サカバナブログ

     

1: Egg ★ 2018/10/15(月) 13:24:29.73 ID:CAP_USER9
サッカードイツ代表がUEFAネーションズリーグのオランダ戦に完敗し、さらにW杯王者フランスとの試合が16日に迫る中で、チームを率いるヨアヒム・レーブ監督へのメディアからの風当たりが強まっている

 13日に敵地アムステルダムでのオランダ戦に臨んだドイツは、ビルヒル・ファン・ダイクのゴールで先制されて前半を終えると、終盤にもメンフィス・デパイとジョルジニオ・ヴィナルドゥムにゴールを許し、0-3の大敗を喫した。このスコアは対オランダ戦では過去最悪の結果。最後の10分間は守備が崩壊し、アディショナルタイムのデパイのシュートがバーに当たっていなければ0-4だった。

 5月にドイツサッカー連盟との契約を2022年まで延長したばかりのレーブ監督は、試合後の会見で出た辞任の意向を問う質問に対して、「現時点ではない」と答えているが、結果が上向かない限り、立場はますます厳しくなっていく。

 今のドイツ代表は、「まわりから見ても、以前のような自信をチームが失っているのが感じられる」と監督が話す状態にある。W杯ではグループ最下位で敗退し、ネーションズリーグでもリーグA・グループ1の最下位に沈んでいる。グループ残留のためには、16日のフランス戦、そして11月19日のオランダとのホームゲームは連勝が必須となる。またフランス戦に敗れれば、過去最悪の年間6敗目となる。

 DFBのラインハルト・グリンデル会長も「W杯の後にチームが苦境に陥るのは分かっていた。大切なのはピッチの内外を問わずチームとして団結すること。こんな結果は望んでいなかったが、前に目を向けて16日のフランス戦、そして11月のオランダとの再戦に集中しなくてはならない」と話している。

 現時点では、5週間後のオランダ戦までレーブ監督の首が飛ぶことはないとみられるが、国内の大手メディアは辛らつだ。

 ドイツ最大のスポーツ日刊紙ビルト(Bild)は、「どん底のレーブ。会見では去就に関する質問にいら立ち」と報道。サッカー雑誌のキッカー(Kicker)は、レーブ監督が再出発を誓いながら何も変わっていないことを指摘し、「新たなスタート? レーブのチームはW杯のストーリーを今もなぞっている」「0-3の大敗で、今やドイツは残留争い。たまたま負けたわけではなく、ミスを繰り返した末の当然の敗戦だった」「レーブの今後に関する疑問が、またしても浮上している」と述べた。

 ほかの大手新聞も手厳しい。ミュンヘンに本社を置く南ドイツ新聞は、オランダ戦を「恐ろしい夜」と表現し、レーブ監督の契約に、満了以前に契約を打ち切る権利を連盟側、監督側の双方に与える条項が盛り込まれていることを報じた。

 また国内大手のウェルト(Die Welt)紙は、「オランダに0-3で敗戦。今のドイツは欧州の中堅国に過ぎない」とサッカー強国の誇りを打ち砕く真実を指摘しつつ、「レーブはW杯覇者であるという基礎から離れなくてはならない」と多くのファンの声を代弁した

10/15(月) 13:13配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000017-jij_afp-socc

写真
no title

【サッカー】<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる...
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539466236/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/10/15(月) 12:47:53.27 ID:CAP_USER9
「楽」「アンドレス イニエスタ」と漢字&カタカナで記したサインが話題に

サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがインスタグラムを更新した。色紙に日本語で記したレアなサインを公開し、ファンに「俺より文字上手い」「字が可愛すぎます」「このサイン欲しい」などとコメントが殺到。15万に迫る「いいね!」がつくなど、大反響を呼んでいる。

【画像】「字が可愛すぎ」「俺より上手い」と15万大反響! イニエスタが公開した達筆な“日本語サイン”の実際の1枚
no title

 イニエスタはボールではなく、ペンを持たせても才能を発揮できるようだ。14日にインスタグラムを更新。掲載したのは1枚の画像だった。

 映されているのは1枚の色紙。その右寄りに大きく記されているのは「楽」という1文字だった。一画一画、大きく丁寧に記された文字。その左側には「アンドレス イニエスタ」と縦書きで、こちらも丁寧に書かれている。“達筆”と言ってもいいだろう。右下にはイニエスタの本来のサインが記されている。

 ファンからは「日本語で書いてくれて感謝感激」「お上手です」「俺より文字上手い」「字が可愛すぎます」「このサイン欲しい」「かっこいいサインとのギャップ」と好評を博していた。

 スペイン代表としてW杯優勝という偉大なキャリアを誇りながらJリーグにやってきて、サッカーとともに未知の文化を「楽」しみ、理解しようとする姿勢が背番号8を支えているのだろう。



10/15(月) 9:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00040253-theanswer-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/10/14(日) 20:13:03.51 ID:CAP_USER9
写真
no title

サッカーを盛り上げるうえで重要なのがユニホームだ。そのデザインは、シンプルなものもあれば、国や街、はたまた宗教を象徴する意味の深いものまでさまざまだが、いずれにしてもクラブをアピールするうえで欠かせないものである。

 そんなユニホームは、時に衝撃的なデザインで彩られたものが誕生する。10月9日にスペイン4部のサモラCFが発表したユニホームは、まさしくその部類に入るものだろう。

 パッと眺めれば、ちょっと不思議な2本線が入ったユニホームという感じなのだが、近くで目を凝らすと、心臓を中心に、身体中に張りめぐらされている静脈と動脈とそれから骨格が描かれている人体模型のようなちょっと不気味なデザインだ。よく言えば、アーティスティックだとも言えるか(!?)。

 心臓の中にはチームエンブレムが刻まれており、クラブのモットーでもある血、汗、涙がコンセプトになっており、背中には「血。私たちの身体を通して生命体を活かす赤みがかったこの液体は、私たちのエネルギーや感情を育むためにハートから生まれる」と綴られている(正直なところ意味は不明だ……)。

 この斬新すぎるユニホームを紹介した英大衆紙『The Sun』は、「血まみれ地獄だ…」として次のような寸評を綴っている。

「これはおそらく史上最低の部類に入るユニホームだろう。どうして身体の循環器系全てをユニホームに刻まなければいけないのか? その意図はもはや不明。これまでも我々はいくつかの酷いユニホームを紹介してきたが、これはそのなかでも上位に食い込むデザインだ」

 なお、「これを本当に試合で着るのか?」と疑いたくなるようなサモラCFのサードキットは、クラブの公式サイトにて50ユーロ(約6500円)で購入できるようだ。

10/14(日) 18:15配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00048672-sdigestw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/10/14(日) 08:41:46.55 ID:CAP_USER9
森保ジャパン第2戦、パナマ戦に3-0で勝利した日本代表。舞台を埼玉に移し、16日に控えたウルグアイ代表戦に向けて調整を進めている。

【写真】森保ジャパンのメンバーが全員集合! 焼肉店での大集合写真をチェック!
no title


 今回はロシア・ワールドカップを戦った選手を招集し、さらに複数の若手が加わったメンバー構成となっている。

 パナマ戦を終えた面々は埼玉に移動した14日、どうやらメンバー全員で焼肉へ行ったようだ。長友佑都が自身のSNSで公開している。

「みんなで焼肉。世代間の融合がテーマ。僕の前の席は19歳富安と22歳北川。32歳のおっさんは若い世代に話しを合わせようと必死になるが、最終的に熱苦しい話しを語り聞かせる。笑 はいはいと言ってくれるのが心地良くて。。皆さんこんな上司、先輩にはならないように。笑」(原文ママ)

 この投稿に、サポーターからは幅広い反応が寄せられている。「“熱い話”良いと思います。日本代表熱く行きましょう!」「もっともっと熱くして下さい。代表の厳しさ、教えられる全てを伝えて下さい。日本の為にも必要です」といった“熱さ”を歓迎する声から、「北川くん素直ないい子なんで!よろしくお願いします!」「明治大学でもFC東京でも後輩の室屋くんをイジってください」といったリクエストまで。

 ほかにも「先輩が率先していい雰囲気を作ってくれてるんだろうなって試合を観ていても感じます」「お互いを認めるって事が出来るチームにみえます」といったコメントが寄せられ、チームの“風通しの良さ”を感じているサポーターも多いようだ。

 そして、代表メンバーも反応。槙野智章は「素晴らしい話でした!」とまるで“後輩の鑑”のようなコメントを残し、長友は「槙野さんさすがです!」と返す、漫才のようなやり取りを披露。

 新キャプテンに指名された吉田麻也は、「(「富」安ではなく)冨安な。そういう先輩は嫌だー。」と後輩の名前の誤字を指摘しつつ、先輩の振る舞いにダメ出し。これには長友も「お前も語ってたやん。笑 反省会やな。」と返信している。

 16日に対戦するウルグアイだが、先日の試合では韓国に敗れた。しかし、ロシア・ワールドカップでベスト8まで進出した実力は本物だ。森保ジャパンが進める世代融合をテーマにした2試合目、どのような戦いを見せてくれるのだろうか。

10/14(日) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00010000-sdigestw-socc

写真 no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★ 2018/10/14(日) 18:28:45.94 ID:CAP_USER9
元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ(36)が13日、現役引退することを自身のSNSで発表した。イタリア3部エンテッラの練習に8日から参加したばかりだったと、14日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

加入してからわずか5日での電撃引退となった。カッサーノは「本当に全てが終わったことを決断する日がやってきた。もはやトレーニングを続けていくだけのメンタルを持っていないことに気づいた」とサッカー選手への意欲がなくなったことを明かした。さらに「サッカーでは情熱と才能が必要だが、特に強い意志が必要になってくる。けれど俺は今の所、他に優先したいものがある」と現役引退への理由も記した。

ローマでの活躍が認められRマドリードへ移籍するなど輝かしい経歴を持つが、カペッロ監督との関係悪化や主審への侮辱で退場など問題を引き起こし、多くのクラブを転々とした。だが「サッカーは俺にこれまで素晴らしい人たちにめぐりあわせてくれたし、俺を貧困から救ってくれ、いい家庭を恵んでくれ、十分に楽しませてくれた。今でも試合を見ると、引きずり込まれる」と自身のサッカー人生を振り返った。

また、やんちゃな性格から“悪童”とまで言われたことにも触れ「もし違った性格だったら、もっといいプレーができただろうし、より多くのものを勝ち取っていただろう。でも俺は信じられないくらい感動的な人生を送ったし、今では唯一大事に思っている家族や友人たちが私のそばにいる。悔恨の念は全くない」とコメント。現在はクリストファーとリオネル、2人の息子に恵まれ、家族にはメッシだけが父親より優れた選手だと話していたという。

10/14(日) 17:04配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00361778-nksports-socc

写真
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ