サカバナブログ

     

1: 久太郎 ★ 2018/03/01(木) 02:02:12.44 ID:CAP_USER9
「プレミアリーグでもNBAのようにオールスターゲームを」。マンUルカクが提言


マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクは、プレミアリーグでもNBAのように「オールスターゲーム」を開催してはどうかと提言している。


 あるリーグでプレーする選手たちの中からファン投票などで選ばれた選手でチームを組んで対戦するという形のオールスターゲームは、アメリカンスポーツなどで一般的な文化だが、サッカー界では開催される例はそれほど多くはない。

 MLS(メジャーリーグサッカー)では2004年まで東西対抗の形で行われていたが、現在はオールスターチームが欧州などから招待したビッグクラブと対戦する形の試合で行われている。Jリーグでも、オールスターゲームという形では2007年を最後に開催されていない。

 だがルカクは、プレミアリーグで「南北対抗」のオールスターゲームを行うことを提言した。「ひとつのアイディアだが、NBAにはオールスターゲームというものがある。プレミアリーグでも開催してはどうだろうか? 北対南でね! そしてファンが投票するんだ」と26日にツイッターの公式アカウントで投稿している。

 もしプレミアリーグで開催されるとすれば、南はチェルシーやアーセナル、トッテナムなどのロンドン勢中心、北はマンチェスター勢やリバプールなどの選手を中心としたメンバー構成が想定される。ファンにとっては楽しみなアイディアかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00258302-footballc-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/02/28(水) 20:34:01.12 ID:CAP_USER9
国際舞台の経験豊富なチャン・ヒョンスが久保を称賛「もっと凄い選手になる」

 FC東京のMF久保建英は24日のJ1第1節浦和レッズ戦に途中出場し、プロ2年目のスタートを切った。小学3年生の時に名門バルセロナのカンテラ(下部組織)に入団。昨年には史上3番目の若さ(16歳5カ月22日)でJ1デビューを果たした逸材はさらなる飛躍を見据えるが、「世界のどこに行っても通用する」とチームメイトもそのスケールの大きさに太鼓判を押している。

 久保は浦和戦、後半27分に2トップの一角に入ると、安定したプレーでボールをつなぎ、スムーズに試合に入った。浦和の選手に厳しく体を寄せられ、キープしきれない場面はあったものの、後半アディショナルタイムにはMF東慶悟とのパス交換で左足シュートを放つなど、1-1の引き分けに終わった開幕戦で小さくない存在感を示した。

「良い選手です。まだ若いので、試合に出れば出るほど成長する。もっと凄い選手になりますよ」

 そう称賛したのは、今季FC東京のキャプテンに就任した韓国代表DFチャン・ヒョンスだ。2011年のU-20ワールドカップ、16年のリオ五輪に韓国代表の一員として出場し、代表通算45試合3得点と国際舞台での経験豊富な26歳の目から見ても、久保の実力はJ1の舞台でも引けを取らないという。

「背は小さい(173センチ)けど、テクニックがあって足元が上手いから、大きい選手とやっても負けない。そこが一番凄い。(周囲に)要求も出せるし、(自分に)自信を持っていますね」

 実際、オフ明けとなった27日の練習でも、2タッチ以内限定のミニゲームで「あーもう1回ほしい」「運んできて、運んできて」「後ろに下げなくていいよ、厳しくなるから」と10歳近く離れた先輩たちにも物怖じせずに声を出していた。

つづく

2018.02.28 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/92593

写真
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/02/28(水) 22:05:53.16 ID:CAP_USER9
ガンバ大阪のチームキャプテン、遠藤保仁。
クラブのYouTubeチャンネルで提案したある内容が話題だ。

こちらはシーズン開幕前に公開された「フェアプレーメッセージ」。
その後半、遠藤はパナソニックスタジアム吹田で惜しいシーンがあった際、「あ~」ではなく「ウー」という声を出すようサポーターに提案したのだ。

シュートが外れたり選手がミスをしたりした際、「あ~」というため息が漏れがちな日本人。
しかし、海外では言語の違いからか「ウー」という声が出るのが一般的であり、プレーしている立場からするとそちらの方が奮起しようという気持ちになるという。

遠藤はこの提言を2016年あたりからメディアなどで語っているが、改めてサポーターに伝えたのだ。

先週末に行われた名古屋グランパスとのJ1開幕戦でも、このVTRがスタジアムで流れていた(04:06から)。
サポーターとしても、遠藤という絶対的な存在に提案されることで意識も大きく変わってくるはず。スタジアム環境の向上を目指す上で、他のクラブにとってもいろいろと参考になりそうな提案である。

2018年2月28日 19時0分 Qoly
http://news.livedoor.com/article/detail/14367546/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=Nj6U5QidWG4



【スタジアム密着レポート】2018年2月24日 J1リーグ 第1節 名古屋グランパス
https://www.youtube.com/watch?time_continue=246&v=EgzcuZdkPNw

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: シャチ ★ 2018/03/01(木) 02:36:11.10 ID:CAP_USER9
 ◇国際親善大会アルガルベ杯 グループステージ 日本2―6オランダ(2018年2月28日)

 サッカーの女子日本代表なでしこジャパン(世界ランキング9位)は28日(日本時間3月1日)、
国際親善大会アルガルベ杯グループステージ初戦で欧州王者のオランダ(同7位)と対戦。
前半だけで5失点を喫するなど守備が崩壊し、2―6で完敗した。

 立ち上がりの前半4分、ロングボールから右サイドを突破され先制点を献上。同8分には左サイドを崩されて2点目を奪われた。
同31分、35分にも立て続けに失点。同38分にMF中島の得点で1点を返したが、前半終了間際の44分にもゴールを許して1―5で折り返した。

 なでしこジャパンは後半開始からFW横山ら3選手を一気に投入。しかしフィジカルで勝るオランダに主導権を握られ、後半7分に6失点目を喫した。

 同37分に途中出場のFW岩渕が意地のゴールを決めたものの、反撃はそれまで。グループステージ初戦は大敗発進となった。

 次戦は日本時間2日、世界20位のアイスランドと対戦する。

3/1(木) 2:30配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000000-spnannex-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/02/28(水) 12:21:42.90 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】今季はロシアW杯イヤーとあって、国内組の選手たちがどんなプレーで日本代表入りをアピールするのか。そこに注目しながらJ1リーグの開幕戦を見てきたよ。

 守備陣では24日に敵地でFC東京と対戦した浦和のDF槙野智章(30)が良いパフォーマンスを見せていたね。相手のブラジル人FWディエゴ・オリベイラ(27)と1対1の場面ではしっかりと抑え込んで仕事をさせなかったし、最後まで安定していた。得意の攻撃でもゴールを決め、持ち味を発揮できたと思う。

 日本に復帰した鹿島のDF内田篤人(29)は25日に敵地での清水戦に出場。これまで積み重ねた経験と読みでマッチアップする選手に対応し、右サイドを制圧した。すぐに代表復帰とはいかないけど、続けていけばバヒド・ハリルホジッチ監督(65)へのアピールになるんじゃないかな。

 攻撃陣では25日にアウェーで磐田と対戦した川崎のMF中村憲剛(37)は、改めてハリルジャパンに呼ぶべき選手だと思ったよ。リズムやタメがつくれ、ラストパスが出せる。2列目からの飛び出しもできるし、FKも蹴れる。どんな役割もこなせるから確実にチームの力になるでしょう。

 現在の日本代表の攻撃陣がドリブラーばかりで憲剛のようなタイプがいないのは、ハリルホジッチ監督が堅守速攻の戦術に合うタイプの選手しか招集しないから。だけど、しっかりと試合を組み立てられる選手が一人いることで、戦い方のバリエーションが増えるのは間違いないよね。

 さらに言えば、憲剛が代表に加われば、昨秋以降、構想外になっているレスターのFW岡崎慎司(31)のようなゴール前で合わせるタイプのストライカーも生きてくる。特に川崎の同僚FW小林悠(30)とは昨季チームをJ1王者に導いたように、コンビネーションは抜群。2人の連係はW杯でも確実に通用すると思うよ。

☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から1986年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。2000年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。2001年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。1987年に日本代表に選出。1993年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000008-tospoweb-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ