アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

1: 豆次郎 ★ 2018/03/27(火) 23:32:16.01 ID:CAP_USER9
3/27(火) 23:24配信
SOCCER DIGEST Web

“オウンゴール未遂”の酒井高は何度も裏を取られ…

【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
【警告】日本=原口(58分)、植田(77分) ウクライナ=ステパネンコ(45+1分)、ソボル(55分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】柴崎岳(日本)
[キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン
 
【日本代表・総評】
4.5
前半はシュートが少なすぎた。打てそうな場面でもパスに切り替えていたあたりは疑問。守備に目を移してもカウンターを抑えきれず、ピンチは少なくなかった。後半は中盤を支配される時間帯が多く、負けて当然の試合だった。
 
 
【選手採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 5.5
21分に決められたシュートは植田に当たったこともあり反応するのは難しかった。2失点目も致し方ないが、49分にハイボールを処理できなかったプレーは減点対象だ。
 
DF
5 長友佑都 5.5
原口との距離感が微妙でワンツーなどで抜けるシーンは前半に限ればほとんどなかった。守備では後手に回ることもあり少し安定感を欠いた。

20 槙野智章 5.5
CFベネディンの強靭なフィジカルに苦戦。41分に柴崎のFKにヘッドで合わせて同点ゴールとチームを盛り上げたものの、2失点目はなす術がなかった。
 
21 酒井高徳 4
高いポジショニングのせいか、対峙したコノプリャンカに何度も裏を取られた。16分に“オウンゴール未遂”とネガティブな印象が先行。
 
22 植田直通 5.5
フル代表でCBを任されるのは初めてだが、15分に自陣で縦パスをミスしたのはいただけない。後半も相手のスピードにやや翻ろうされた。

同点弾を演出した柴崎のFKは芸術点も印象点も高い

【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
マリ戦に続いて先発した槙野(左)は、前半終了間際にセットプレーからゴールを挙げた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
MF
7 柴崎 岳 6(79分OUT) MAN OF THE MATCH
6分の守備からのスルーパスは見事。槙野の同点弾を演出したFKは芸術点も印象点も高い。後半はディフェンスの強度が落ちたように見えたが、あえて選ぶなら日本のMOMはこのMFか。
 
16 山口 蛍 5
ビルドアップ時に動き直す動作が少なく、パス回しを停滞させた。守備面ではデュエルで劣勢を強いられ、全体的に低調だった。
 
17 長谷部誠 4.5(81分OUT)
40分にバッグパスを失敗したように細かいミスが散見。中盤のフィルターになりきれず、危険なカウンターを複数回浴びている。珍しく乱調。
FW
4 本田圭佑 5(64分OUT)
開始直後にスライディングで素晴らしい守備。組み立ての局面ではボールをシンプルに叩いていたが、肝心のシュートは……。
 
8 原口元気 5.5(87分OUT)
ボールを持った時は躍動感が感じられたが、周囲のサポートに恵まれずシュートになかなか持ち込めなかった。本人も納得はいっていないはずだ。
 
9 杉本健勇 4.5(56分OUT)
前線からの守備はだいぶ効いていた。ただ、攻撃面では後方からのボールになかなか合わせられず、目に見える結果を残せなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00037812-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/03/27(火) 18:16:42.35 ID:CAP_USER9
サガン鳥栖は27日、ブルガリアのベロエ・スタラ・ザゴラに所属するMF加藤恒平(28)が完全移籍で加入すると発表した。
ハリル・ジャパンにサプライズ選出された経験を持つMFが電撃移籍を果たした。

千葉U-18出身の同選手は立命館大在学中、卒業を待たずに単身海外へ。アルゼンチンでプレーした後、2012年は町田に所属し、J2リーグ戦29試合に出場した。
その後はモンテネグロ、ポーランドを経て、16年からブルガリアに移籍。17年にはキリンチャレンジ杯とロシアW杯最終予選に臨む日本代表に選出されていた。

同選手はクラブの公式サイトを通じて、「このタイミングで鳥栖に加入するチャンスを頂けたことに感謝しています。たくさんの人のおかげでここまで来ることができました。
ここから始まる新しい挑戦にわくわくしています。少しでも早くチームの力になり、サポーターのみなさんの前でプレーを見せられるように努力します。
ピッチ内外関わらず声援を頂けるような選手を目指します。サガン鳥栖に関わるみなさん、よろしくお願い致します」などとコメントしている。

3/27(火) 17:19配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-01651992-gekisaka-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/03/27(火) 10:15:41.79 ID:CAP_USER9
国際親善試合が26日にスイスで行われ、ポルトガル代表とオランダ代表が対戦した。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの出場権を逃し、再出発を期すオランダ。ロナルド・クーマン監督の就任後初戦となった23日の国際親善試合・イングランド代表戦では0-1と完封負けを喫した。ユーロ2016王者のポルトガルと激突する一戦、先発メンバーにはGKヤスパー・シレセンやフィルジル・ファン・ダイク、メンフィス・デパイらが名を連ねている。

 対するポルトガルは23日の国際親善試合でエジプト代表に2-1と勝利。後半アディショナルタイムにクリスティアーノ・ロナウドが連続ゴールを決め、何とか逆転を果たした。中2日で迎える一戦、先発メンバーにはC・ロナウドのほか、アンドレ・ゴメスやアドリエン・シルヴァ、リカルド・クアレスマらが名を連ねた。

 均衡を破ったのはオランダだった。11分、自陣左サイドでボールを奪うと、パスをつないで敵陣中央を突破。右サイドへ展開し、ドニー・ファン・デ・ベークがペナルティーエリア右側から縦へ送ったボールにメンフィス・デパイが反応する。デパイは倒れ込みながら右足ダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 幸先良く先制に成功したオランダは32分、右サイド深くからマタイス・デ・リフトがシュート性のクロスを供給。ニアサイドに飛び込んだバベルがヘディングシュートを突き刺し、追加点を奪った。さらにオランダは前半アディショナルタイム、右サイドで得たFKに反応したデ・リフトがファーサイドからヘディングで折り返し、ファン・ダイクが右足ボレーをゴール右隅へ。3-0とリードを広げ、前半を終えた。

 後半は互いに選手交代を繰り返しながら試合を進めていった。ポルトガルは61分、ジョアン・カンセロが2枚目のイエローカードを受けて退場に。3点ビハインドに加えて数的不利に陥った。それでも反撃を期して攻勢をかけたものの、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

 試合は3-0で終了。オランダが快勝し、R・クーマン監督就任後初白星を収めた。

【スコア】
ポルトガル代表 0-3 オランダ代表

【得点者】
0-1 11分 メンフィス・デパイ(オランダ代表)
0-2 32分 ライアン・バベル(オランダ代表)
0-3 45+2分 フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00734146-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: pathos ★ 2018/03/26(月) 21:15:42.88 ID:CAP_USER9
 ロシア・ワールドカップで使用される公式球「TELSTAR18」が、GKにとっては非常に対処しづらいボールであるとして批判の声が上がっている。元パラグアイ代表GKのホセ・ルイス・チラベルト氏もスペイン『アス』紙のインタビューで問題点を指摘した。
 スペイン代表のGKダビド・デ・ヘアやホセ・マヌエル・レイナ、ドイツ代表のGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンらは、ロシア大会で使用される公式球について、GKにとっては軌道の予測が困難な動きを見せるボールだとして不満を述べている。レイナによれば、ボールの表面も「プラスティックのフィルムで覆われて」いて非常にキャッチしにくいという。

「(ワールドカップでは)ロングレンジからのゴールが少なくとも35点は決まるだろうね」とレイナはコメント。ブラジル代表のDFダニエウ・アウベスも、「シュートを打つ者には最高、セーブする者には最悪」とこのボールを評している。

 自らフリーキックやPKを蹴る名物GKとして知られたチラベルト氏も「TELSTAR18」に批判的だ。「この高いレベルで、こんなボールでプレーしなければならないのは本当に恥ずべきことだ」と同氏は語る。

「主役であるGKたちや選手たちの意見は誰も気にしていない。FIFA(公式サッカー連盟)は試合で決まるゴールを増やすことだけを考えているが、スター選手であるGKたちがポテンシャルを発揮できないのは気にしないようだ」

「これからGKたちは、(GKとして)優れているだけでなく、魔法使いにもならなければいけない。予言者になる必要がある」とチラベルト氏は、ボールの軌道が読めないことを強調。またキッカー側の立場からも、蹴り慣れたボールと感触が異なるため扱いにくいという感想を述べている。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180326-00262564-footballc-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/03/26(月) 23:31:12.14 ID:CAP_USER9
イタリア4部リーグのセリエDで、試合中にGKが小便をして一発退場になるという珍事が起きた。25日、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ.com』が伝えている。

メッシーナに所属する21歳のGKアルマンド・プリスコは25日のイジェア・ビルティス戦で先発出場。しかし「1日に2、3リットルの水を飲む」というプリスコは、
試合の日も「スタジアムに着いたときやウォーミングアップ中、ロッカールームに帰ってからとハーフタイムにも飲んだね」と水を飲むことを続けていたという。

すると、プリスコは試合中に尿意を催す。我慢できなくなった21歳GKは、試合が中断した隙にゴール裏の広告看板の裏でストレッチを行うふりをしながら放尿。
誰も気が付かないまま完遂したと思ったものの、その行為は主審にバレてしまい、不適切な行為とみられて一発退場となった。

プリスコは「すぐに主審に謝罪した。皆にも本当に申し訳なく思っているよ。スタジアムにはたくさんの子どもたちがいたことに気づいたんだ」と事の大きさに気づき非を認めた。
その後、GK退場となったメッシーナはDFが代わりにGKを務めあげ、試合は0-0で終えている。自業自得の行為から前代未聞の珍事を起こしたプリスコだが、「でも本当に我慢できなかったんだ」と情状酌量も求めている。

3/26(月) 21:18配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-01651966-gekisaka-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ