アクセスランキング ブログパーツ

サカバナブログ

     

1: Egg ★ 2018/03/29(木) 06:22:18.74 ID:CAP_USER9
Jリーグ、DAZN、主管クラブが三位一体となって
 
J1リーグの開幕から、およそ1か月が経った。
 
サンフレッチェ広島や名古屋グランパスの快進撃があれば、ジョーを筆頭に新たに参戦を果たした外国籍選手や中村敬斗(ガンバ大阪)、菅原由勢(名古屋)ら高校3年生の逸材が出色のパフォーマンスを披露するなど、
フレッシュな話題に事欠かない。日本代表の国内組も胸に熱い想いを秘めてアピールに徹し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)やルヴァンカップを含め、ワールドカップ・イヤーらしい活況を見せている。

そんななか、注目を集めているのが斬新な試みだ。JリーグとオフィシャルブロードキャスティングパートナーのDAZNが共同で推進する企画「フライデーナイトJリーグ」。
これまで特例を除いて実現しなかった金曜日開催のゲームで、「金J」とも銘打たれている。
 
シーズン開幕を告げるゲームがまさにこの「金J」だった。2月23日、サガン鳥栖がヴィッセル神戸をホームに迎え、20時キックオフで行なわれたのだ。
Jリーグ、DAZN、主管クラブが三位一体となってさまざまな企画を立案し、プロモーションを仕掛け、ゲームのステータスを高める。かつてない大胆な取り組みで、多数のメディアが取り上げたこともあって大きな反響を呼んだ。

 三位一体で開催されたもうひとつのゲームは、第2節のセレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌の一戦。DAZN加入者に無償でたこ焼きが振る舞われる「たこパ」や、地元商店街での大々的なキャンペーン展開など、
これまでにない仕掛けがなされ、長居公園の周辺を巻き込む大盛り上がりを見せた。
 
はたして、金曜日開催のJリーグは日本サッカー界の新機軸となりうるのか。サッカーダイジェストは今回、第1節と第2節で金曜開催を運営したJ1・4クラブにいくつかの質問を投げかける、アンケート調査を敢行した。
そこは、新たなトライアルだ。ファンの反応と同様に、賛否両論、いろんな意見が寄せられた。以下で引用する回答はすべて匿名であることをご了承いただきたい。

>>2以降につづく

3/28(水) 20:08配信 サッカーダイジェストオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00037883-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 久太郎 ★ 2018/03/29(木) 15:26:45.22 ID:CAP_USER9
 中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は28日、ファビオ・カペッロ監督の退任を発表した。後任にはかつて市原(現千葉)でのプレー経験を持つコスミン・オラロイ氏が就く。

 カペッロ氏は昨年6月に江蘇蘇寧の監督に就任。800万ユーロ(約10億5000万円)の年俸で降格圏に沈んでいたチームを託されると、12位で何とか残留に導いていた。

 しかし今季も1勝2敗スタート。クラブは公式サイトで「彼のハードワークには感謝したい」とコメントし、契約解除を発表した。

 後任のオラロイ氏はルーマニア出身の48歳。かつて市原(現千葉)でプレーし、引退後はサウジアラビア代表の監督も務めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-01652055-gekisaka-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/03/29(木) 19:43:39.46 ID:CAP_USER9
バルセロナは、FWウスマン・デンベレを1年で手放すかもしれない。スペイン『ドン・バロン』が伝えた。

 昨年夏にボルシア・ドルトムントからデンベレを引き抜いたバルセロナは、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンを狙っている。これが実現した場合、20歳のデンベレを放出する可能性があるそうだ。

 バルセロナは昨年夏、FWネイマールを史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンに放出した。その後、デンベレを獲得すると、1月にMFフィリッペ・コウチーニョを獲得。ネイマールの移籍金が2億2200万ユーロ(約290億円)。デンベレは1億500万ユーロ(約136億円)+出来高、コウチーニョが1億2000万ユーロ(約156億円)+出来高と伝えられており、すでにネイマール放出分は使い切っている。

 そこでデンベレの放出が現実味を帯びてきている。20歳の若手であるデンベレは今後の成長に期待したいところだが、グリーズマンが加入すると今以上に出番が限られることは間違いない。そのため放出を真剣に考慮しているそうだ。

 デンベレに対しては、アーセナルが強い関心を示しており、6000万ポンド(約90億円)ほどのオファーを用意している模様。バルセロナが大金を投じた若き才能は、1年でスペインを去るのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00263130-footballc-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 数の子 ★ 2018/03/29(木) 13:04:57.48 ID:CAP_USER9
マインツに所属するFW武藤嘉紀は、今夏にプレミアリーグへの移籍を視野に入れているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

2015年夏にFC東京から加入した武藤は、マインツではこれまでリーグ戦62試合に出場し19ゴール8アシストを記録。今シーズンもこれまでリーグで7得点をマークし、チーム内得点ランキングの首位につけている。そんな武藤だが、どうやら契約が満了となる2019年まで待たず、今夏のプレミアリーグ移籍を目指しているようだ。

報道によれば、武藤は入れ違いでマインツからレスター・シティに渡った岡崎慎司と同様、以前からイングランドでプレーすることを夢見てきたという。そして、プレミアリーグのクラブ側も同選手に興味を示している模様。これまで複数の打診が届けられた上、ニューカッスル・ユナイテッドが視察したと具体的なクラブ名も伝えられている。

だが、移籍先はまだ決まっていないとのこと。それでも『キッカー』曰く、「日本人選手は次のステップに進むことを希望している」。なお、武藤のプレミアリーグ移籍が実現した場合、マインツが得られる移籍金は当時FC東京に支払った280万ユーロを大きく上回るとの見解が述べられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000021-goal-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/03/29(木) 13:31:27.39 ID:CAP_USER9
今遠征で最も評価を高めたのが、中島翔哉だろう

マリ戦、ウクライナ戦の2試合は1分1敗。
 
 勝敗は大事だが、ロシア・ワールドカップの最終選考ということを考えれば、選手の見極めこそが今回のベルギー遠征の最大の目的。結果が出ない状況に選手は心理的なダメージを受けているだろうが、ワールドカップの試合こそが大事ゆえ、現状を認識できたことをポジティブに捉えていけばいい。
 
 では、本来の目的であるロシアで戦える選手として評価を上げたのは誰だろうか。
 
 DF陣では槙野智章。ウクライナ戦でセットプレーからゴールを決めたように、その得点力の高さは魅力的。ワールドカップでは大きな武器になる。守備面も自分の間合いで守れるようになって余裕が出てきており、最終ラインもしっかり統率できていた。吉田麻也が復帰すれば、センターバックの守備は計算が立つだろう。
 
 植田直通も悪くなかった。ヘディングの強さは相変わらずであるし、ビルドアップでも長短織り交ぜたパスで貢献していた。Jリーグでたまに見せる軽い守備も今回は露見しなかった。戦えるという部分で極めて海外試合向きなので、ロシア・ワールドカップでも十分使える選手だと思う。
 
 そして、最も評価を高めたのが、中島翔哉だろう。
 
 ポルトガルでの活躍から勢いそのままにプレーし、結果を出したが、中島は単なるラッキーボーイではない。今回の活躍は、尋常ではない練習量と高い向上心という裏付けがあっての結果だ。
 
 中島は「練習の虫」である。
 
 カターレ富山時代は午前中にチーム練習を終えた後、午後はひとりやスタッフに手伝ってもらって長い時で7時間、普通でも5、6時間練習をしていた。フィジカルトレーニングを始め、シュート練習、ドリブルしている時のスピードと持久力向上、ターンや初速の早さを身に付ける練習をだいたい1種目30分から1時間程度こなす。選手にとって「休息も大事だけど」という話をすると中島は「夜休めるからいいし、そもそも身体が強いので練習で壊れることはないです」と涼しい顔をしていた。

つづく

29日(木) 11:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00037911-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ