アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

 セリエA第26節が25日に行われ、ローマとミランが対戦した。

 ローマは21日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでシャフタールに1-2と敗戦。敵地で痛い黒星を喫した。中3日で迎える今節、先発メンバーにはディエゴ・ペロッティやラジャ・ナインゴラン、パトリック・シックらが名を連ねている。
 一方のミランは公式戦4試合連続完封勝利中と、安定した戦いを続けている。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグのルドゴレツ・ラズグラド戦から中2日で迎えるアウェイゲーム、先発メンバーにはGKジャンルイジ・ドンナルンマやレオナルド・ボヌッチ、パトリック・クトローネ、スソらが名を連ねた。

 スコアが動いたのは後半開始早々だった。48分、ミランのスソがペナルティーエリア右手前でボールを持つと、浮き球をゴールエリア右側へ供給。走り込んだクトローネがGKアリソンの前でワンタッチで合わせ、ゴールネットを揺らした。
 リードを奪ったミランは74分、ペナルティーエリア手前のニコラ・カリニッチがスルーパスを通すと、走り込んだダヴィデ・カラブリアが最終ラインの背後を取り、トラップからループシュートを決めて2点目。勝利を引き寄せた。

 試合は2-0で終了。ミランが敵地で快勝し、公式戦5試合連続完封で勝ち点3を手にした。次戦は28日、コッパ・イタリア準決勝でラツィオと対戦。来月4日にはセリエA第27節でインテルとのダービーマッチを控えている。
 ホームで完封負けを喫したローマは次節、来月3日にナポリと対戦。首位相手のアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ローマ 0-2 ミラン

【得点者】
0-1 48分 パトリック・クトローネ(ミラン)
0-2 74分 ダヴィデ・カラブリア(ミラン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00721145-soccerk-socc


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/02/26(月) 06:08:49.95 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、リーガエスパニョーラでの通算300ゴールを達成した。1試合1得点を上回る驚異的なペースでゴールを重ねている。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 マドリーは現地時間24日に行われたリーガ第25節の試合でアラベスと対戦し、4-0の勝利を収めた。C・ロナウドは前半終了間際に先制点を決めたのに続いて、61分には自身2点目のゴール。終了間際に獲得したPKを決めればハットトリックとなるところだったが、そのキッカーはFWカリム・ベンゼマに譲った。

 この日の2得点により、C・ロナウドはリーガでの通算得点数が300ゴールとなった。370ゴールを記録しているバルセロナのFWリオネル・メッシに続き、歴代2人目の快挙となる。

 C・ロナウドは2009年にマドリーに加入して8シーズン半あまりで285試合に出場し300得点を達成。1試合平均で1.04点を記録している。スペイン紙『マルカ』によれば、リーガ通算得点数の上位10人の中で最も高い得点率であり、1試合平均1点を越えている唯一の選手となっている。

 メッシは407試合に出場して370ゴールを決めており、1試合平均では0.90得点。メッシが300ゴールを達成したのは326試合出場の時点であり、C・ロナウドの方が41試合も早いペースでの達成ということになる

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257945-footballc-socc

【サッカー】<C・ロナウド>ベンゼマにPK譲り称賛!「本物のチームスピリットを見せた」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519569022/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/02/26(月) 11:36:31.37 ID:CAP_USER9
ウサイン・ボルト、ついにサッカー選手に!?「チームと契約した。火曜日に発表する」

 陸上界のスーパースターであるウサイン・ボルト氏は、サッカー選手になる夢をいよいよ実現させるのかもしれない。サッカークラブと契約を交わしたとSNSで明かしている。

 五輪で通算8個の金メダルを獲得し、100mや200mなどの世界記録を保持する「人類最速の男」ボルト氏は昨年夏に陸上競技を引退。その後は、以前からたびたび意欲を見せていたサッカー選手としてのプレーに本格的に取り組もうとする様子を見せてきた。

 そのボルト氏は、25日にツイッターの公式アカウントで短い動画を投稿。その中で、「あるサッカーチームと契約した。どのチームなのか、今週火曜日のGMT午前8時(日本時間17時)にお知らせする」と話している。

 マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンとしても知られるボルト氏は、来月にはMF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントの練習に参加する予定であることを以前に明かしていた。先月には南アフリカの強豪クラブであるマメロディ・サンダウンズの練習にも参加していた。

 本当にどこかのクラブでプロサッカー選手としてプレーすることが決まったということなのだろうか。27日の発表に注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00258054-footballc-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 3倍理論 ★ 2018/02/25(日) 19:09:03.53 ID:CAP_USER9
『La Provance』は24日、マルセイユに所属している日本代表DF酒井宏樹のインタビューを掲載した。

ハノーファー96との契約が満了となってからフランスに渡り、マルセイユに加入した酒井宏樹。

同じポジションにライバルが少なかったこともあって初年度から多くの出場機会を獲得し、大きな成長を見せた。

彼は90分に及ぶインタビューで以下のように話し、マルセイユでプレーしてきた1年半について様々なことを語った。

酒井宏樹

(マルセイユではどんな感じ?)

「完璧だよ。クラブレベルでは、最高のパフォーマンスを出すことに集中できるよう、あらゆることが行われる。

町について言えば、素晴らしいよ。これは重要なことだ。前に住んでいたドイツとは違う。負けた日も、慰めになるね」

(今季はあまり負けていませんが)

「そうだね。ただ負けていないからこそ、敗北はより重いものになるね」

(ファンとの関係は?)

「僕はアジア人だから、人々は簡単に見つけてくるね。とても暖かいものを感じるよ。

彼らはよく僕に話しかけてくるし、写真を求める。全体的には英語で、少しだけフランス語で話すよ。

いい関係がある。皆とてもフレンドリーだ。ただ、うまく行かなくなったらすぐに変わるってことは知っているけどね。模範的にしなければならないよ」

(マルセイユの何が好き?)

「海と丘だね。リラックスできる。マルセイユに来た時、まるでバカンスに来たかのように感じたよ。

ただ、その環境のおかげでONとOFFの切り替えが上手く出来ているよ」

(マルセイユでの最初の日について教えてくれる?)

「多くの書類にサインしたよ。それから車を借りて、領事館に情報を貰いに行ったんだ。

生活のこと、安全のこと、避けるべき場所とかね。それから家族が来るのを待った。1週間後に来てくれたよ。その準備をしたいと思っていたよ」

(君が来てからマルセイユは大きく変化した。オーナーも、会長も、監督も。この変化は君を苦しめた?)

「いいや。この種の変化は起こると言われていたからね。重要なのは、このクラブが進化すること。僕はエリートの素晴らしい選手ではないからね」

(君は謙虚だね。いつも自分は偉大じゃないと話す。なぜ?)

「控えめなわけじゃないよ。現実的なだけだ。技術的に素晴らしい選手になることは、難しいと思っている。

ただ、ピッチの中でいい選手になりたい。チームの勝利に貢献できるようなね。僕はチームの組織としての働きに全力を尽くしている」

(ここに来てから一番の驚きは?)

「ヨーロッパの気候と言えば、僕はいつもドイツが基準だった。マルセイユのような晴れる場所があるなんて知らなかった!

クラブが我々をどれだけケアしてくれているか、それについても驚いたよ。

マルセイユは僕の家族のために様々なことをしてくれた。家を世話して、ビザを取って、車も…。問題があればすぐに解決されるんだ。

それにはびっくりしたよ。日本ではこんなことはなかったからね」

(マルセイユには素晴らしい雰囲気があるね。仲間が君にアドバイスをしているのもよく見ているよ。どんな感覚?)

「仲間は僕をよく助けてくれるよ。ロッカールームでも、ピッチの中でもね。

アディル・ラミのような選手が雰囲気を作ってくれる。彼は僕によく話すよ。理解できない時は、彼が説明してくれる。とてもいい関係があるよ」

(フランス語については?)

「少しずつ改善しているよ。今は多くの言葉がわかるようになった。ピッチの上では、監督や他の選手が言っていることは理解しているよ。フランス語でもね。

個人的にはまだ英語でコミュニケーションを取っているけど、フランス語の勉強は続けるよ」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/02/25(日) 06:01:03.93 ID:CAP_USER9
<明治安田生命J1:湘南2-1長崎>◇第1節◇24日◇BMWス

 V・ファーレン長崎の高田明社長(69)は24日、長崎市内に新たなホームスタジアムの建設を検討している件について「この市でなければいけないというマストではないと思っています。でも選択肢の中で、そこが1番、集客の立場からも出来るのではないかという考えの中でやっている」と語った。

 長崎は同県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎をホームにしているが、アクセスに問題があるとの声があり、高田社長もその点を認めている。その中、三菱重工が公募し16日に応募を締め切った、JR長崎駅の北約500メートルにある、本年度末に閉鎖する長崎造船所幸町工場の跡地約7ヘクタールの事業者公募に、ジャパネットホールディングスが入札したもようと一部で報じられた。公募にはジャパネットホールディングスのほか、JR九州など複数が応募しているとも報じられている。

 高田社長は24日の湘南ベルマーレとの開幕戦後、記者の取材に応じた。その中で、22日に長崎市の田上富久市長を訪ね、同市内にホームスタジアム建設を検討していることを明らかにした件について質問を受けた。報道を踏まえ「具体的なことは、あまり語るべきじゃないと思う。報道で出ている企業の一端と考えてもらえばいい」と入札については認めた。その上で「サッカーを通して何が出来るか。今、長崎を元気にするって、どういうことかということに、本気で取り組む姿の1つと考えてもらうといい」と、故郷の長崎を盛り上げたい思いから動いていると語った。

 一方で「スタジアム構想をジャパネットホールディングスがやろうというのは、ビジネスから考えたら投資は厳しいです。でも、そこの部分じゃないんですよね」と、ビジネス面を度外視していることも強調。その上で「私と、ホールディングスの…長男ですけど、考えているものは一致している。そういう思いの中に、3月に入る頃だから、そういうお話も少ししていいのかなというので、そういう発言をしたということ」と親会社のジャパネットホールディングス社長であり長男の旭人氏とも考えが一致しているとも断言した。

 また長崎市の入札について「場所(長崎市)は人口が1番多い、アクセスがすごくいいということ」と語る一方で「極端に言えば、長崎県全部がホームタウンなんですね。対馬も平戸も、みんな。(新スタジアムが)ある島に出来て、そこに全部が集まって、長崎が栄えるようなチーム作りをしていくべきじゃないかなという思いの中で…。非常にハードルも高いですけど、やろうとしています。分かりません、結果はどうなるか…」とも語った。

 トランスコスモススタジアム長崎では、3月3日にサガン鳥栖とのホーム開幕戦、10日には浦和レッズ戦と大きな連戦が控える。高田社長は、アクセスの改善に苦慮して取り組んでいることも明かした。「ここ2カ月、寝ずに考えるくらいアクセスの問題があって。有料、無料駐車場、シャトルバス、JRの列車…末端の細かいところまで変えていかないと、うまくいかない。3、10日は検証する1番の機会で、変えるべきところは変えていく」とアクセス問題に正面から取り組む姿勢を示した。【村上幸将】

2/24(土) 23:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00134826-nksports-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ