サカバナブログ

     

9: 久太郎 ★ 2018/09/16(日) 18:03:09.60 ID:CAP_USER9
>>1
浦和が苦手・横浜FMを攻略!宇賀神&武藤弾で3試合ぶりの白星/J1第26節

明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、横浜F・マリノスと浦和レッズが対戦した。

横浜FMは現在公式戦3連勝中と上り調子。今節は右サイドバックの松原健が累積警告のため出場停止に。イッペイ・シノヅカが先発入りを果たした。日本代表に選出された天野純もメンバーに名を連ねた。

浦和は今節もオズワルド・オリヴェイラ監督がベンチ入り停止処分のため、大槻毅ヘッドコーチが指揮を執る。前節はホームでセレッソ大阪に1-2で敗れて連敗中。下位が混戦模様だけに、今節の結果次第では残留争いに巻き込まれる可能性がある。スタメンには、ケガで離脱したファブリシオの位置にマルティノスを起用。武藤雄樹と2シャドーに入った。ダブルボランチは青木拓矢と長澤和輝が組んだ。

試合は9分、浦和は右サイドでボールを持った橋岡大樹がクロスを供給すると、中で待っていた興梠慎三がシュートを放ったが、これはGK飯倉大樹のセーブに阻まれた。16分にも再び橋岡のクロスに今度は宇賀神友弥がボレーで合わせたが、ミートしなかった。

対する横浜FMは17分に右サイドで走り出していた仲川輝人が裏へ抜け出すと、中へグラウンダーの速いクロス。これに伊藤翔が合わせたが、あと一歩のところで決めることができない。22分にも仲川が宇賀神を軽やかに交わし、中へカットインしてシュートを放ったが、枠を外してしまった。

するとスコアレスで迎えた43分、浦和はPA左手前からのFKを得ると、キッカーは武藤。グラウンダーのクロスを入れるが、クリアされてしまう。しかし、こぼれ球に宇賀神が右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。アウェイの浦和が前半終了間際に先制点を奪取した。

後半、浦和はマルティノスを下げて荻原拓也を投入する。しかし、流れはホームの横浜FMに。53分に左CKのこぼれ球に仲川が反応してシュート。58分にも再び仲川が狙うなど、横浜FMが攻勢を強める。アンジェ・ポステコグルー監督は65分に大津祐樹を下げてチームトップスコアラーのウーゴ・ヴィエイラを投入。するとこの交代策が奏功する。69分、天野のスルーパスを受けた遠藤渓太が左サイドからグラウンダーのクロスを送ると、待っていたのウーゴ・ヴィエイラ。落ち着いて収めて左足で流し込み、横浜FMが同点に追いついた。これでウーゴ・ヴィエイラは対浦和戦で2試合連続ゴール。今季リーグゴール数も二桁の10点に乗せた。

しかし79分、浦和は青木のロングボールに抜け出した武藤がワントラップでPA内に進入。飯倉との1対1を制して勝ち越しゴールを奪った。

浦和はその後、長澤を下げて阿部勇樹を投入し、試合を締めに行く。ボールを保持する横浜FMに対して、奪ってから一発のカウンターで応酬。横浜FMの猛攻を最後まで抑えきり、タイムアップ。浦和が対横浜FMで7試合ぶりの白星を手に。リーグでも3試合ぶりの勝利を収めた。一方の横浜FMは、勝ち点を伸ばすことができず降格圏が迫っている。

■試合結果
横浜F・マリノス 1-2 浦和レッズ

■得点者
横浜FM:ウーゴ・ヴィエイラ(69分)
浦和:宇賀神友弥(43分)武藤雄樹(79分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00010010-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: X_ファイル ★ 2018/09/16(日) 13:21:59.75 ID:CAP_USER9
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーとトロントが16日に対戦。LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがこの試合でキャリア通算500ゴールを記録した。

 0-3とリードされた状況で迎えた43分、イブラヒモヴィッチは味方からのロングパスに反応。体を半回転させた上、このパスを右足のアウトサイドで直接決めた。“イブラヒモヴィッチらしい”ダイナミックなゴールで節目の500ゴール目を記録。

 クラブ公式ツイッターでは、節目となった衝撃のゴール映像と共に「うそだろ?」という文章を載せたツイートを更新した。

 イブラヒモヴィッチは代表で62得点、所属クラブで438得点を記録している。出場試合数と得点数の詳細は以下の通り。

・マルメ…47試合 18ゴール
・アヤックス…110試合 48ゴール
・ユヴェントス…92試合 26ゴール
・インテル…117試合 66ゴール
・バルセロナ…46試合 22ゴール
・ミラン…85試合 56ゴール
・パリ・サンジェルマン…180試合 156ゴール
・マンチェスター・U…53試合 29ゴール
・LAギャラクシー…22試合 17ゴール
・スウェーデン代表…116試合 62ゴール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00831783-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/16(日) 05:14:17.33 ID:CAP_USER9
ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが罰金処分を食らった。
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

主な理由は、従来の88kgから103kgに達した体重の超過。
さらに、シーズン前のチームへの合流遅れも関係しているという。

ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「自分でオフサイドに引っかかっている」とバロテッリへの罰金処分を明かしている。

なお、今月の代表ウィークでイタリア代表に招集された際の体重は、99.7kgだった模様だ。

2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。信頼回復に努めたいところだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/15310697/
2018年9月15日 15時5分 超ワールドサッカー
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/09/16(日) 05:57:31.35 ID:CAP_USER9
「普段からフェルナンド・トーレスと練習で対峙している」
no title

J1リーグ26節]鳥栖 1-0 広島/9月15日/ベアスタ
 
「はっきり言って、うちのフェルナンド・トーレスのほうが良い選手なので」
 
 広島のパトリックを抑えられた要因について、鳥栖の守護神・権田修一はこう言った。たしかに、ホームに首位チームを迎え、1-0で完封勝利を飾ることができたが、その言葉の真意とはなんだろうか。
 
「普段から高橋祐治やジョアン(・オマリ)はフェルナンド・トーレスと練習で対峙している。彼を止めるのに比べたら、そんなに(パトリックとのマッチアップは)たいした問題じゃない。パトリック選手はJリーグで点を取っているかもしれないですけど、ちょっとジョアンが何回かひっくり返っちゃったくらいで、あとはあんまりピンチにならなかったのは、そういうところもあるのかなと思います」
 
 権田の言う通り、広島戦の目立ったピンチは後半、左サイドでJ・オマリがパトリックと入れ替わったシーンくらいだろう。同じエリアで似たようにもう一度突破を許したが、どちらも守護神のセーブもあってゴールを割らせなかった。
 そのふたつの場面を除けば、高橋祐もJ・オマリもパトリックに対してエアバトルで互角の戦いを演じていた。また前者に関してはカバーリングも冴えており、クリーンシートの立役者だったと言える。彼らの守備力についても、権田は“トーレス効果”だと説明した。
 
「トーレスのようなレベルの高い選手がサガン鳥栖に入ってくれるのは良い効果がある。普段の練習で金崎夢生もそうですけど、彼らのようなレベルの高い2トップと常に練習で対峙できる。空中戦で言えば豊田(陽平)選手と競り合うことができる。そういうところは日本でトップクラスの3人だと思うので、そういう選手たちと対峙できて成長できている部分もあると思う」
 
 F・トーレスに加えて金崎や豊田も加入した後半戦は、広島(〇1-0)、川崎(△0-0)、FC東京(△0-0)と上位3チームにすべて無失点。これも、今夏に加入した強力攻撃陣の効果なのかもしれない。
 
 首位の広島に大金星を挙げ、15位に順位を上げた。残留争いは続くが、それだけ鳥栖の守備陣に絶大な影響を与えているのだから、今度は強力アタッカー陣のゴールラッシュに期待したい。

9/16(日) 5:30 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180916-00047317-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/09/15(土) 22:15:40.79 ID:CAP_USER9
9月15日、ブンデスリーガ2部の第5節が行なわれ、グロイター・フュルトのMF井手口陽介がホルシュタイン・キール戦で2点目のゴールを決めた。
 
 52分にケイタ=リュエルのゴールで先制してから8分後、フュルトはレーゼが右サイドからペナルティーエリアに侵入、マイナスに折り返す。これをアタンガがダイレクトのヒールパスでゴール前に入れると、走り込んだ井手口が右足のつま先で合わせてゴール左隅に流し込んだ。
 
 井手口は今夏にイングランドのリーズから1年間のレンタルで加入。これまでベンチ入りはあったものの、この試合がドイツでのデビュー戦だった。
 
 試合は序盤、アウェーのキールが7割近くボールポゼッションを誇り、フュルト陣内で長くプレーが展開されていたが、徐々に盛り返していったホームチームが後半に攻撃のギアを上げ、理想的な点の取り方で有利な状況を生み出していった。
 
 なお、相手のキールには、やはり今夏にレッドブル・ザルツブルクに加入した奥川雅也が所属しており、初のベンチ入りも果たしていたが、日本人対決は残念ながら実現しなかった。
 
 試合はフュルトが、83分にもケイタ=リュエルが追加点を挙げ、88分に1点をキールに返されたものの、これ以上の反撃は許さず、2連勝を飾った。ここまでキールは3勝2敗。次節は23日にハイデンハイムと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00047313-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ