サカバナブログ

     

1: THE FURYφ ★ 2018/07/16(月) 17:18:02.24 ID:CAP_USER9
ロシアワールドカップは現地時間15日に決勝が行われ、クロアチアを破ったフランスの優勝で幕を閉じた。大会得点王に贈られる
ゴールデンブーツ賞は、計6ゴールを記録したイングランド代表のFWハリー・ケインが受賞している。


イングランド人選手の得点王は1986年大会のゲーリー・リネカー氏に続いて32年ぶり2人目。計6得点もそのリネカー氏に並び、
イングランド人選手の最多タイ記録となった。

しかし、ケインの得点王に対してはやや厳しい評価もみられる。米『Yahoo!』の評論家ヘンリー・ブッシュネル氏は「ハリー・ケインが
ワールドカップ史上最も印象に残らないゴールデンブーツを受賞」と論評。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』も「ハリケーンはあまりにも
早く収まった」と否定的な見方を伝えた。コロンビア誌『セマナ』は「ハリー・ケインはワールドカップ史上最低の得点王か?」と論じている。

その理由は様々だが、ひとつは大会序盤にゴールを量産しながら明らかに調子を落としていったこと。グループリーグの最初の2試合で
5ゴールを記録したケインだが、その後は決勝トーナメント1回戦のコロンビア戦でPKによる1点を加えたのみで、準々決勝以降の3試合では
無得点だった。

得点を記録した相手を見ても、グループリーグで5点を奪ったのはチュニジアとパナマ。得点ランク2位タイの4ゴールを記録したベルギーの
ロメル・ルカクが全得点を同じ2チームから奪っていることを考えても、組み合わせに恵まれた部分もあったかもしれない。

得点の内容もケインに対する冷めた見方の理由のひとつ。今大会は全体的にセットプレーからの得点が多い大会となったが、ケインも
6得点中3得点がPK。2点はCKから押し込んだもので、オープンプレーからの得点は1点のみ。その1点は、味方のシュートがケインの足に
当たってコースを変えるという“偶然”のゴールと言うべきものだった。

なお、準々決勝以降でゴールを決めることなく得点王になった選手は24年ぶり。1994年大会ではグループリーグのカメルーン戦で1試合5得点を
記録したロシアのオレグ・サレンコが、計6得点でブルガリアのフリスト・ストイチコフと並んでの得点王に輝いた。それ以外では、4得点で6人の
得点王が生まれた1962年大会で、そのうち2人がグループリーグのみで得点を記録したという例があったのみだ。

いずれにしても、ケインが今大会最多のゴール数を記録し、イングランドの28年ぶり4強進出という好成績に貢献したことは確か。
所属するトッテナムでもゴールを量産する若きエースは世界の舞台でも結果を残した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00281837-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 3倍理論 ★ 2018/07/16(月) 09:11:32.12 ID:CAP_USER9
サッカーW杯ロシア大会でベスト16入りした日本代表のMF柴崎岳(26)と今月末までに結婚することが明らかになっていた女優真野恵里菜(27)が16日、ブログを更新し、ファンに結婚したことを報告した。

 「応援してくださっている皆様、お世話になっている皆様へ。私事で大変恐縮ですが、この度、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました柴崎岳さんと今月入籍致しましたことを、ご報告させていただきます。昨年より様々な言葉が飛び交ってしまい、皆様には沢山の混乱やご迷惑、ご心配をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。お互いの仕事を尊重し合い、お互いの家族を大切に想い、結婚までの道のりを二人でひとつひとつ経て、夫婦となれた時に皆様へお伝えしたいと思っておりましたので、本日この場でのご報告とさせていただきました。多くは語らずひたむきに努力し続ける彼はとても素敵で、私もたくさん刺激をもらっています。そんな彼の力になれるように、そしてこれから始まる夫婦生活にたくさんの笑顔が溢れるように、私にできること、たくさんのことを学びながら日々精進してまいります。至らない点も多々あるかと思いますが、どうか温かく見守っていただけますと幸いです」。

 関係者によると、2人は16年秋に知人の紹介で知り合い、昨年初旬までに交際に発展した。スペインリーグで活躍する柴崎と真野とは、約1万キロ離れた国際間の遠距離恋愛だったが、静かに愛を育んできた。2人は今年に入ってから、周囲に結婚の意思を報告し、互いの両親にも伝えていたという。4月には「結婚の意思を固めた」と報道されたが、2人の間では「W杯が終わるまでは結婚の具体的な話はしない」と決めていたという。だが、ロシアでの戦いを終えた柴崎が帰国したことから、近く婚姻届を提出する方向を決めたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00269702-nksports-ent
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/15(日) 21:43:02.00 ID:CAP_USER9
乾貴士、代表監督は「8年続けるとかの方が面白い」
2018年7月15日18時28分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201807150000669.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00269229-nksports-socc

「君も!次の世界を狙え! 夢の2on2エキシビションマッチ」の試合前、相談するサッカー日本代表の大迫(左)と乾(撮影・垰建太)
no title

「君も!次の世界を狙え! 夢の2on2エキシビションマッチ」で記念写真に納まるサッカー日本代表の大迫、アシックスジャパンの小林社長、乾(撮影・垰建太)
no title

「君も!次の世界を狙え! 夢の2on2エキシビションマッチ」の2on2マッチで笑顔を見せるサッカー日本代表乾(右)。左は大迫(撮影・垰建太)
no title

W杯ロシア大会の日本代表FW大迫勇也(28=ブレーメン)とMF乾貴士(30=ベティス)が15日、都内でアシックスのイベント「2 on 2 エキシビションマッチ」に出場し、小中学生らと2対2の対戦を楽しんだ。

大迫はW杯初戦のコロンビア戦で1得点、乾はセネガル戦とベルギー戦で得点し、日本の16強進出に貢献した。
「時の人」となり、乾は「W杯前は電車に乗っても騒がれなかった。最近は、新幹線でも顔バレもしますし、少し影響はあったのかな」と反響の大きさを振り返った。

決勝トーナメントでは、3位になったベルギーをあと1歩まで追い詰めた。
乾は今後の日本サッカーに「あの悔しさを知っている人が(監督を)やるべき。あの中にいた人が監督になれば日本サッカー界のためになる」と自身の意見を述べ
「今までは4年やってやめて、というやり方なので、1度、誰かが8年続けるとかの方が面白いんじゃないかなと」と続けた。

また、大迫は鹿島の後輩であるDF植田直通のベルギー移籍にエールを送った。
大迫は、自身が海外移籍を経験したことで「周囲に左右されずに自分を出せるようになった」と振り返り、植田の選択に「すごくいい判断したと思います。海外でもまれることで、選手としても人間としても一回り成長すると思う」と話した。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/07/13(金) 23:00:44.73 ID:CAP_USER9
▽4年後のカタール・ワールドカップ(W杯)は、やはり厳しい日程での戦いが強いられることになりそうだ。ジャーナリストのジョー・クラン氏が、自身のツイッター公式アカウント上(@YesWeCrann)に投稿している。

▽2022年12月18日に決勝を行うことが、2015年3月時点で発表されているカタールW杯。カタールの夏の酷暑を考慮し、例年の6月から7月にかけてではなく、冬の開催が見込まれていた。

▽海外のリーグの多くが8月終盤から9月初めに開幕を迎えることから、スケジュール面で無理があるとの指摘もされていた。その為、国際サッカー連盟(FIFA)内部で度重なる議論が行われていることが伝えられていたが、変更はないようだ。

▽クラン氏は13日、「(ジャンニ・)インファンティーノ会長は認めたよ。2022年のワールドカップは11月21日から12月18日に開催されることになる」とツイート。また、インファンティーノ会長の「世界各地のリーグには既に情報が伝わっているし、もちろん適応するだろうね」との発言も伝えている。

▽通常は31日から32日間かけて行われるW杯だが、上記の日程であれば27日間の開催となる。4、5日間の短縮が選手の疲労にどの程度の影響を与えるかは定かではないが、シーズン中の開催であることと合わせて考えても、異例の大会となることは間違いなさそうだ。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320515
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 金魚 ★ 2018/07/16(月) 04:07:43.82 ID:CAP_USER9
世界の頂点を決める現地時間15日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝で生まれたフランス代表の先制点に批判が集まっている。
20年ぶりの優勝を目指すフランスと初優勝を狙うクロアチアの一戦は、セットプレーでフランスが先制した。
このゴールはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが敵陣で獲得したファウルから生まれたが、
ツイッターでは「ダイブ」の大合唱が湧き上がっている。

 フランスは前半18分、FWアントワーヌ・グリーズマンが中央やや右サイドの25メートルほどの位置でFKを獲得した。
主審はファウルを言い渡したが、相手との接触はほんのわずか。
アメリカで生中継していた衛星放送「FOXスポーツ」の解説者はリプレーを確認しながら「グリーズマンのダイブ」と批判している。

 そしてこのFKが試合を動かした。グリーズマンは自ら中央に合わせるボールを蹴り込むと、
これがクロアチアFWマリオ・マンジュキッチの頭に当たってコースが変わってゴールへ。
準決勝で決勝点を挙げたストライカーが、まさかの形で先制点を献上してしまった。すると、
ツイッターでは世界のサッカーファンから様々な声が上がっている。

「グリーズマンは明確なダイブ」
「グリーズマンの恥辱のダイブ」
「愚かなダイブ」
「グリーズマンはダイブ。ポグバはオフサイド。VARは運用されているのか?」

https://www.football-zone.net/archives/122125
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ