サカバナブログ

     

1: Egg ★ 2018/08/20(月) 12:51:55.86 ID:CAP_USER9
サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、J1第23節名古屋グランパス戦で先発フル出場を果たしたが、またも不発に終わった。移籍後7試合に出場したが、依然として初ゴールはお預けとなっている。母国のスペイン紙「マルカ」も、トーレスの厳しい状況について言及している。

【動画】ゴール前で最大の決定機も… トーレス、痛恨のシュートミスに苦渋の表情
https://www.football-zone.net/archives/129687/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=129687_6

 鳥栖は19日、残留争いを繰り広げる名古屋とアウェーで直接対決。今後の行方を左右する大一番となったが、0-3と完敗した。順位も逆転され、16位とプレーオフ圏内に沈み、残留に黄色信号が灯っている。

 記事では、「イニエスタはヒラツカでも輝いた一方、トーレスは打ちのめされ、下をうつむき続けている」と見出しを打って特集。同日にヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、アウェーの湘南ベルマーレ戦(2-0)で正確無比なフィードから先制点を演出する活躍を披露。加入後2得点を記録しており、順風満帆な日々を過ごしている一方、トーレスは苦戦を強いられていることを説明している。

 移籍後7試合に出場するもいまだノーゴール。ロングフィードを競り合う“ターゲットマン”の役割を担い、同僚との連携も高まってきてはいるが、「トーレスは個人としてもチームとしても灰色に染まりつつある」と、深刻な得点力不足に陥っており、降格圏まであと一歩の危機的状況を迎えていると警鐘を鳴らしている。

 また、22日に行われる天皇杯4回戦では鳥栖と神戸が顔を合わせることになり、トーレスとイニエスタの直接対決が実現する可能性も指摘。現時点では明暗の分かれている両者だが、スペイン紙も今後の動向に熱視線を送り続けている。

8/20(月) 10:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180820-00129687-soccermzw-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 豆次郎 ★ 2018/08/20(月) 07:11:16.43 ID:CAP_USER9
8/20(月) 6:57配信
香川真司は新監督の構想外か…ドルトムントの開幕戦遠征メンバーから外れる

ボルシア・ドルトムントは20日、DFBポカール1回戦でグロイター・フュルトと対戦する。しかし、日本代表MF香川真司はこの遠征に帯同しなかったようだ。地元紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えている。


20日の国内カップ戦で、2018-19シーズンをスタートさせるドルトムント。今季からルシアン・ファーブル体制となり、2012年以来のブンデスリーガ制覇を目指して長いシーズンを戦うことになる。

しかし、重要なシーズン開幕戦で、香川がプレーすることはないようだ。『ルール・ナーハリヒテン』は「ファーブルは最初の厳しい決断を下した」とし、29歳MFが遠征メンバーから外れたことを伝えている。

ユリアン・ヴァイグルやヤコブ・ブルーン・ラーセンについては負傷の影響で外れたようだが、ヌリ・シャヒン、ダン=アクセル・ザガドゥ、そして香川については理由は明らかとなっていない。なお、負傷明けのラファエル・ゲレイロは帯同するようだ。

香川が遠征から外れた理由は明らかとなっていないが、コンディションに問題がない状態で外れたとなれば構想外の可能性もある。トルコのベジクタシュから熱心なオファーが届いているという日本代表MFは、ドルトムントを離れる可能性があるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000040-goal-socc
no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: しじみ ★ 2018/08/19(日) 18:09:19.50 ID:CAP_USER9
J1札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(60)が外国籍監督としてJ1歴代最多勝利となる174勝目をマークした。FC東京に前半2点を先制されたが、後半に一挙3得点で叩き、4試合ぶりの白星を飾った。

 06年から11年まで広島、12年から17年途中まで浦和で指揮を執り、今季から札幌の監督に就任。新天地で今季9勝目を挙げ、V川崎、名古屋、柏、神戸を神戸を率いたネルシーニョ氏(68)が持つ最多記録を更新した。

 広島時代にコーチを務めた現日本代表の森保一監督(49)の恩師でもある還暦指揮官は「記録よりも今日の勝利の方がうれしい」とホームで約3カ月ぶりの勝利の味をかみしめていた。

no title

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/08/19/kiji/20180819s00002179236000c.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 動物園φ ★ 2018/08/20(月) 02:02:33.06 ID:CAP_USER9
2018年08月20日(Mon)1時57分配信

【ブライトン 3-2 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第2節】

 現地時間19日に行われたプレミアリーグ第2節でマンチェスター・ユナイテッドはブライトンとアウェイで対戦し、2-3で敗れた。

 開幕戦でレスターに勝利したユナイテッドだが、第2節はまさかの展開になる。

 25分、ブライトンは左サイドを突破するとマーチのグラウンダーのクロスにマリーが入る。つま先で軽く浮かせてゴール右に流し込み、ユナイテッドからリードを奪った。その2分後にはCKからゴール前で混戦になり、ダフィが追加点。2-0となる。

 ユナイテッドは34分、こちらもCKからチャンスをつくり、ショーがシュートを狙うと、DFに当たったボールをゴール前のルカクがヘディングで詰めて1点を返す。

 しかし、この得点のあともユナイテッドは安定感を欠き、最悪の形で前半を終えることに。42分、バイリーがペナルティエリア内でファウルをしてPKを献上。これを決められて1-3で折り返した。

 この展開でモウリーニョ監督はもちろんハーフタイムで2枚替え。マタとアンドレアス・ペレイラが下がってリンガードとラッシュフォードが入る。これでも流れを引き寄せきれず、60分には最後の交代枠でマルシャルを下げてフェライニを投入した。

 ボールを持って押し込むユナイテッドだが、ブライトンの気迫のこもった守備を崩せない。75分にはポグバが良いコースにミドルシュートを放つも、GKの好守に阻まれた。

 後半アディショナルタイム、ユナイテッドはフェライニが獲得したPKをポグバが決めて1点を返すが、反撃はここまで。ユナイテッドは2-3で今季初黒星となり、次節トッテナム戦を前に不安の残るゲームとなっている。

【得点者】
25分 1-0 マリー(ブライトン)
27分 2-0 ダフィ(ブライトン)
34分 2-1 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
44分 3-1 グロス(ブライトン)
90+5分 3-2 ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

https://www.footballchannel.jp/2018/08/20/post286041/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 動物園φ ★ 2018/08/19(日) 19:55:33.66 ID:CAP_USER9
8/19(日) 19:53配信

日本vsベトナムの一戦は白熱した展開に [写真]=Getty Images

 第18回アジア競技大会・グループD第3節が19日に行われ、U-21日本代表とU-23ベトナム代表が対戦し、日本は0-1で敗北した。

 ボールを支配しかけた日本だったが、思わぬ形で失点してしまった。3分、GKからボールを受けようとディフェンスラインまで下がってきた神谷優太がトラップミス。自陣ペナルティエリアすぐ外でボールを奪われると、ガラ空きのゴールに流し込まれた。

 素早い縦の攻撃を仕掛けてゴールに迫るベトナムとは対照的に、前半の失点こそなかったものの、日本はなかなかチャンスを作れず。時間が経つにつれて徐々にボールを支配し始め、前田大然の俊足を生かした攻撃を披露するも、日本は前半のうちに追いつくことはできなかった。

 70分には遠藤渓太が惜しいシュートを放ち、80分にはスルーパスに抜け出した前田がオフサイドの判定を受けるもいい動き出しを見せ、徐々にゴールの可能性が感じられた。さらに90分には、スルーパスに抜け出した上田綺世がGKをかわしシュートを放ったが、同点弾とはならず。

 最後までゴールを奪えなかった日本は、グループD2位で決勝トーナメント進出。1回戦は24日にグループEの1位と対戦する。

【スコア】
日本代表 0-1 ベトナム代表

【得点者】
0-1 3分 クゥワン・ハイ(ベトナム)

【スターティングメンバー】
オビ・パウエルオビンナ:杉岡大暉、原輝綺、立田悠悟:初瀬亮、三笘薫(46分 岩崎悠人)、三好康児、遠藤渓太、渡辺皓太、神谷優太:前田大然(80分 上田綺世)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815542-soccerk-socc
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加







↑このページのトップヘ