表(ヤンゴン)と対戦する。森保一監督が選んだメンバーは以下の通り。

▽GK
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)

▽DF
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

▽MF
柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ゲンク/ベルギー)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
堂安律(PSV/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)
橋本拳人(FC東京)
板倉滉(フローニンヘン/オランダ)

▽FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00336205-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@サカバナ 2019/08/30(金) 02:06:03.78 ID:SNqYlFkl9
2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ組み合わせ抽選会が29日に開催された。

昨シーズンはトッテナムとの同国対決を制したリヴァプールが14年ぶりの欧州王者に輝いたCL。そのリヴァプールはグループEで、南野拓実と奥川雅也の所属するザルツブルク、伊東純也が所属するヘンク、イタリアの強豪ナポリらとの対戦が決まった。

また、歴代最多13度の優勝を誇るレアル・マドリーは、フランス王者のパリ・サンジェルマン、クラブ・ブルッヘ、長友佑都が所属するガラタサライと同組に。リーガ王者のバルセロナとドルトムント、インテル、スラヴィア・プラハが同居したグループDは非常にタフな組み合わせとなっている。

CLグループステージ第1節は、9月17日と18日に開催。決勝は、2020年5月30日にトルコのアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥで行われる。CLグループステージ組み合わせは以下のとおり。

【グループA】
パリ・サンジェルマン(フランス)
レアル・マドリー(スペイン)
クラブ・ブルッヘ(ベルギー)
ガラタサライ(トルコ)

【グループB】
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
トッテナム(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)

【グループC】
マンチェスター・シティ(イングランド)
シャフタール(ウクライナ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
アタランタ(イタリア)

【グループD】
ユヴェントス(イタリア)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
レヴァークーゼン(ドイツ)
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

【グループE】
リヴァプール(イングランド)
ナポリ(イタリア)
ザルツブルク(オーストリア)
ヘンク(ベルギー)

【グループF】
バルセロナ(スペイン)
ドルトムント(ドイツ)
インテル(イタリア)
スラヴィア・プラハ(チェコ)

【グループG】
ゼニト(ロシア)
ベンフィカ(ポルトガル)
リヨン(フランス)
ライプツィヒ(ドイツ)

【グループH】
チェルシー(イングランド)
アヤックス(オランダ)
バレンシア(スペイン)
リール(フランス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010000-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







    ↑このページのトップヘ