アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

1: Egg ★ 2018/12/10(月) 18:49:05.14 ID:CAP_USER9
写真
no title

フローニンゲンの日本代表MF堂安律はすでにビッグクラブ移籍の噂が複数浮上しているが、英メディアではマンチェスター・シティが来年1月の移籍マーケットで獲得を目指していると報じられた。


「マン・シティは1月に日本人スターの卵獲得を目指す」

 こう報じたのは英メディア「TEAMtalk」だ。フローニンゲンでブレーク中の堂安の獲得をシティが熱望しているようだと特集している。

「小柄なアタッキングミッドフィールダー」と称されている堂安に対しては、シティ以外にもチェルシーやアーセナル、アトレチコ・マドリード、そしてMF香川真司の所属するドルトムントも関心を持っていると言われる。

 そうしたなかで、シティのスカウトは堂安の視察を続けているという。ライバルクラブの動きも盛んに報じられるようになり、出し抜かれることを恐れているとも記されている。

 それでもシティは、フローニンゲンが元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の若手有望株とも期待される堂安の獲得に自信ものぞかせているという。記事ではシティは1月中に獲得を決めたうえで、2020年夏までは引き続きオランダでプレーさせる可能性があると具体的な話も出てきている。シティは将来有望な堂安をじっくりと育てていくプランを持っているのかもしれない。

 海外挑戦2年目ながら日本代表の主力にも定着し、ビッグクラブが追いかける存在となった堂安。ペップ・グアルディオラ監督率いるメガクラブへの移籍は現実のものとなるだろうか

12/10(月) 18:40 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/153372
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/12/09(日) 20:00:47.29 ID:CAP_USER9
 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会決勝が9日に行われ、浦和レッズとベガルタ仙台が対戦した。

 13分、浦和はCKの流れからクリアボールを拾った宇賀神友弥がダイレクトボレー。豪快な一発で浦和が幸先良く先制した。この得点が決勝点となり、試合は1-0で終了した。

 浦和が本拠地・埼玉スタジアム2002で12大会ぶり7度目の天皇杯優勝を成し遂げた。また来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権も獲得している。

【スコア】
浦和レッズ 1-0 ベガルタ仙台

【得点者】
1-0 13分 宇賀神友弥(浦和)

【スターティングメンバー】
浦和(3-5-2)
西川周作:岩波拓也、阿部勇樹、槙野智章:橋岡大樹、青木拓矢、宇賀神友弥、長澤和輝、柏木陽介(62分 柴戸海):武藤雄樹(84分 李忠成)、興梠慎三(90+4分 ズラタン)

仙台(3-4-3)
シュミット・ダニエル:平岡康裕、大岩一貴、板倉滉:椎橋慧也(80分 矢島慎也)、奥埜博亮、古林将太(67分 関口訓充)、中野嘉大:野津田岳人、ジャーメイン良(67分 阿部拓馬)、石原直樹

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00874669-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/09(日) 06:59:29.06 ID:CAP_USER9
【シント=トロイデン 1-1 スタンダール・リエージュ ベルギー1部第18節】

現地時間8日に行われたベルギー1部リーグ第18節でシント=トロイデンはスタンダール・リエージュをホームに迎え、1-1の引き分けで試合を終えた。
鎌田大地と冨安健洋はフル出場。遠藤航は出場しなかった。
鎌田は今季リーグ戦10点目となるゴールを記録している。

リーグ戦4連勝中のシント=トロイデンは、この日も鎌田がゴールを決めた。
前半終了間際、ペナルティエリア左手前でパスを受けた鎌田はトラップで前を向いてゴール前に侵入すると、飛び出してきた相手GKを冷静にかわして無人のゴールに流し込んだ。

後半に入って59分に追いつかれたシント=トロイデンは、再び勝ち越すことができず、1-1の引き分けで試合終了。暫定で4位となっている。

【得点者】
45+1分 1-0 鎌田大地(シント=トロイデン)
59分 1-1 ウラレ(スタンダール・リエージュ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300379-footballc-socc
12/9(日) 6:24配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/bel/bel-11154455.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
得点ランキング
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/08(土) 21:20:58.50 ID:CAP_USER9
J1参入プレーオフは8日に決定戦が行われ、ジュビロ磐田が東京ヴェルディを2-0で下してJ1残留を決めた。名波浩監督が試合後の会見でこの一戦に進退をかけていたことを明かした。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

立ち上がりから主導権を握った磐田は、41分に小川航基がPA内でGK上福元直人に倒されたとしてPKを獲得。
これを小川航が自ら決めて先制点を奪った。後半も一貫してペースを崩さない磐田は80分に田口泰士の直接FKが決まり、残留をほぼ手中に。
最後まで集中を切らさず、盤石の試合運びをした磐田が勝利し、執念のJ1残留を決めた。

試合後の会見で開口一番「今日は質問をなしということでお願いします」と言い放った名波監督。
「その代わり皆さんが欲しているであろうことをすべて話すつもりでいるので」と残留に至る道のりを語っていった。

「今シーズンを振り返るなかで、皆さんも言ってましたけど、『(勝ち点)41というポイントで、こういう残留争いをしなきゃいけなかったのはちょっと不運でしたね』
という声をいろんなところで聞きました。でも、僕はそういうふうには思っていない」

なぜならば「夏場に4試合連続で引き分けた時に、もう残留争いするぞというなかで、
16位というものをちょっと見ながらやらなければならない状況だった」と振り返る。

そのうえでJ1参入プレーオフを戦うことは「十分に想定の範囲内だった」と明かし、
「最悪のことを想定してメンバー構成なり、戦術を組んできたつもり」と、リスクマネジメントを図っていたことを強調した。

一方で「チームとして必要のない一試合だったのは確かですし、ましてあの最終節の残り30秒までは、我々が16位ではなくて、三つか四つ上の順位にいたはずなのに、
そこに突き落とされたあの感覚というものは、おそらく個人的にも、それから選手たちも一生忘れないと思う」と続けた。

「僕が監督に就任して、山形の山岸にヘディングシュートを決められた」

名波監督にとってプレーオフは、苦い経験を味わった場でもある。2014年のJ1昇格プレーオフ準決勝。
ヤマハスタジアム(磐田)にモンテディオ山形を迎えた磐田は、終了間際にGK山岸範宏にCKからヘディングシュートを叩き込まれた。
監督就任初年度、意気揚々とJ1昇格を目指す磐田、そして名波監督にとっては辛すぎる展開であった。
しかし、指揮官は「あんなものの何十倍、何百倍とそれを引きずったその後の日曜日、月曜日になったんじゃないか」と
今季最終節の川崎フロンターレ戦の敗戦にショックを受けたという。

それでも「それを踏まえると選手たちは今シーズン、連敗をしても、チーム状況が悪くても下を向かずに常に明るくやってくれたと思う。
今の話でいくと、今週の切り替えというものも素晴らしかった」と、選手の姿勢を褒め称えた。

最後に「昨日の夕方5時、ナイターもつけていない真っ暗な状況でボールを蹴ってるベテラン選手、今日の朝8時半から(メンバーの)18人に入れなかった選手たちが
自発的にボールを蹴っている姿を見て、こんなチーム負けるわけないと確信した」と名波監督。

「負けたら間違いなく辞めるつもりでいましたけど、来シーズン向けて正直今話せることはない。この1週間のせいで、
選手との契約とかの問題でクラブにもちょっと迷惑かけるかもしれないんですけど、少し時間をもらえればいいかなと。このゲームに至った責任はすべて僕にあることは、事実なので
。今現状そこまでしか話せないかなというところです」と締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010009-goal-socc
12/8(土) 18:03配信
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/12/08(土) 16:00:33.27 ID:CAP_USER9
J1参入プレーオフ決定戦のジュビロ磐田vs東京ヴェルディが8日にヤマハスタジアムで開催された。

今季の明治安田生命J1リーグで16位となった磐田と、J2の6位から参入プレーオフで大宮アルディージャ、横浜FCを下して勝ち進んできた東京Vが来季J1で戦うべく相まみえた。

引き分けでも残留を決めることができる磐田は、リーグ最終節の川崎フロンターレ戦から中村と川又に代えて、長期離脱から約8カ月半ぶりの復帰となるアダイウトンと小川航基を先発起用。一方、勝てば11年ぶりにJ1の舞台に舞い戻る東京Vは、2回戦の横浜FC戦から渡辺皓太と李栄直に代えて梶川とドウグラス・ヴィエイラを起用した。

試合序盤はホームサポーターの声援を背にする磐田が能動的に仕掛けていく。トップの小川航がボールを引き出す動きを見せながらサイドアタックを仕掛ける磐田は、21分にゴールへ迫る。大久保からの浮き球パスをゴールエリア左付近で受けた山田がシュートに持ち込む。これが枠を捉えるが、うまく間合いを詰めてきたGK上福元のファインセーブに遭う。

ハーフタイムにかけても磐田が押し気味に試合を進める。すると40分、先発に抜擢された小川航が仕事をする。大久保からのスルーパスで最終ライン裏を突いた小川航に対して、東京VのGK上福元が飛び出す。一足先にボールに触った小川航は、GK上福元に倒される。これでPKを獲得すると、小川航が自ら冷静にこのチャンスを冷静にモノにし、磐田にリードをもたらした。

迎えた後半、昇格へ2点が必要な東京Vは早々にドウグラス・ヴィエイラを下げてレアンドロを投入する。前半よりも攻撃に重心を置くと、64分には奈良輪に代えて李栄直を送り出す。65分には、その東京Vにチャンス。FKから林陵平が頭で折り返すと、ゴールエリア右付近でレアンドロが枠内シュートを放つ。しかし、これはGKカミンスキーのセーブに阻まれる。

終盤にかけてリスクを冒して攻め始めた東京Vに対して、磐田は77分にカウンターから2点目に迫る。右サイドで抜け出した大久保がボックス右で右足を強振。鋭いシュートがゴールに飛んだが、GK上福元にわずかに触られたボールはバーに弾かれる。

それでも、80分には磐田が大きな追加点を奪取。ペナルティアーク右でFKを獲得すると、田口が直接狙う。味方がかがんだ壁を狙ったシュートをゴール左に突き刺し、磐田がスコアを2-0とした。

その後、3点が必要となった東京Vに対して、磐田は無理なく試合を進めてシャットアウト。ホームで意地を見せた磐田がJ1残留を決めた一方、東京Vは11年ぶりのJ1復帰はならなかった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010003-goal-socc

磐田 2-0 東京V
[得点者]
41'小川 航基(磐田)PK
80'田口 泰士(磐田)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:14,588人
https://www.jleague.jp/match/j1j2playoff/2018/120801/livetxt/#live
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ